■ご連絡(2019.9.8)

【“Kindle”本のご案内】

・“Kindle”本の売れ筋ランキング(カテゴリ医学・薬学)で、“1位”を獲得しました。
・“Kindle”本「第2章-1」まで、無料で“試し読み”可能です。
・“Kindle”本(“Amazon”公式サイトで販売中)は、下記ページからご確認いただけます。

<“Kindle”本の詳細は>→コチラ

【「“無料プレゼント“(当サイト“初回訪問”限定)」のご案内】

・“今なら”、「“包茎手術”負傷者サポートプログラム」の「ダイジェスト版」を“無料プレゼント”中です。
・「ダイジェスト版」は、プログラム全体を“要約”したもので、プログラムの一部を“お試し”(実体験)いただけます。
・“無料プレゼント”ご希望の場合、普段お使いのメールアドレス(「Gmail」推奨)を入力し、下記フォームの送信をお願いします。

<“無料プレゼント”申込フォーム>→コチラ

【電話のお問い合わせについて】

・日常業務や外出中などで、電話をお取りできないことがあります。
・電話がつながらない場合、下記の「問い合わせフォーム」からのご連絡に、ご協力お願いします。

<問い合わせフォーム>→コチラ

この手紙は、
包茎手術の体験者“本人”が
書いたものです。

術後、誰にも言えず、
一人で苦しんでいる
“あなた”に向けたメッセージです。

“本気”で、
人生の“希望”と、元の“ペニス”の状態を
取り戻していきたい場合“のみ”、
この先の手紙をお読みください。
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
感度低下、機能障害、後遺症を“最小限”に止めながら、
“最大限”、ペニスを元の状態に改善していくための
“オンラインプログラム”をお渡しします。



1日30分、プログラムを実践してください。

4週間後、あなたは包茎手術による
後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
“最大限”、ペニスが元の状態に改善しているはずです。



万が一、プログラムによる変化を全く実感できなかった場合、
良い変化が表れるように、「アドバイス保証」で、
“無償対応”させていただきます。


メールお問い合わせ 電話お問い合わせ


問い合わせ内容やプライバシーは、
厳重に守られています。
当サイトに関する質問などありましたら、
お気軽にご連絡ください。

受付担当
前川(マエカワ)

自著の“Kindle”本は
売れ筋ランキング
(カテゴリ医学・薬学)で
“1位”を獲得しました。


この先の手紙を読み進める前に
私からあなたへ
動画メッセージがあります。


包茎手術とは何か?



ウィキペディア(日本語版)で、「包茎」の意味を調べてみると、
次のように書かれていました。


“包茎手術”とは主に、「外科的な手法で包皮を切除し、
弛緩時でも、亀頭が露出している状態にすること」です。


ここで一つ、あなたに試してほしいことがあります。

ペニスが弛緩している状態で、片手で陰茎を軽く握ります。


この時、少しでも、ペニスに握られた感覚がある場合、
あなたは術後の感度低下、機能障害、後遺症を改善できる可能性があります。


その理由は、あなたのペニスにはまだ、
“感覚神経”が残っていることを意味するからです。


なお、手術による精神的なダメージや、その日の体調などにより、
ペニスの感覚が低下している場合もあります。

もし、自分ではよくわからない場合でも、
この手紙で、“感度アップ”に必要なポイントをお伝えしますので、
ご安心ください。



包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態は、
私たちの感情や思考と関係しています。

そのため、感情と思考のバランスを整えていくことで、
自然に少しずつ、プラスの状態に変化していきます。



感情を意味する「英単語(emotion)」は、
「e(out)+motion」が組み合わさっています。

「e(out)→外側へ」+「motion(動き、動作)」


感情は、「外側へ動くこと」が自然であり、普通のことです。


現時点で、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態を自覚しているのは、
「感情が外側に動いている」ことの証拠です。

あとは、感情と思考のバランスを調整していくだけで、
自然に、プラスの状態に変化させていくことができます。


【あなたに確認してほしいこと】


上記2つの確認ができた場合、この手紙でご案内するプログラムで、
次の変化を実感できる可能性が高くなります。


2019年、“本気”でこのような変化を手に入れたい。

この先の手紙は、そんな“あなた”に向けたメッセージです。

なぜ、あなたに
“包茎手術”
負傷者サポートプログラムが
必要なのでしょうか?



「“包茎手術”負傷者サポートプログラム(以下、「SIFS」)と表記」は、
4週間、1日30分、自宅で好きな時に実践し、
次の2つの目的達成を目指していくプログラムです。



「“包茎手術”負傷者サポートプログラム
(“Support” for the “Injured” of “Foreskin” “Surgery”)」の4文字を選び、
「SIFS」と名付けました。



「SIFS」参加から4週間後、次のように、
あなたの人生はより良く変化していることでしょう。

【「SIFS」参加の利点】


「SIFS」に参加することで、あなたは、
人生の希望や、元のペニスの状態を取り戻せる可能性があります。

さらに、手術を受けた体験を無駄に終わらせることなく、
自分の“成長”に変えていくこともできます。


「プログラム参加前は、手術を受けてしまったこを死ぬほど後悔していたが、
参加後は、手術を受けたことで、より豊かな人生を歩めるようになった。」

このようなパラダイムシフト(認識、思考、価値感の劇的な変化)が、
あなたの人生に、起こっているかもしれません。


では、逆に「SIFS」の参加を見送った場合、
あなたにとって、どのような“損失”が起こるのでしょうか。

【「SIFS」不参加による損失】


「SIFS」参加を見送った場合、あなたの人生は今と何一つ変わっていなく、
この先もずっと、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態を抱えたまま、
生きていくことなるかもしれません。


また、感度低下、機能障害、後遺症が悪化してしまい、
その時点では、改善の可能性が“0”に近づいている可能性もあります。


さらに悪い状況では、次のような苦しみも、起こってくる場合があります。


「プログラム参加の利点と、不参加の損失を理解いただいた上で、
この先の手紙も、“真剣”に読み進めてほしい。
そして最終的に、あなたにとって“ベスト”な選択肢を選んでほしい。」

そのような私の強い想いから、少し厳しい文章になっていることを
ご理解いただけたら嬉しいです。


ここからしばらくの間、長年、自分一人で抱え続け、
私が今まで誰にも言えなかった“包茎コンプレックス”と、
「SIFS」の実践で起きた“奇跡”の物語を告白します。

27年間
“包茎コンプレックス”を隠し
生きてきました



手術前、私は“仮性包茎”でした。

「仮性包茎」とは、弛緩時に亀頭が包皮で覆われており、
特に問題なく、包皮をむき、亀頭を露出させられる状態です。



私は自分が育った環境や、周囲の情報から、いつの間にか、
次のように思い込んでいました。


確か、私が10代の思春期だった頃、
父親から、「ちんちんの皮むけた?」と、聞かれた記憶があります。

私は仮性包茎だったので、当然ながら、包皮が被っていました。


父親には悪気など全くなく、むしろ息子のことを気にかけ、
さりげなく確認してくれたのかもしれません。

でも、私はこの時、「皮が被っているのは、普通じゃないのかな?」と、
勝手に思い込んでしまった覚えがあります。


この頃から、自分でも気づかないうちに、
私は“包茎コンプレックス”を抱えるようになりました。


一般的に、コンプレックスという言葉は、
「劣等感」、「自分の嫌いな部分」などと理解されることが多いようです。


コンプレックスには、次のような性質があります。

・普段は個人の“無意識”の中にあり、本人も忘れていることもあるが、
何らかの外からの刺激に対し、活性化(表面化)する。



普段は自分が仮性包茎のことを気にしていなくても、
次のような場面で、コンプレックスが表れていました。

【一例】

その時は、「部屋の灯りを暗くする」、「見栄ムキする」、
「すぐにフェイスタオルで隠す」など、
“必死”になって、自分の“包茎コンプレックス”を隠し続けていたのです。

そして気がついた頃には、27年の歳月が経過していました。

30代最後の歳
リスクを知らないまま
包茎手術を受けました



30代最後の春、“無意識レベル”で抱え続けていた
“包茎コンプレックス”を解消するため、
ある美容外科クリニックで、包茎手術を受ける決意をしました。


手術前、私は包茎手術や、その後の人生について、
次のように信じていました。


手術前、まずはネットで、いくつかのクリニックを調べた後、
総合的に良さそうだったクリニックに、電話をしてみました。

その時、下記のことを確認しています。


相手からは、次のような回答を受けました。


そのサイトの「QandA」でも、
「感度が鈍くなることはない」という回答を確認しています。

そのため、私は「リスク、料金、アフターフォローも、特に問題ないだろう」
と思い、この電話で、無料カウンセリング(当日の手術可)を予約しました。

カウンセリング当日
当初の予算10万円以内が
23万円になりました



手術前、クリニック公式サイトを確認し、
「美容形成治療の料金は掲載されていませんでしたが、
合計10万円以内には収まるだろう」と思っていました。

しかし、実際に執刀医から見せられた料金表によると、
最低でも、治療費は10万円を超える内容になっていたのです。



料金説明の時、執刀医が次のような話をしていた記憶があります。

「包茎治療(切除)だけだと、キレイな仕上がりにならず、美容形成治療が必要だ。」

「一部に癒着(ゆちゃく)があるため、できれば、一緒に治療してしまった方が良い。」


私は執刀医から予算を聞かれた時、「10万円以内で考えている」と伝えました。

すると、「美容形成治療の一部メニューを半額にし、合計23万円でできる」と
告げられます。


念のため、執刀医に手術のリスクを確認すると、「リスクなし」という回答でした。


最終的には、下記のような理由により、オプションの一部を割引してもらい、
手術を受けて、クリニックを後にしました。


この日を境に、“地獄”のような人生が待ち構えていることを
私には、まだ知る余地もありませんでした。

わずか20分の手術で
人生が悪夢に変わりました



手術後、さっそく次のような出来事が起こりました。


術後1週間、お風呂場で患部が塗れないように、
腰にサランラップを巻き、シャワーを浴びました。

「包帯を外す」→「サランラップを巻く」→「包帯をつける」といった
一連の作業は、思っていた以上に時間がかかり、
ストレスになっていた気がします。


術後、亀頭と陰茎は、包帯で圧迫されていたせいか、
部分的に腫れ上がり、赤黒く変色していました。


ある朝、術後の出血で、包帯が真っ赤になっていたことがあり、
不安で、血の気が引いたこともあります。



歩いたり、自転車に乗っている時、亀頭が過敏になり、
しばらく、ヒリヒリして落ち着きませんでした。


手術が終わった日の夜、変わり果てた自分のペニスを見て、
「本当にこれで良かったのだろうか」と、
“疑問”と“後悔”の気持ちが生まれ始めます。



また、少しずつ、冷静な思考が戻ってきたためか、
次のようなことが気になってきました。


性感帯への損傷について、特に不安になった私は、
術後、執刀医のいるクリニックと、
アフターフォローの電話窓口の2箇所に、
電話で問い合わせてみました。


どちらの電話でも、「感度は低下しない」と回答を受けましたが、
私の心のどこかで、何か引っかかることが残っています。



それから私は、包茎手術や、仮性包茎について、
ネットで調べたり、書籍を読んでみることにしました。

そこで始めて、私は包茎手術の“リスク”や、
仮性包茎の“真実”を知ることになるのです。

仮性包茎は
正常な状態であることを知り
後悔、絶望感、うつ状態で
目の前が真っ暗になりました



手術前、TVCM、雑誌広告、ネット情報などから、
いつの間にか、「仮性包茎=正常な状態ではない」と、
私は思い込んでいました。

そんな中、ウィキペディア(インターネット百科事典)で、
次のように、「仮性包茎」が定義されていたことを知り、
全身に“衝撃”が走ります。


陰茎の亀頭が包皮によって覆われているが、
包皮を問題なく翻転(ほんてん)させ、亀頭を露出させられる状態。
仮性包茎は病気ではなく、正常な状態であり、手術をする必要性はない。


手術前、私はやっと、“包茎コンプレックス”から解放され、
正常な状態のペニス(本来あるべき姿)と、自分への自信を
取り戻すことができると、強く確信していました。


術後に初めて、「仮性包茎は、正常な状態である」ことを
私は知ることになります。


27年間、私が一人で抱え続けていた“包茎コンプレックス”は、
自分で勝手に作り上げていた“虚像”に過ぎなかったのです。



私の場合、この“真実”に気づくことで、
“包茎コンプレックス”から解放されていきました。


“包茎コンプレックス”解消のため、
私にとって本当に必要だったのは、手術ではなく、
たった“一つ”の真実に気づくだけで良かったのです。



英語で、包茎を意味する「phimosis」は、
医学的に、日本で使われている「真性包茎」を指します。

海外では一般的に、「仮性包茎の状態は普通である」と、
認識されていることもわかりました。



包茎手術や、仮性包茎についてのリサーチを続けていく中で、
私はさらに“ショッキング”な事実を知ることになります。

【包皮の役割】

・陰茎包皮は、知覚神経終末と、性感組織が豊富に存在する
内粘膜と外皮から構成されている。

ブリティッシュコロンビア大学、医科大学院での研究結果

・亀頭を保湿したり、神経の受容体の存在により、
性的快感を増大させる可能性がある。

WHO(世界保健機関)

・女性器との摩擦を調整する、性交をスムーズにする、程よい刺激を生むなど、
余分な包皮には、このようなスライド機能がある。


【包茎手術のリスク(一例)】


下記は、泌尿器科専門医 Dr.Kobaが述べていた
包茎手術(仮性)のリスクです。

・術後に痛い、腫れる。
・傷跡が目立つ。
・感度が落ちる、遅漏になる。
・皮を切りすぎて、勃起するとつっぱる。
・お値段が高い。
・思ったような仕上がりじゃない。


感度低下は、包茎手術による
下記のような性感帯の損傷(除去)で生じると考えられます。


TVや雑誌広告、ネット情報、育った環境などから、
正常であるはずの仮性包茎に“コンプレックス”を抱き、
“必死”で隠し続けていた自分が、とても惨めに思えました。



「包皮の役割や、包茎手術のリスクなどについて、
手術前に気づくことができていたら・・・」と思うほど、
精神面へのダメージも大きくなっていきます。


「このままでは、私は本当にダメになるかもしれない」と感じ始め、
私は人生の希望を失いかけていました。

誰にも知られたくないので
自分一人の力で
何とか乗り切ろうとしました



長年、私は“包茎コンプレックス”を抱え続けていたこともあり、
できれば、誰にもバレずに、立ち直っていきたいと考えました。


そこで、まずは次のようなことから始めてみました。


しかし、なかなか自分の思うようにいかず、
どうしても、手術を受けたことの後悔、絶望感が強くなっていきます。



結局、リラックスどころではなくなり、
「食事が喉を通らない」、「寝付きが悪い」、「気分が落ち込む」などの
症状も現れ始めました。


その後、私は精神的な限界を感じ、恥を承知で、
自分が一番信頼できる人に、勇気を出して相談することを覚悟します。


彼にメールで、包茎手術を受け、精神的に辛い状況にあることを伝えました。


すると驚いたことに、彼はその日のうちに、私の元に駆けつけてくれたのです。


実際、彼を目の前してからも、なかなか包茎手術を受けたことを
私は切り出すことができませんでした。


彼はただじっと、私が話し始めるタイミングを優しく見守ってくれています。

そんな彼の姿を見て安心し、少しずつ、自分が包茎手術を受けたこと、
その後、人生の希望を失いつつあることを話し始めました。



彼は私の気持ちを理解し、寄り添ってくれます。

次第に、私は目頭が熱くなり、涙が溢れてくるのを感じます。


まるで、せき止められていたダムの水が、
一気に開放されたかのように、止めどなく、涙が流れてきました。

「男は泣くものではない」、「男が泣くなんてかっこ悪い」と
信じ込んでいた私が、まさか、誰かの前で“男泣き”するとは、
“予想外”の展開です。


この時、私はずっと一人で抱え続けていた精神的な苦しみ(重荷)から、
少しずつ、“解放”されていくのを感じました。

同時に、私は自分の感情を解放し、誰かに寄り添ってもらうことで起こる
“癒やし”の力を実感することができたのです。


その後、次のような想いが、日に日に、私の中で強くなっていきます。

・自分一人で、術後の苦しみを抱え続けている人がいるなら、
そのような“癒やし”を体験いただけるように、
サポートしていきたい。



そこで「SIFS」では、私にあなたの感情を解放するための
“エクササイズ”も、取り入れることにしました。

「エクササイズ」とは、「SIFS」で学んだことを
実践していくための“練習”、“訓練”の場です。


この経験で、精神的に軽くなり、人生の希望を取り戻し始めた私は、
できれば、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から、
もっと“スッキリ”解放されていきたいと考えるようになりました。



心の深い部分では、手術で得た経験を自分の成長や、
より豊かな人生に変えていくことを望んでいたのかもしれません。

自宅で一人になると
包茎手術による
フラッシュバックが
再び蘇ってきました



この日、彼に感情を解放することで、私の気持ちは、だいぶ落ち着きました。

しかし、帰宅後しばらくすると、再び、
私は精神的に、不安定な状態になっていくのを感じます。


そんな中、「どうすれば、精神的に安定した状態を維持しながら、
包茎手術による感度低下、機能障害、後遺症を改善していけるのか」、
連日、考え続けるようになりました。



1日の大半、私は何か良い解決策を見つけるために、
思考を巡らせていきます。

それでも、なかなか思うように答えが出てこなく、
次第に私は、疲労がピークに達していく中で、
思考がまとまらなくなっていきました。


「やはり私は、包茎手術による
後悔、絶望感、うつ状態を抱えたまま、
この先もずっと、生きていくことになるのだろうか。」


そう考えていると、包茎手術で人生の希望を失い、
日常が“生き地獄”と化した瞬間が、
“フラッシュバック”のように蘇ってきました。


“フラッシュバック”とは、
「強いトラウマ体験(心的外傷)を受けた場合、
その時の記憶が後になって、突然かつ、
非常に鮮明に思い出されたりする現象」です。



せっかく、人生の希望を取り戻しつつあったのに、
再び、真っ暗闇の深海に沈み込んでいくような感覚に襲われました。

陰茎の手術失敗や、包茎によるイジメの末、
命を絶つことを選んだ彼らの気持ちを
これほど深く理解できたことはありません。


精神的、肉体的な限界に達し、
これ以上、生きることの苦しみに耐えられそうになく、
自分の人生を諦めかけていた時でした。


その瞬間、奇跡が起こります。

私はふと、あることに気づいたのです。


「もしかすると、自分が今まで学んできたこと、経験してきたこと、
手術の体験を通して気づいたことの中に、
問題解決の“ヒント”が隠されているかもしれない。」


直感的に、そう感じ取った私は、自分の専門分野(催眠療法)も含め、
次の3つの分野について、一つひとつ丁寧に、
見つめ直す作業に没入していきました。



そのような作業の中で、“偶然”、次のような“閃き”が生まれます。

「一つひとつの良い部分を残したまま、必要に応じて組み合わせると、
どんな変化が現れるのだろうか?」



この“偶然”の発見により、まさか“4週間”で、
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
驚くほど、感度低下、機能障害、後遺症が改善することになるとは、
この時の私はまだ、想像すらしていませんでした。

4週間後
包茎手術による
後悔、絶望感、うつ状態から
解放されていました



さっそく私は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、
無意識の知識や経験、術後の体験で得た発見などを“体系化”し、
まずは私自身で実践してみることにします。

“体系化”とは、それぞれの知識を関連づけ、まとめることです。


術後、私の中では、「自分と同じ苦しみを抱えている人にも、
私が体系化したことを実践できるようにしたい」という想いが、
日に日に強くなっていました。


そのため、体系化と同時に、他の人でも“簡単”に取り組めるように、
“マニュアル化”の作業も進めていきました。


例え、“仕組み化”したとしても、私一人だけが実践でき、
変化を実感できたのでは、意味がありません。

そのため、“再現性”の最大化を目指し、
限られた時間の中で、誰でも継続できることにも、
細心の注意を払いました。



さっそく、私は自分が体系化したプログラム(「SIFS」)の実践を開始します。

下記、4週間の実践による変化です。

【1週目】
・少しずつ、うつ状態が良くなり、食欲が戻り、入眠も良くなってきた。

【2週目】
・包茎手術による後悔や、絶望感を抱く時間が減ってきた。

【3週目】
・精神的に安定した状態になり、再び、人生に希望を持てるようになった。

【4週目】
・包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放されただけではなく、
手術を受けたことを自分の成長や、より豊かな人生の実現に生かしていこうと、
前向きに考えられるようになった。


「SIFS」により、まさか“+α”の変化を実感できるとは
予想すらしておらず、私は驚きを隠せずにいたことを覚えています。



4週間の実践では、同時進行で、下記の2つの目標達成を目指しました。


次は、(2)の実践結果についてお伝えします。

再手術も考えましたが
料金とリスクが気になり
自然にできる方法を
選択しました



術後、包茎手術のリスクを知ったこともあり、
できるだけ早く、ペニスを元の状態に戻すことで、
私は焦りを感じていました。


「包茎手術による感度低下、機能障害、後遺症を改善するための
再手術があるかもしれない」と思い、
料金や内容を調べてみることにします。

しかし、私が手術を受けた美容外科クリニックを含め、
再手術の対象は、ほとんどが“修正”でした。


【修正(一例)】

再手術の料金を調べると、“10万円”を超えています。

既に包茎手術で、23万円支払っている私にとって、
金銭的な余裕は残されていませんでした。



包茎手術を受けた経験から、私は事前にリスクを
把握しておく重要性を認識していました。

下記は、私が調べた再手術のリスクです。


再手術のリサーチを続けていると、あるクリニックの公式サイトで、
感度を取り戻すための「内板再建術」というメニューも見つけました。

“内板”とは、包皮の内側を指します。


「感度低下を改善する手術があるんだ!」と、
一瞬、私は期待に胸が膨らみます。

最終的には、次のような理由により、「内板再建術」も、
自分の候補から外すことにしました。


再手術のリスクを調べることで、やはり、
「自然なやり方で、感度低下、機能障害、後遺症の改善を目指していきたい」
という自分の気持ちを再確認できました。



最大限、ペニスを元の状態に改善するためには、
身体に本来備わっている“自然治癒力”を引き出す必要があります。

それから私は、東洋医学、血液学、泌尿器科学などの
知識を蓄えながら、ペニスの構造(仕組み)への理解を深めていきました。



次に、“体系化”と“マニュアル化”の作業を丁寧に進めていきます。

“体系化”とは、それぞれの知識を関連づけ、まとめることです。


同時に、他の誰でも取り組むことができ、
私と同じ変化を実感できるように、
“再現性”においても、気を配りました。


4週間後、私は実践結果を確認し、
まるで全身を雷に打たれたかのような
強い衝撃を受けることになるのです。

ペニスに高品質の血液を
潤沢に届けることで
感度低下、後遺症、機能障害が
驚くほど改善していきました



東洋医学、血液学、泌尿器科学から習得したことを
私は“独自”にブレンドし、4週間の実践を開始しました。


下記、私が実感した変化です。

【1週目】
・手術による損傷(亀頭の内出血、変色、傷跡など)が順調に良くなった。

【2週目】
・勃起時の堅さが戻ってきた。

【3週目】
・亀頭裏側のシコリ(腫れ)、縫合部の痒みや痛みが改善した。

【4週目】
・感度が良くなった。


術後の感度低下、後遺症、機能障害の改善において、
私は特に、“血液”にフォーカスを当てました。

その理由は、ペニスへの血流を良くし、
新鮮な栄養や酸素を十分に送り届けることで、
最大限、自然治癒力が引き出されることを
私は確信していたからです。



下記、血液とペニスの関係についての引用文です。

・血流を良くすることにより、陰茎に速やかに血液を充填させ、硬さを維持させる。

医師 春山 晋

・男性も女性も、お互いの感度を高めるには、十分な血流が欠かせない。
(中略)
なかでも、お腹や股関節筋の周辺が硬いと、
性器を循環する血液量が低下し、悪影響がでる。

Tarzan特別編集 ≪新装版≫足りないヒトの……タンパク質チャージ術!


上記の引用文からも、ペニスへの血流が良くなるほど、
術後の感度低下、機能障害、後遺症などにも、
良い変化が期待できることがわかります。


4週間の「SIFS」実践後、精神面とペニスの状態が
すっかり良くなった私は、“包皮”の役割を思い出しました。


【包皮の役割】

・陰茎包皮は、知覚神経終末と、性感組織が豊富に存在する
内粘膜と外皮から構成されている。

ブリティッシュコロンビア大学、医科大学院での研究結果

・亀頭を保湿したり、神経の受容体の存在により、
性的快感を増大させる可能性がある。
WHO(世界保健機関)

・女性器との摩擦を調整する、性交をスムーズにする、程よい刺激を生むなど、
余分な包皮には、このようなスライド機能がある。


包茎手術のリスクや、「SIFS」の体系化のため、
私は国内だけではなく、“海外”のサイトもリサーチしていました。

その時、アメリカでは「包皮再生の器具」が存在し、
割礼(包皮を切り取る宗教的な儀式)を受けた人たちが、
包皮を取り戻していることを知ります。


「包皮再生により、手術前と同レベルまで、
セックス、マスターベーションの
快感や感度を取り戻せるかもしれない!」


そんな期待を胸に秘め、手術から約1ヵ月後、
私は、海外から取り寄せた器具を使用し、
包皮再生を開始することになります。


本当は1日でも早く、包皮再生をスタートしたかったのですが、
術後1ヵ月間は、傷口などをしっかり治すことに集中しました。


次は、包皮再生の実践結果について、少しお話します。

包皮再生により
感度低下、後遺症、機能障害の
さらなる改善に成功しました



下記は、1年間(2018年6月〜2019年6月)の実践結果です。

【実践結果(一例)】

・スライド機能(女性器との摩擦を調整する、性交をスムーズにする、
程よい刺激を生むなど)が回復した。

・セックス、マスターベーションの感度や快感が、さらに蘇った。

・感度低下、後遺症、機能障害が、さらに改善した。


1年の実践を終え、私は自分が満足できるレベルまで、
スライド機能の回復、感度、機能障害、後遺症の改善を実感しています。


現在は一旦、包皮再生を停止し、最終的な自分のゴールについて、
じっくり考えています。

海外だけではなく、国内でも、
“ナチュラルペニス”に対する価値が
見直されてきています。



“ナチュラルペニス”を日本語訳すると、「自然なペニス」です。


英語では、割礼を受けていないペニスは、「natural penis」、
割礼を受けているペニスは、「circumcised penis」と呼ばれています。

“割礼”は、包皮を切り取る宗教的な儀式です。


近年、国内での手術件数は、横ばい、もしくは減少傾向にあります。

その理由として考えられることは、下記の通りです。

・2016年、国民生活センターが、
「美容医療サービスにみる包茎手術の問題点」を公表したことで、
手術のリスクや問題点が、少しずつ認知されてきている。

・包茎に対する日本人男性の意識が変わってきている。

・若い世代では特に、「包茎は恥ずかしい」という風潮に、
疑問を抱く人たちが増えている。


海外でも、北米(アメリカ、カナダ)、アジア(韓国)などを中心とし、
割礼や包茎手術は、減少傾向にあります。


また、ヨーロッパ(ドイツ、アイスランドなど)では、
法的に、割礼を禁止しようとする動きがあります。


このような動向から、これからの時代は、
“ナチュラルペニス”に対する価値が見直され、
より一層、その重要感が高まっていくように、私は感じています。


実際、10万人以上の男性(アメリカ、カナダ在住)が、
包皮再生を完了したか、現在、継続中であると推定されています。


「SIFS」では、興味のある参加者さま向けに、
「包皮再生とは何か?」、「包皮が伸びる仕組み」、
「器具のメリット・デメリット」などもお伝えしています。



包茎手術を受けた後、包皮再生を希望するかどうかは、人それぞれです

私のように、包皮再生を望む方もいれば、望まない方もいます。


元々、包皮再生は含めずに、
「包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
術後の感度低下、機能障害、後遺症を改善できる」ように、
「SIFS」は“体系化”されています。


その点、ご安心ください。


次に、下記2点の比較表(メリット・デメリット)をお見せします。


その理由は、両者の利点・欠点を理解した上で、最終的に、
あなたにとってベストな選択肢を選んでいただきたいからです。

“包茎手術”
負傷者サポートプログラム
「SIFS」
or
心療内科



心療内科の主な治療対象は、心理的な要因から身体症状が表れる“心身症”です。

包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態などの改善のため、
心療内科も選択肢の一つとなります。


【「SIFS」と心療内科の比較】

利点 欠点
「SIFS」 ・4週間で、症状の改善を
目指すことができる。

・自宅で好きな時に、
取り組める。

・自然療法が中心となるため、
副作用のリスクが低い。
・自然治癒が中心となるため、
即効性が低くなる場合がある。

・オンラインプログラムのため、
対面で、自分の気持ちを
伝えることができない。

・自宅での取り組みとなるため、
どうしても、自分に甘えて
しまうことがある。
心療内科 ・自分に合った薬が処方された
場合、即効性が期待できる。

・薬や先生との相性が良ければ、
治療にも好影響が期待できる。

・精神医学の視点から、
客観的に、自分の症状や病名を
知ることができる。
・最初のうちは、1〜2週間に1回の
通院が必要になる場合が多い。

・薬の服用が長引いてくると、
途中で止めたくても、
離脱症状が生じやすくなる。

・薬や先生との相性が悪ければ、
治療に悪影響を及ぼす
場合がある。


“離脱症状”とは、薬物の摂取を中止、減量した時に生じる
様々な症状(精神的、身体的)です。


「現在、心療内科を受診している。」、「これから初診を予定している。」
といった場合でも、「SIFS」の参加は可能です。

その点、ご安心ください。

“包茎手術”
負傷者サポートプログラム
「SIFS」
or
泌尿器科



“泌尿器科”は、男性器の疾患や、尿路(おしっこの通り道)が専門分野です。

術後の感度低下、機能障害、後遺症の改善のため、
泌尿器科も選択候補となります。


【「SIFS」と泌尿器科の比較】

利点 欠点
「SIFS」 ・4週間で、症状の改善を
目指すことができる。

・自宅で好きな時に、
取り組める。

・自然療法が中心となるため、
  ペニスに損傷を与えることが
ない。
・自然治癒が中心となるため、
即効性が低くなる場合がある。

・緊急性の高い症状
(大量出血、縫合部の分裂、
組織の壊死など)には
対応が難しい。

・自宅での取り組みとなるため、
どうしても、自分に甘えて
しまうことがある。
泌尿器科 ・即効性のある薬を
処方してもらえる。

・緊急性の高い症状
(大量出血、縫合部の分裂、
組織の壊死など)に
対応できる。

・客観的に、自分の症状や病名を
 知ることができる。
・薬の服用が長引くほど、
副作用で、ペニスへの
ダメージが蓄積していく。

・手術をすすめられ、ペニスに
さらなる損傷を受けてしまう
可能性がある。

・泌尿器科の手術では、美容外科
(仕上がりの美しさ)が十分に
考慮されない可能性がある。


術後、私はペニスに受けた損傷具合が気になり、
泌尿器科の受診を考えていた時期があります。


この時、私は精神的に不安定で、仮に手術をすすめられても、
冷静な判断で対応できる状態ではありませんでした。


そのため、まずは薬や手術ではなく、できる限り、
自然な方法で改善を目指すことを選択したのです。



「現在、泌尿器科を受診している。」、「これから初診を予定している。」
といった場合でも、「SIFS」の参加は可能です。


以上、「SIFS」と心療内科、泌尿器科の比較(メリット・デメリット)でした。


美容外科クリニックでの“再手術”もリサーチしましたが、
私の場合、料金とリスクの両面を考慮し、選択肢から外しています。



それぞれの利点・欠点をしっかり比較した上で、
あなた自身、納得できる選択をしていただけることを
私は心から望んでいます。



この時点で、この手紙も残り半分くらいになりました。

まずは、ここまで真剣にあなたへの手紙を読み進めて
いただいたことに、深く感謝します。


この先の手紙も、包茎手術を受け、以前の私と同じ苦しみを抱えている
“あなた”に向けた文章です。


そのことをあなたの頭の片隅に置き、手紙を読み進めていただけたら嬉しいです。


次は、「SIFS」に秘められている“3つ”の価値についてお話します。

“包茎手術”
負傷者サポートプログラム
「SIFS」に秘められた
3つの価値



最初に、“3つ”の価値をまとめてお伝えします。

【価値1】
PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、無意識を
専門的に学んできた米国催眠療法協会 認定催眠療法士により、
「SIFS」は“体系化”されている。

【価値2】
東洋医学、血液学、泌尿器科学の利点を生かしつつ、
「SIFS」は“体系化”されている。

【価値3】
私自身、包茎手術の負傷者であり、未経験の専門家や医師より、
あなたの気持ちを深く理解できる。


それでは順番に、もう少し詳しく、一つひとつの“価値”を説明していきます。


【価値1】
PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、無意識を
専門的に学んできた米国催眠療法協会 認定催眠療法士により、
「SIFS」は“体系化”されている。

個人差はありますが、包茎手術を受けたことによる“心の傷”は、
決して小さなものではありません。


実際、私にとっても、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態は、
言葉で表現できないほど、壮絶な苦しみでした。


幸運だったことと言えば、私自身が催眠療法士として、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、無意識に関する
知識と技術を積み重ねてきたことです。

そのおかげもあり、“4週間”という短期間で、
精神状態が安定し、人生の希望を取り戻すことができました。


精神薬は即効性が期待でき、短期間の利用という条件下では、
優れた選択肢の一つです。

ただ、薬を止めた時、今まで抑えられていた症状が、
再発してしまう可能性があります。


また、包茎手術による深い心の傷の場合、
薬だけで完治を望むことは、難しいと言えるでしょう。


その点、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、無意識の
知識と技術が“体系化”された「SIFS」では、
“根本的”な解決が期待できます。


つまり、一時的に症状を抑えるのではなく、
症状そのものの改善を目指していくことができます。

「現在、心療内科を受診している。」、「これから初診を考えている」
といった場合、薬は一時的な服用を目的とし、
「SIFS」で、“本質的”な改善を目指していくことも可能です。


【価値2】
東洋医学、血液学、泌尿器科学の利点を生かしつつ、
「SIFS」は“体系化”されている。

術後、激しく損傷を受けているペニスを見ながら、
「できる限り、これ以上、ペニスにダメージを与えたくない」
という強い想いを抱きました。


1日でも早く、損傷を治したいと焦り、
泌尿器科の受診や、美容外科クリニックでの再手術を
考えたこともあります。


そんな中、次のような理由により、一旦、
受診や再手術は、選択肢から外すことにしました。

その他にも、薬の副作用で、自然治癒力が抑制される可能性を
危惧したことも、理由の一つです。


その点、「SIFS」では、手術や薬に頼らず、
“自然治癒力”を引き出していくことができます。


また、ペニスの構造や、回復の仕組みを理解した上で、
私は「SIFS」を“体系化”しています。


そのため、術後の感度低下、機能障害、後遺症を“最小限”に止めながら、
“最大限”、元のペニスの状態を取り戻していくことが可能です。


【価値3】
私自身、包茎手術の負傷者であり、
未経験の専門家や医師より、
あなたの気持ちを深く理解できる。

術後、精神的に追い詰められていく中で、
私にとって、人生の希望を取り戻すキッカケになったのは、
友人や周囲の存在とサポートです。


既に、この手紙でお伝えしていますが、
彼に自分の感情を解放し、その感情に寄り添ってもらった体験を通して、
希望の光を見いだすことができました。


包茎手術を受けていない人にとって、
私たち負傷者の気持ちを十分に理解するのは、
とても難しいことです。


なぜなら、同じ感情(後悔、絶望感、うつ)や、
術後の感度低下、機能障害、後遺症を
自分で体験していないからです。


それは、例え相手が、専門家や医師であっても同じです。


この手紙の冒頭でもお伝えしましたが、
私自身、包茎手術の体験者(負傷者)です。

同時に、27年間、“包茎コンプレックス”を抱えて生きてきました。


「SIFS」の「S」は、「support(サポート)」の略です。

英語で「support」は、「支援」、「援助」、「応援」といった意味があります。


「術後、私と同じように苦しんでいる“あなた”を
1番近くで、サポートしていける存在でありたい。」


「SIFS」という名前には、そんな私の強い想いが込められています。


次に、「SIFS」の“欠点”についてお伝えします。

その理由は、欠点についても、十分理解した上で、
最終的に、「SIFS」への参加・不参加について、
あなたに決めていただきたいからです。



私は包茎手術のリスクを一切、知らされないまま、
手術を選択してしまいました。

もし、手術の利点だけではく、欠点もわかっていたら、
自分にとって、より納得のいく選択ができたかもしれません。


そのような私自身の経験もあり、
「SIFS」が持つ最大の欠点についてお話します。

“包茎手術”
負傷者サポートプログラム
「SIFS」の欠点



「SIFS」の欠点は、自宅での“オンライン・プログラム”となるため、
人によっては、4週間のどこかで、モチベーションが下がってしまう
可能性がある点です。



モチベーションには、「動機付け」、「目的意識」、「意欲(やる気)」
といった意味があります。

英単語の「motivation(モチベーション)」は、
「move(動く、動かす)」、「movable(移動できる)」、「motion(動き)」が
語源になっています。


オンライン講座には、「自宅にいながら、好きな時に、
自分のペースで学習を進められる」という利点もあります。


同時に、自由な環境での取り組みになるので、どうしても、
自分への甘えが生じやすくなります。


まず何よりも、モチベーション低下のリスクを防ぐために
必要なことは、「4週間、“本気”で取り組む」という、
参加者さまの覚悟と決断です。


その結果、例え途中で、やる気が下がることがあったとしても、
「私は最後まで、やり切ることを決めて参加したんだ!」と、
再び、モチベーションが回復していきます。


「SIFS」の構築にあたり、常に私は、
「参加者さまのモチベーションが、“自然”に維持される仕組み」を
意識してきました。



そのための施策として、「SIFS」では次の3つを導入しています。

(1)エクササイズ

「エクササイズ回答提出フォーム」を通して、
週1回、あなたの実践内容をご報告いただきます。

「自分の頑張りをちゃんと確認してもらえる」ことがわかるため、
自然に、取り組みに対するやる気も高まります。

(2)フォローアップのメール

“フォローアップ”には、「確認」、「アフターフォロー」、「バックアップ」
といった意味があります。

フォローアップの配信期間と頻度は、
約5週間、2日に1回のペースです。

フォローアップのメールが届くことで、
「参加後も、しっかりフォローしてもらえている」ことがわかり、
モチベーションが維持できます。

(3)メンバーサイト

「SIFS」では、参加者さま“専用”のメンバーサイトをご用意しています。

メンバーサイトがあることで、
「自分がプログラム参加者の一員である」、
「前川さんがそばにいてくれる」ことを感じやすくなり、
モチベーションの維持に効果的です。


また、このサイトから、全てのコンテンツにアクセスできるため、
参加者さまにとって便利であり、継続しやすいのも利点です。


その他、「SIFS」はゲーム的な要素を導入しているため、
より自然に楽しく、やる気が維持されます。


次に、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態を
緩和させる“呼吸法”をご紹介します。

ここまで、この手紙を読んでいただいた
“あなた”への感謝の気持ちです。

包茎手術による
後悔、絶望感、うつ状態を
緩和させる呼吸法



マイナスの感情(包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態など)を
感じているいる時、呼吸は、「浅い」、「速い」、「不規則」に
なりやすい傾向があります。


普段、忘れがちな呼吸に意識を向けることで、
「深い」、「ゆっくり」、「規則的」な呼吸に
切り替わりやすくなります。


また、呼吸への意識レベルが高まっていくと、
脳波はアルファ波〜シータ波のリラックス状態になり、
下記のような効果が期待できます。

【一例】

私たち現代人は、ストレス社会の中で、
交感神経(緊張状態)が強くなりがちです。

長年、過度のストレスに晒されていると、
様々な形で、身体に不調が現れ始めます。


これからお伝えする呼吸法で、
意識的に、副交感神経を優位にすると、
「心身の機能回復に適した状態」を作ることができます。

また、身体の緊張が解れ、ペニスへの血流も良くなるため、
術後の感度低下、機能障害、後遺症にも好影響が期待できます。



この呼吸法は、簡単な“3ステップ”ですので、
是非、この場で体験いただけたら嬉しいです!

【ステップ1】
自分が落ち着ける安全な場所で、椅子に座る。

もし、あなたが外出中で、落ち着ける環境にいないなら、
休憩時間や、お手洗いなど、自分が一人になれる場所を
選ぶと良いでしょう。

私の場合、自分の部屋で一人になり、ユーチューブで“雨音”を流しながら、
意識的な呼吸を行うことが多いです。


単調な自然音を聞いていると、リラックス状態に入りやすくなります。


【ステップ2】
軽く目を閉じ、自分の呼吸に意識を向ける。

この時、無理に「深い」、「ゆっくり」、「規則的」な呼吸を
目指す必要はありません。


1番重要な点は、普段、あまり前のように行っている呼吸に、
あなたの“意識”を向けることです。


なぜなら、マイナスの感情から呼吸に意識が向かい、
気持ちのバランスが調整されやすくなるからです。


もし、途中で「考えごと」が浮かんできたら、
心の中で、「保留、保留、保留」と唱えてみましょう。

一時的に、電話を保留にしておくイメージです。


「今の呼吸法が終わった後、好きなだけ考えごとをしよう!」
くらいの気持ちで、私も浮かんでくる“思考”を一時保留しています。


「考えごと」は、自然に浮かんでくるものです。

そのため、心の中で、「保留、保留、保留」と唱えても、
頭の中で、次から次へと、“思考”が浮かんでくるかもしれません。


その場合は、無理に「保留、保留、保留」と唱えることを停止し、
ただ、「呼吸に意識を向けることだけ」で、OKです。


【ステップ3】
そのまま“3分”ほど、意識的な呼吸を続ける。

包茎手術の負傷者は、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態、
感度低下、機能障害、後遺症により、
日頃、大きなストレスを抱えながら生きています。


そんな時は、この意識的な呼吸により、
自分のストレスを緩和することができます。


上記の呼吸法(3ステップ)を終えた後、
もう一度、あなたに確認いただきたいことが“2つ”あります。

【確認いただきたいこと】

呼吸法によるリラックス作用により、ほんの少しかもしれませんが、
気持ちが軽く(楽に)なったのを感じた場合、
あなたは「SIFS」参加により、最大限の変化が期待できるでしょう。


下記、その“3つ”の理由です。


呼吸法による効果には、個人差があり、
本来、1週間くらい継続することで、変化を実感しやすくなります。


今回は、たった1回(3分間)でしたので、
全く何の変化を感じられなくても、普通のことです。


その場合でも、「SIFS」へご参加いただくことに、
特に問題ありませんので、ご安心ください。


4週間の「SIFS」は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、
無意識の知識や技術から、“体系化”されています。

そのため、呼吸法を含む“複合的”なアプローチで、
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態からの解放を目指していきます。



同様に、東洋医学、血液学、泌尿器科学から構成されている
“本質的”な方法で、術後の感度低下、機能障害、後遺症を
改善していきます。


次に、「包茎手術を受けるという行動(選択)」に、
大きな影響を与えた“無意識”の存在について、
簡単にお話します。


なお、「SIFS」参加により、あなたが望んでいる変化を
手に入れるためにも、「無意識の活用」は、
とても大切なポイントとなります。

私たち人間の行動は
90%以上が
無意識の支配下にあります



心理学で“無意識”は、
「本人に意識されることなく、精神内で進行する心理過程」
という意味になります。

もっとわかりやすく言うと、「自分のしていることに、気づいていない状態」です。


「意識しないでしていること」は、無意識の働きで行っています。


精神分析学の創始者フロイトは、無意識について、次のように考えていました。

“人間の理性や意識は、そのコントロールを超えたものにより、支配されている。”


下記のようなケースで、巨大な無意識の力を見ることができます。

【一例】

無意識の力は、海面下に隠れている“氷山”に例えられます。


1912年、タイタニック号が氷山に接触し、沈没しました。

当時、この船には世界最新の技術が駆使されており、
「決して沈むことがない」と信じられていました。


私たち人間の行動は、“90%以上”が無意識の支配下にあると言われています。

つまり、「自分で選択し、決めている」と思っていることでも、
実は、無意識の影響を受けていることを意味します。



「SIFS」では、私たちの感情、思考、行動に大きな影響を与えている
無意識を“実践レベル”で活用していきます。


包茎手術を受けた後、自分の中にあった“包茎コンプレックス”に対し、
私は無意識の力を軽んじていたことに気づきます。


その時はまるで、夢から覚め、ハッと我に返ったかのようでした。


次に、あなたが包茎手術を受けてしまった“原因”の一つをお伝えします。

この原因を知ることで、もし、あなたが自分を責めているようなら、
きっとその気持ちが楽になることでしょう。

包茎手術を受けてしまったは
あなたの責任ではありません



包茎手術ビジネスの第一人者は、ある美容外科クリニックの院長だと
言われています。


下記は雑誌に記載されていた文章の一部です。

1980年頃、ボクが一番最初に財を成したビジネスは、包茎手術なの。
そのビジネスモデルはすごく簡単で、ファッションと一緒。

まずブームを作ればいいんです。今なら、デカ目とか小顔とかね。

それで当時、男性向けで一番わかりやすいのが包茎だった。
まずね、包茎はとにかくダメだと宣伝するんです。


術後、私が初めてこの文章を読んだ時、
私は強い“ショック”を隠しきることができませんでした。

なぜなら、私が抱くようになった“包茎コンプレックス”は、
「特定の誰かにより、意図的に作られたもの」だったことを
知ったからです。



その後、美容外科クリニックを中心に、包茎手術ビジネスが
拡大していきます。


「目元までタートルネックを被った男性」が登場するCMは、
今でも、私の記憶に強く焼き付いています。

私はこのようなCMから、
「包茎は恥ずかしいもの」といったメッセージを
無意識のうちに、受け取っていたような気がします。



ここで私があなたに、“1番”お伝えしたいことは、
「包茎手術を受けてしまった原因は、あなたにない」
ということです。


“包茎コンプレックス”を抱かせる広告や、
リスクの説明を十分にせず、包茎手術を行っている
美容外科クリニックが“原因”です。


先ほどもお伝えしましたが、私たちの行動は、
“90%”が、無意識の支配下にあると言われています。


包茎手術のCM、雑誌、周囲からのメッセージは、
年月の経過とともに、あなたの無意識に、
深く刻まれていきました。

その結果、いつの間にか、“包茎コンプレックス”が強化され、
「手術を受けるという選択と行動」に繋がっていきます。



重要なことなので、あなたが包茎手術を受けてしまった流れを
“時系列”にしてみます。

(1)包茎手術の第一人者である院長が、日本に包茎手術ビジネスを持ち込む。

 ↓

(2)包茎手術ビジネスは、他の美容外科クリニックに拡がっていく。

 ↓

(3)巨額の広告宣伝費をかけ、“包茎コンプレックス”を抱かせる
CMや、雑誌広告を掲載する。

 ↓

(4)自分でも気づかないうちに、包茎に対する否定的なイメージが、
無意識に刻まれていく。

 ↓

(5)“包茎コンプレックス”が強化されていき、
手術を受ける選択や行動をしてしまう。


あなたが手術を受けてしまった“本当”の原因に気づくことで、
少しでも、あなたの気持ちが楽になることを心から願っています。



次は、「SIFS」参加により、
包茎手術で失った人生の希望と、元のペニスの状態を
取り戻せる“チャンス”についてお話します。

あなたには
人生の希望と
元のペニスの状態を
取り戻せるチャンスがあります



術後、私は壮絶な後悔、絶望感、うつ状態に支配され、
一度、人生の希望を失う体験をしています。

手術日を境に、悪夢のような毎日が始まりました。


特に、下記の3点による精神的なダメージが大きかったです。


「無用の長物(むようのちょうぶつ)」とは、
「長すぎて邪魔になり、用をたさない」ことから、
“無駄”という意味になります。

しかし、全くありそうもない価値が、包皮に秘められていたのです。

包皮って、実は裏側に包皮小体っていう性感帯がある。
包茎手術でそれを切除しちゃうと、感度が下がって、
セックスが、気持ちよく無くなってしまうこともある。

不要なものに見えても、とんでもない価値が
隠されてることはよくあること。

泌尿器科専門医 Dr.Koba


27年間、“包茎コンプレックス”を隠し続けていた私にとって、
本当は誰にも、包茎手術を受けたことは
知られたくありませんでした。

しかし、精神的にギリギリまで追い詰められいき、
自分一人では、人生を諦めてしまいそうなレベルへと、
悪化の一途を辿っていきます。


私は恥を忍び、自分が1番信頼できる人に、
手術を受けたことを相談することを決意します。

幸運なことに、その時の“感情解放”と、
自分の気持ちに寄り添ってもらった体験により、
気持ちが楽になりました。



それから、自分自身で「SIFS」を実践することで、
人生の希望を取り戻していきます。


次はあなたの番です。


一度は、人生の希望を失った私でも、
4週間で、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
同時に、感度低下、機能障害、後遺症を改善できました。

ここまで“真剣”に、この手紙を読み進められた“あなた”なら、
私と同じように、上記のような変化を実感いただけることを
強く信じています。

包茎手術の体験を
あなたの成長と
より充実した人生の実現に
変えていくことができます



「SIFS」参加により、4週間後、
次のような変化を実感するための“チャンス”を
あなたは手に入れることができます。


【4週間後の変化】


上記のような期待できる変化をあえて一文章にまとめてみました。


私自身、「SIFS」の実践により、
「手術を受けた経験が、より充実した人生の実現に活きている」
ことに気づくことになるとは、予想すらしていませんでした。


「SIFS」では、東洋医学、血液学、泌尿器科学から
“体系化”されたプログラムにより、
術後の感度低下、機能障害、後遺症の改善を目指していきます。

そのため、最大値まで“自然治癒力”が引き出されやすくなり、
場合によっては、手術前より、ペニスが“パワーアップ”される
可能性があります。



“自然療法”が中心となるため、再手術の費用(10万円〜)や、
リスクを気にする必要もありません。


「SIFS」では、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、
無意識の知識や技術から“構成”されたプログラムにより、
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態からの解放を目指していきます。

そのため、一時的に薬で症状を抑えるのではなく、
“根本的”な解決が可能です。


次はいよいよ、「SIFS」の特徴や、内容の一部を“30個”ご紹介します。

「SIFS」の特徴や
内容の一部を
30個厳選しました



No.1
わかりやすい“3部構成”

「SIFS」の本編は、わかりやすさを重視し、次の3部から構成されています。

  • ・第1部 Preparation(準備)
  • ・第2部 Departure(旅立ち)
  • ・第3部 Restration(再生)

さらに、それぞれの部は「章」と「節」で整理されており、
本編全体で“15章”までとなります。

No.2
知識→行動→変化を“重要視”

「第2部」は、“知識編”と“行動編”に分かれています。

そのため、知識として学んだことを
ちゃんと行動に移していくことができます。

「SIFS」では、参加者さまが“実践”し、
“変化”を実感できることを重要視しています。

No.3
エクササイズで実践力&継続力アップ

「SIFS」の参加者さまは、毎週、
「エクササイズ回答提出フォーム」を通して、
実践結果を報告することができます。

メンバーサイトから、エクササイズ内容を
“一覧表”で確認し、取り組んでいただきます。

エクササイズが用意されていることで、
実践力と継続力のアップが期待できます。

No.4
いつでも、好きな場所で取り組める“オンラインプログラム”

「SIFS」の参加者さまは、メンバーサイトにログインし、
オンライン上で取り組みを進めていきます。

参加者さまの環境に合わせ、いつでも好きな時に、
プログラムを学び、実践することができます。

通勤や休憩時間などに「SIFS」の学習を進めておき、
実践は、自宅で中心に行うのもおすすめです。

No.5
目標達成に不可欠な“3つ”の要素(ゲーム感覚)

「SIFS」で目標を達成していくには、
「時間」、「やる気」、「行動」という“3要素”が必要になります。

自分の好きなこと(趣味)を楽しんでいる時は、
“自動的”に、これらの3要素が満たされています。

「SIFS」は、ゲーム的な要素を取り入れているため、
より楽しく、目標達成を目指していくことができます。

No.6
モチベーション維持の“仕組み”

「SIFS」では、モチベーション維持のため、次の3点を取り入れています。

  • ・エクササイズ(「No.3」で説明)
  • ・メンバーサイト(「No.23」で説明)
  • ・フォローアップメール(「No.24」で説明)

私たちは、目標達成において、“ご褒美”や“応援”があると、
“やる気”を維持しやすくなります。

「SIFS」では、上記2点の要素もしっかり組み込まれています。

No.7
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放される理由

「SIFS」は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、深層心理学、
無意識の知識や技術から“体系化”されています。

そのため、包茎手術による重度な精神的ダメージも、
改善することができます。

さらに、手術の体験を自分の成長や、
より豊かな人生の実現に変えていけるでしょう。

No.8
術後の感度低下、機能障害、後遺症を改善できる理由

「SIFS」は、東洋医学、血液学、泌尿器科学の知識や技術から
“体系化”されています。

そのため、“最大値”まで、ペニスの“自然治癒力”を引き出すことができます。

“さらなる”感度低下、機能障害、後遺症の改善を
目指していきたい参加者さまのため、
「SIFS」では、“包皮再生”についてもお話しています。

No.9
病院や薬だけに頼らない“自立”した自分へ

病院や薬だけに依存してしまうと、
毎回、通院や薬にお金がかかるだけではなく、
どうしても、先生や薬に依存してしまいやすくなります。

包茎手術を受けた時のように、治療法に関するリスクについて
十分な説明を受けないまま、「取り返しのつかない状態」に
なってしまう恐れもあります。

その点、「SIFS」は、病院や薬に依存したプログラムではないため、
“自立”した自分を目指していくことができます。

No.10
リスクの低い“自然療法”が中心

再手術には、さらなる感度低下、機能障害、後遺症、
薬には、離脱症状、副作用などのリスクがあります。

「SIFS」は、あなたが既に持っている“自然治癒力”を
“最大値”まで引き出すことを目的にしています。

即効性は、薬に敵わないかもしれませんが、
「SIFS」には、「リスクが低く、安全である」という
利点があります。

No.11
一時的ではなく、“根本的”な解決

一般的に、病院や薬による“対処療法”は、
「個々の症状の軽減や、消失を目的」に行われます。

そのため、具体的な治療期間が明確化しにくく、
長期間、通院や薬が必要になることも、希ではありません。

一方、「SIFS」は、4週間、1日30分の実践で、
問題の“根本的”な解決を目的にしています。

No.12
術後の感度低下、機能障害、後遺症を“最小限”に抑制

術後の対処や過ごし方などで、状態がさらに悪化してしまう場合があります。

ペニスへの損傷を“最小限”に留めるための
「対処法」、「過ごし方」、「注意点」などをお伝えします。

「術後のクリニック電話相談」、「クリニック無料診察サービス」、
「泌尿器科の受診」を利用する際の“リスク”も知ることができ、
術後のさらなる損傷を防ぐことができます。

No.13
“意図的”に作られた包茎手術ビジネス

誰かの“明確”な意志により、包茎手術ビジネスが生まれ、
多くの負傷者が生まれています。

CM、広告、関係者からは、決して知らされることがない
「包茎手術ビジネスの“裏側”」をお話します。

これを学んでおくことは、今後、
同じ後悔や選択ミスをしないことに、役立つはずです。

No.14
“不都合”だった包茎の真実

「仮性包茎は正常な状態である」、
「包皮には知覚神経終末と、性感組織が豊富に存在する」ことは、
包茎手術ビジネスにとって、あまりにも“不都合”な真実です。

「包皮が持つ重要な役割」、「包皮切除によるリスク」、
「リスク発生率に関係する要因」について、
それぞれ“3つ”ずつお伝えします。

No.15
再手術による“3つ”のリスク

修正を含む再手術は、難易度が高くなると言われています。

もし、再手術を考えるなら、最低でも抑えておきたい
“3つ”のリスクをお伝えします。

これを読めば、再手術を検討する場合、初回の包茎手術の時よりも、
入念、かつ慎重なリサーチが必要になることに気づくことでしょう。

No.16
4週間で、セックスやマスターベーションの
快感、感度が改善

私は、東洋医学、血液学、泌尿器科学から、
ペニスや性感帯の仕組み(構造)を熟知した上で、
「SIFS」を“体系化”しています。

そのため、セックスやマスターベーションの
快感、感度を蘇らせることができます。

あなた自身の満足度が高まるほど、
相手の快感や感度もアップしやすくなります。

No.17
包茎手術の体験者が“変化”を実感

「SIFS」には、「私と同じ体験で苦しんでいる負傷者をサポートしたい」
という私の強い想いが込められています。

そのため、まずは私自身が「SIFS」を実践し、
変化を実感していることが重要になります。

参加者さまにも、私と同じ変化を体感いただけることを目指し、
「SIFS」は“マニュアル化”されています。

No.18
“感情解放”&“寄り添い”の重要性

私は自分が信頼できる人に、私の感情を解放し、
自分の気持ちに、寄り添ってもらうことができました。

その時、不思議と気持ちが楽になり、
生きることの希望を失いかけていた私の人生に、
一寸の光が差し込むのを感じたのです。

「SIFS」の“エクササイズ”、“メールサポート”を通して、
「感情解放」や、「寄り添われること」で起こる“癒やし”を
実際、あなたも体験することができます。

No.19
プロの催眠療法士が「SIFS」を“体系化”

“催眠療法”は、「相手を暗示が受けやすい催眠状態に誘導し、
無意識に働きかけながら、問題の解決を目指す療法」です。

催眠療法は、古代エジプト時代からの歴史があり、
“深層心理学”を起源としています。

包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放されるために、
私が現場で磨き続けてきた催眠療法の知識や技術も、
「SIFS」には余すことなく、取り入れています。

No.20
心療内科、泌尿器科を受診中 or 受診予定がある場合

心療内科や泌尿器科は、“即効性”に優れているため、
“緊急時”には、早めの受診を考える必要があります。

「SIFS」は、“自然療法”を中心としているため、
心療内科や泌尿器科を受診しながら、
ご参加いただいくことも可能です。

病院、薬、再手術のことなど、何か気になることがあれば、
この手紙に記載されている「問い合わせフォーム」より、
お気軽にご連絡ください。

No.21
4週間が経過しても、全く変化を実感できなかった場合

万が一、そのようなケースが起きた時のために、
「アドバイス保証」をご用意しています。

簡単に、実践内容や結果を確認した上で、
改善点や、今後の取り組み方について、
誠心誠意、「アドバイス保証」でご対応させていただきます。

「アドバイス保証」の詳細については、
後ほど、この手紙でご案内します。

No.22
“個人情報”の保護と、万全のセキュリティー対策

「問い合わせフォーム」、「エクササイズ回答提出フォーム」など、
全てのフォーム内容は、“暗号化”された状態で送信されます。

また、私は自分のパソコンやメールソフトに対し、
万全の“セキュリティ対策”をしています。

参加者さまの個人情報は、しっかり守られていますので、
ご安心ください。

No.23
メンバーサイトは、パソコンとスマートフォンに対応済み

メンバーサイトには、パソコン、スマートフォンのどちらからも
ログイン可能です。

また、メンバーサイトの表示は、それぞれのデバイスに最適化されています。

いつでも、どこからでもログインできるため、
あなたのライフスタイルに合わせ、自由に取り組んでいきましょう。

No.24
フォローアップメールで、参加者さまを応援

「SIFS」の参加日から、約5週間、2日に1回の配信ペースで、
“フォロアップメール”をお届けします。

下記の3点を特に意識し、フォロアップメールは構成されています。

  • (1)モチベーション維持&アップ
  • (2)リマインド(エクササイズや、提出期限など)
  • (3)バックアップ(応援)

No.25
参加者さま限定の“ニュースレター”をお届け

エクササイズ(4週間)の提出が終わった後も、
さらなる自分の成長や、症状の改善を目指していくことができます。

4週間後も、そのような意識を持った参加者さまを
“全力”で応援していきたいと考えています。

ニュースレターでは、参加者さまへの“応援メッセージ”や、
「SIFS」に関する“最新情報”などを配信予定です。

No.26
“QandA”形式で、よくある質問の回答を公開

メンバーサイトでは、「よくある質問の回答」を
調べることができます。

今後も定期的に、新しい「QandA」を追加予定です。

なお、「QandA」では、個人情報が特定されることは、
一切、記載されません。(プライバシー保護を遵守)

No.27
参加者さま“専用”の「メールサポートフォーム」

メンバーサイトに、参加者さま“専用”の「メールサポートフォーム」を
ご用意しています。

「SIFS」の運営と、メールサポートの“安定化”を目的とし、
サポート期間は、「SIFS」の参加日(決済完了日)から30日間、
利用回数は、“3回”までとなります。

「SIFS」への参加後、質問や要望などありましたら、
お気軽にご連絡ください。

No.28
参加後の問い合わせ、提出したエクササイズに対し、
“個別メール”でご対応

「SIFS」参加特典の一つ(メールサポート3回利用券)」を使い、
私からのメール返信を受け取ることができます。

「問い合わせフォーム」、「エクササイズ回答提出フォーム」に、
「返信希望あり・なし」のチェック欄をご用意しています。

「返信希望あり」にチェックが入っていた場合、
心を込めて、ご返信させていただきます。

No.29
「SIFS」のアップデートは“無償提供”

今後、参加者さまからのフィードバック(質問、要望など)を基に、
「SIFS」をアップデート予定です。

アップデートを行った際は、メンバーサイトやニュースレターで、
参加者さまにご連絡します。

私は参加者さまとの協働で、「SIFS」の内容を
より良い形に育てていけることを心から望んでいます。

No.30
“ナチュラルペニス”(手術前の包皮がある状態)を
取り戻すことをご希望の場合

「SIFS」では、「包皮再生とは何か」、「包皮再生の種類」、
「包皮再生器具のメリット・デメリット」などもお伝えします。

包皮再生と「SIFS」の“相乗効果”により、
感度低下、機能障害、後遺症の
“さらなる”改善を目指していくこともできます。

“相乗効果”とは、「2つ以上の要素が合わさることで、
単体で得られる以上の結果をあげること」ことです。


以上、「SIFS」の特徴や、内容の一部のご紹介でした。


包茎手術を受けた後、包皮再生を希望するかどうかは、人それぞれです

私のように、包皮再生を望む方もいれば、望まない方もいます。


元々、包皮再生は含めずに、
「包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
術後の感度低下、機能障害、後遺症を改善できる」ように、
「SIFS」は“体系化”されています。


その点、ご安心ください。


参加者さまからのフィードバック(質問・要望)を基に、
今後も、私は「SIFS」の“価値”を高め続けていきます。



ここまで、この手紙を読み進めてきた中で、
あなたは「SIFS」への参加について、
少しずつ、興味を持たれているかもしれません。


次は、「SIFS」の“価値”についてお話します。

「SIFS」の参加者さまは
下記“全て”の提供コンテンツを
受け取ることができます



“価値”は、「自分にとって、どれくらい大切か・役立つか」という程度です。


ではさっそく、「SIFS」の提供コンテンツについて、ご説明します。

提供コンテンツ 提供価値
「SIFS」(オンラインプログラム) 「30の特徴(内容の一部)」参照
メンバーサイト(参加者さま専用) 無償アップデート
(コンテンツの質と量の向上)
参加特典 後ほど、詳細をご案内


「SIFS」は参加者さまからのフィードバックを基に、
今後、コンテンツの内容は、“アップデート”されていきます。

つまり、「SIFS」の価値は、時間の経過とともに
高まり続けていくことを意味します。



次に、「SIFS」参加の価値を考える上で、
あなたに知っておいていだきたい“考え方”をお伝えします。

「SIFS」への参加を
消費ではなく
“自己資産”に
変えることができます



“消費”と“資産”は、それぞれの性質に、ハッキリとした違いがあります。

性質 一例
消費 一度使うと、なくなるもの。 ・外食
資産 消費後も、人生に“さらなる”
豊かさ(利益)をもたらす
可能性があるもの。
・自分への投資


例えば、あなたがどこかで、外食したとしましょう。

注文した料理を食べ終わった後、当たり前のことですが、
お皿は“空っぽ”になります。


外食のように、“消費”には「一度使うとなくなる」という性質があります。


次は、“資産”の例です。

あなたが、“A”というスキルを習得するために、
“B”というプログラムに参加したとします。


スキルの習得後、そのスキルを仕事や人生に活かしていきます。

その結果、そのスキルは、あなたにとっての“自己資産”となり、
経済面、精神面、肉体面で、あなたに“豊かさ”を与え続けてくれます。



ここで“一つ”、注意点があります。

それは、たとえ“B”というプログラムに参加したとしても、
“A”というスキルを取得し、それを活かすことがなければ、
単なる“消費”に終わってしまうことです。


つまり、「SIFS」に参加したとしても、
「4週間、最後までしっかり継続しなければ、“自己資産”にならない」
ということです。



私は、一人ひとりの参加者さまが、“本気”で「SIFS」をやり遂げ、
それぞれの希望や目的に応じて、次の両方、またはどちらかの
目標を達成いただくことを強く望んでいます。


そのため、「SIFS」では、“やる気”、“実践”、“継続”の3つを
維持していくための“システム”を導入しています。


「SIFS」への参加後、上記の目標を達成することで、
経済面、精神面、肉体面で、“長期的”にあなたが、
さらなる人生の豊かさを“享受”し続けること。


参加者さまに、そのような“自己資産”を手に入れていただくため、
私も“真剣”にサポートしていきます。


では、「SIFS」の参加費を発表させていただきます。

「SIFS」の参加費を
発表します



私に、“3万円”の自己投資をお願いします。

包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
感度低下、機能障害、後遺症を“最小限”に止めながら、
“最大限”、元の状態のペニスを取り戻していくための
“オンラインプログラム”をお渡しします。


1日30分、プログラムを実践してください。

4週間後、あなたは包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
“最大限”、ペニスが元の状態に改善しているはずです。



万が一、プログラムによる変化を全く実感できなかった場合、
良い変化が表れるように、「アドバイス保証」で、
“無償対応”させていただきます。



今回の参加費について、私は次のようなことを
何日も繰り返し、自問し続けました。


そう考えると、「SIFS」のコンテンツを含めると、
本来の提供価値となる“15万円”では、
参加を諦めざるを得ないでしょう。

かといって、本来の提供価値より、
参加費を大幅に下げてしまっては、
「SIFS」の価値そのものが損なわれてしまいます。



また、「SIFS」のサービス提供は、
私にとって、アルバイト感覚ではなく、
“本職的”な位置づけ(高い“スキル”が求められる)です。


そのため、自分の生活を維持しながら、
“長期的”に、質の高いサービスを提供していくためには、
それなりの“運営費”が必要になります。


そんなジレンマ(板挟み)に陥り、私は参加費を決められずにいました。


そこで一度、私は「SIFS」誕生の“原点”に立ち戻ることを決めます。

その時、「自分と同じ体験をし、苦しんでいる人をサポートしたい」
という私の強い想いが、
「SIFS」誕生の動機となっていたことを思い出したのです。



上記の動機も考慮し、私は「SIFS」の参加費を
“3万円”に設定させていただきました。

この参加費は、本来の提供価値(15万円相当)の“1/5”です。


ここまで参加費を下げた理由は、下記の通りです。


最後まで、“真剣”に取り組んもらえる
参加者さま“のみ”にご参加いただくため、
これ以上、参加費を下げることは控えました。



なお、参加費のお支払いは、「一括払い」だけではなく、
「最大“6回”」の分割払いに対応しています。


その結果、初回のお支払いが軽減されるため、
より安心して、「SIFS」にご参加いただくことができます。


例えば、「クレジットカード(分割6回払い)」で選んだ場合、
毎月のお支払いは、“5,000円”になります。

1日単位に換算すると、約“166円”です。


コンビニ(セブンイレブン)のアイスコーヒーは、“180円”ですので、
1日、「コーヒー1杯程度」の出費です。


コーヒーは一度飲むと、カップが空になって終わりですが、
「SIFS」への投資は、“自己資産”に変えていくことができます。


つまり、一度きりの“消費”で終わりではなく、
「“長期的”に、経済面、精神面、肉体面で、
あなたの人生に豊かさをもたらしてくれる」ことを意味します。


次に、「アドバイス保証」についてお伝えします。

この保証があることで、より安心して、
「SIFS」に参加することができるでしょう。

今なら
「アドバイス保証」付きで
「SIFS」に参加できます



「SIFS」のご参加から、4週間が経った後、
万が一、全く変化を実感できなかった場合、
「アドバイス保証」で“無償対応”させていただきます。


この保証は、“個別対応”になるため、
私自身にとって、十分な時間と労力が必要になります。

そのため、お問い合わせの数や、参加者さまが増えてきた場合、
今後、「アドバイス保証」付きでの参加受付が、
難しくなってくる可能性があります。



現時点では、この保証付きでご参加いただけますので、
ご安心ください。



下記、「アドバイス保証」の詳細となります。

アドバイス保証
保証内容
4週間の実践内容を確認後、
改善点や、今後の取り組み方についてアドバイスを行う。
保証対象
4週間、1日30分、「SIFS」を実践し、
4回分の「エクササイズ回答提出フォーム」を
期限内に、全て送信しているにも関わらず、
全く変化を実感できなかった場合。
利用回数
初回の申込時に限り、1回。
メール返信回数は最大3回。
保証の申込期間
「SIFS」参加日(決済完了日)から、28日経過後〜35日までの間。
保証の申込方法
メンバーサイト内の「メールサポートフォーム」。


次に、“3つ”の「SIFS」“参加特典”について、お伝えします。


今回、「SIFS」との“相乗効果”が期待できる特典をご用意しました。

“相乗効果”とは、「2つ以上の要素が合わさることで、
単体で得られる以上の結果をあげること」ことです。

“3つ”の
参加特典を
お渡しします



「SIFS」参加に対する感謝と応援の気持ち、
そして、さらなる変化アップを目的とし、
「3つの特典」をご用意しました。

「アドバイス保証」と同様の理由により、
「特典3(メールサポート)」は、
今後、提供を終了させていただく可能性があります。



現時点では、「全ての参加特典付き(特典1〜3)でご参加」
いただけますので、ご安心ください。


特典1
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態を改善する
“漢方薬”の賢い使い方(PDFレポート)
私自身、精神的に極めて不安定な状態の中、この漢方薬を飲むことで、
“さらに”安定した気持ちを取り戻していきました。

この漢方薬の名前、賢い使用法、注意点などをお伝えします。

さらに、市販で購入するより安く、この漢方薬を入手する方法も
知ることができます。

特典2
感度低下、後遺症、機能障害を改善する
“オールインワン”漢方薬(PDFレポート)
“オールインワン”とは、
「複数の必要な要素(成分)を“ひとつ”にしたもの」です。

良質な血液がペニスに巡りやすくなるため、
感度、堅さ、勃起力のアップも期待できます。

さらに、この漢方薬を良心的な価格で入手できる場所(サイト)も
お伝えします。

特典3
メールサポート利用券(3回分)
「SIFS」の参加(決済)日から30日間、
メールサポートを利用できるチケットです。

通常、私はメールカウンセリングを
“有料”でご提供しています。

「特典3」を利用することで、“有料レベル”の
メールサポートを受けることができます。


この後、「SIFS」の“参加手順”をご案内していきます。


その前に一つ、今回「SIFS」に参加できない人について、
お伝えします。



私は、“本気”で「SIFS」を実践するという“決断”ができた人にだけ、
このプログラムに参加していただけることを強く願っています。


なぜなら、既にお話したことになりますが、
「SIFS」への投資は、“消費”で終わることになるからです。


本来、「SIFS」への参加費は、プログラムの目標を達成し、
「経済的、精神的、肉体的に、より豊かな人生を実現していくため」の
“自己資産”に変わるべきです。



では、「SIFS」への参加をお控えいただきたい方をお伝えします。

「SIFS」に
参加できない人がいます



「SIFS」は、包茎手術を受けた方を1番の“参加対象”としています。


その他のペニスの手術や施術であっても、
「SIFS」が設定している下記の両方、
または、いずれかの目標達成を希望する方は、
「SIFS」の“参加対象”とさせていただきます。

【その他の手術(一例)】


【「SIFS」の設定目標】


次に該当する場合、「SIFS」へのご参加はご遠慮ください。


その理由は、「エクササイズを実践していくことで、
「SIFS」の目標達成を目指していくことなるからです。


目標達成のために、「SIFS」では4週間、
1日30分の実践を“推奨”しています。


一度に、30分をまとめて確保するのが難しい場合、
「10分×3回」のように、複数回に分け、
集中して取り組んでいただくことも可能です。


次の“全て”に該当する場合、
「SIFS」は、そんなあなたのためにご用意したプログラムです。



上記に当てはまる場合、
安心して、次の「参加手順」にお進みください。

「SIFS」の参加手順を
お伝えします



簡単な“6ステップ”で、「SIFS」への参加申込を完了できます。

手順1
最後の手順まで読み終わった後、
『「SIFS」への参加はコチラ』と書かれた“赤いボタン”を押します。

※この先に、赤いボタンをご用意しています。

手順2
画面の指示に従い、「申込フォーム」に記入し、注文を完了します。

手順3
注文の完了後、ASP(インフォトップ)から
送られてくる「注文完了のメール」を確認します。

※「SIFS」は、ASPに商品登録しているため、
ASPを通してのお申し込みとなります。

※上記のメール本文には、「銀行振込」、「コンビニ決済」をご選択の場合、
「お支払い方法の手順」などが記載されています。

※スマートフォンで、“PCメールアドレス”からの送信メールを
「受信拒否」に設定している場合、ASPから送られてくるメールが
受信できません。

※念のため、PCメールアドレスの受信設定を確認し、
メールアドレスの「ドメイン受信設定」で、
下記ドメインの追加をお願いします。

メールアドレスの「@」から後ろの部分を「ドメイン」と呼びます。

【インフォトップのドメイン】 infotop.jp

手順4
インフォトップ購入者の「マイページ」にログインし、
「はじめにこちらをお読みください(PDFレポート)」を
ダウンロードします。

手順5
上記PDFレポートを開き、「メンバーサイト登録申請フォーム」を送信します。

手順6
メンバーサイトにログインし、「SIFS」の実践を開始します。

※包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
人生の希望を取り戻すための“第一歩”がスタートします。

※感度低下、機能障害、後遺症を最小限に止めながら、
最大限、元のペニスの状態を取り戻していきましょう。

※手術を受けたことを自分の成長や、
さらに豊かな人生の実現に、変えていくことができます。


以上で、「申込手順」の説明は終わりです。


何かわからないことがありましたら、
下記の「問い合わせフォーム」より、お気軽にご連絡ください。


メールお問い合わせ 電話お問い合わせ


問い合わせ内容やプライバシーは、
厳重に守られています。
当サイトに関する質問などありましたら、
お気軽にご連絡ください。

受付担当
前川(マエカワ)


この手紙も残すところ、もう少しとなりました。

この先も、あなたに向けた“重要”なメッセージとなりますので、
このまま最後まで、お読みいただけたら嬉しいです。


次は、「自分を“信じること”」に関するメッセージです。

あなたは
自分を信じることを
選択できます



“信じること”について、私の好きな言葉があります。

“Whether you believe you can do a thing or not, you are right.”

“あなたが「できる」と思えばできる。
「できない」と思えばできない。
どちらにしても、あなたが思ったことは正しい。”


フォード・モーター創業者
ヘンリー・フォード


どちらを選んでも、それがあなたにとっての
“正解”だとしたら・・・


「4週間、私はプログラムを最後までやり遂げ、
望んでいる変化を手に入れられる!」

ここまで“真剣”に、この手紙を読んでくれたあなたなら、
「自分を“信じること”」を選択できると、私は信じています。



もしかすると、「SIFS」へ参加するかどうか、
まだ、あなたは迷っているかもしれません。

そんな時は、あなたの“直感”を信じてみましょう。


“直感”とは、「感覚的に物事をとらえること」です。


アップル創業者 スティーブ・ジョブズは、
自分の“直感”や“気持ち”を信じる勇気を持っていました。


その結果、彼の死後もなお、世界中で愛され続けている
アップル製品を生み出すことができたのです。


私自身、この手紙をあなたに書くかどうか、
迷っていた時期がありました。

なぜなら、27年間、自分一人で抱え続けてきた
“包茎コンプレックス”を告白することになるからです。


必死に、隠し続けていたことでしたので、
それを自己開示することは、
私にとって、決して簡単なことではありませんでした。



そんな中、私は他の人にどう思われるかより、
「私と同じ体験をし、一人で苦しんでいる仲間をサポートしたい」
という自分の“直感”を信じました。


そのおかげで、「SIFS」を通して、
包茎手術の負傷者をサポートすることができています。


もし、私が自分の“直感”を信じることを選ばなければ、
私が“包茎コンプレックス”を抱えていたことは、
誰にも、知られることはなかったでしょう。

しかし、「自分と同じ体験で苦しんでいる人を助けられなかった」
という“後悔”を一生、私は抱え続けていたかもしれません。



「SIFS」への参加、不参加を決められない時は、
あなたの“直感”を信じてみてください。


その結果、私の時と同じように、
あなたの“心の声”が、ベストな選択肢に
導いてくれることを私は信じています。

前川(マエカワ)




※現時点で、メンバーサイトは78ページあります。
今後のバージョンアップで、ページ数は増える予定です。

※「SIFS」の実践結果には個人差があり、
このプログラムは、全ての方に効果を保証するものではありません。

※包皮再生の実践や、器具の注文代行をご希望の参加者さま向けに、
「プレミアム・オプションサービス」をご用意しています。
このサービスは、自分の希望や目的に合わせ、
自由に選択可能な有料サービスになります。


最後に、あなたへの“追伸”が3つあります。

どの追伸も、ここまで、この手紙を読んでいただいた
“あなた”への大切なメッセージです。


【追伸1】
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
感度低下、機能障害、後遺症を“最小限”に止めながら、
“最大限”、元のペニスの状態を取り戻していくための
“オンラインプログラム”をお渡しします。


1日30分、プログラムを実践してください。

4週間後、あなたは包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
“最大限”、ペニスが元の状態に改善しているはずです。


万が一、プログラムによる変化を全く実感できなかった場合、
良い変化が表れるように、「アドバイス保証」で、
“無償対応”させていただきます。


あなたは参加費(3万円)の自己投資で、
下記“全て”の提供コンテンツを受け取ることができます。


提供コンテンツ 提供価値
「SIFS」のコンテンツ 「30の特徴(内容の一部)」参照
メンバーサイト(参加者さま専用) 無償アップデート
(コンテンツの質と量の向上)
参加特典 PDFレポート2種類、
メールサポート利用券(3回)


「SIFS」は参加者さまからのフィードバックを基に、
今後、コンテンツの内容は、アップデートされていきます。

そのため、時間の経過とともに、
「SIFS」の価値は高まり続けていくことになります。


【追伸2】
「SIFS」を最後までやり遂げたことへの“ボーナス”として、
「4週間分のエクササイズ提出者さま」には、
下記の「コンプリート特典(PDFレポート)」をプレゼントします。


ここでの“コンプリート”とは、
「4週間分のエクササイズ提出という目標を完全に達成していること」です。


4週間分のエクササイズ提出
コンプリート特典(PDFレポート)

この特典では、「包皮再生の利点・欠点」について学ぶことができます。

包皮再生のメリットとリスクをしっかり理解しておくことで、
包茎手術の時のように後悔することなく、
自分の納得がいく選択ができるようになります。


包皮再生と「SIFS」の“相乗効果”により、
感度低下、機能障害、後遺症の
“さらなる”改善を目指していくこともできます。

“相乗効果”とは、「2つ以上の要素が合わさることで、
単体で得られる以上の結果をあげること」ことです。


【相乗効果が期待できること(一例)】

  • 亀頭裏側のシコリ(腫れ)の改善
  • 縫合部の傷跡、痒み、痛みの改善
  • 機能障害(射精、勃起、中折れ)の改善


包茎手術を受けた後、包皮再生を希望するかどうかは、人それぞれです。

私のように、包皮再生を望む方もいれば、望まない方もいます。


元々、包皮再生は含めずに、
「包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
術後の感度低下、機能障害、後遺症を改善できる」ように、
「SIFS」は“体系化”されています。


その点、ご安心ください。




※現時点で、メンバーサイトは78ページあります。
今後のバージョンアップで、ページ数は増える予定です。

※「SIFS」の実践結果には個人差があり、
このプログラムは、全ての方に効果を保証するものではありません。

※包皮再生の実践や、器具の注文代行をご希望の参加者さま向けに、
「プレミアム・オプションサービス」をご用意しています。
このサービスは、自分の希望や目的に合わせ、
自由に選択可能な有料サービスになります。


【追伸3】
「SIFS」に参加することで、4週間後、
あなたの人生は、次のように変化している可能性があります。


【「SIFS」参加の利点】


さらに、包茎手術を受けた体験を
自分の成長に変えていくこともできます。

つまり、「SIFS」への自己投資は、経済的、精神的、肉体的に、
より豊かな人生を与え続けてくれる“自己資産”に、
変えられることを意味します。



逆に、「SIFS」への参加を見送ることで、
あなたは次のような“損失”を抱えながら、
この先もずっと、生きていくことになるかもしれません。


【「SIFS」不参加による損失】


さらに悪い状況では、次のような苦しみも、起こってくる場合があります。


今後、問い合わせの数や、参加者さまが増えてきた場合、
「アドバイス保証」と「参加特典3(メールサポート)」は、
提供を終了させていただく可能性があります。


その理由は、私一人で問い合わせや、メールサポートの対応をしており、
時間的、労力的に限界があるからです。


上記の保証や、参加特典の提供を終了した場合、
「SIFS」への申込数は、減ることになるかもしれません。

例え、そうであったとしても、
私は「参加者さま(保証や参加特典付き)」に対し、
質の高いサポートを維持することを“優先”します。


『チャンスの女神に、後ろ髪はない』という言葉があります。

今、あなたの目の前に現れているその女神は、
明日には、あなたの前を通り過ぎているかもしれません。


その結果、時間の経過とともに、
次の“2つ”のチャンスを逃してしまう可能性があります。



ある日突然、私(前川)が不慮の事故に見舞われ、
「SIFS」の参加受付を停止しなければならない可能性も、
決して“0”ではありません。



「明日でも、今日と同じ条件で参加できるだろう」という考え方は、
下記のような“危険”を秘めています。


もし、少しでも「SIFS」への参加希望がある場合、
“今”、この場で決断いただきたいというのが、
私の心からの想いです。

なぜなら、このような「先延ばしのリスク」を回避し、
同時に、「アドバイス保証」、「参加特典3(メールサポート)」付きで、
「SIFS」に参加する“チャンス”だからです。



以前私は、あるプログラムへの参加を考えていましたが、
どうしても、その場で決断できなかった体験をしています。

ですので、あなたが「SIFS」参加、不参加のどちらを選択しても、
私はその選択を尊重します。


あなたがどちらを選んだ場合でも、同じ手術の体験者として・・・

「手術で受けた精神的、機能的な負傷を改善し、
人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻してほしい」
という私の気持ちに、少しも変わりはありません。



あなたの選択が、今のあなたと私にとって、
“ベスト”な道であることを信じます。


最後にもう一度、私が大切にしている
“信じること”のメッセージをお伝えします。

“Whether you believe you can do a thing or not, you are right.”

“あなたが「できる」と思えばできる。
「できない」と思えばできない。
どちらにしても、あなたが思ったことは正しい。”


フォード・モーター創業者
ヘンリー・フォード


自分を信じること。

自分を信じないこと。


どちらを選んでも、それがあなたにとっての
“正解”だとしたら・・・

「私なら、4週間のプログラムを最後までやり遂げ、
自分が望んでいる変化を手に入れられる!」


このように、あなたが「自分を信じること」を
選択できることを私は心から願っています。



私からあなたへの“追伸”は、以上となります。


長文に関わらず、あなたの貴重な時間を割き、
ここまでこの手紙を読んでいただいたことに、
深く感謝しています。




※現時点で、メンバーサイトは78ページあります。
今後のバージョンアップで、ページ数は増える予定です。

※「SIFS」の実践結果には個人差があり、
このプログラムは、全ての方に効果を保証するものではありません。

※包皮再生の実践や、器具の注文代行をご希望の参加者さま向けに、
「プレミアム・オプションサービス」をご用意しています。
このサービスは、自分の希望や目的に合わせ、
自由に選択可能な有料サービスになります。

前川の
プロフィール



インフォトップ教材ランキング(激戦区の“自己啓発”部門)で、
“1位”獲得の米国催眠療法協会認定 催眠療法士。

自著の“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)は、
“Amazon”売れ筋ランキングで“1位”取得(カテゴリー医学・薬学)


2018年5月、30代最後の歳に、長年、無意識レベルで
抱えていた包茎コンプレックスを解消するため、手術を受ける。

その後、包茎手術は意図的に作られた産業で、
「実は包茎が普通だった(手術は必要なかった)」ことを知り、
絶望、後悔、うつ状態を経験する。


極めて不安定な精神状態の中、周囲の存在やサポート、
失われた包皮の再生方法などにより、
少しずつ、人生に希望を取り戻す。


包皮再生の先進国に住んでいる米国人から、
包皮再生や、器具の使い方を学び、
2018年6月から、包皮再生を開始。

約1年の包皮再生を得て、ナチュラルペニスを取り戻し、
「感度とスライド機能の回復」、「機能障害、後遺症の改善」、
「後悔、絶望感、うつ状態からの解放」に成功する。


2019年、1日30分で、
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、
感度低下、後遺症、機能障害を最小限に止めながら、
最大限、ペニスを元の状態に戻していくためのプログラムを開発。


現在、包茎手術による一人でも多くの負傷者が、
人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻せるように、
「SIFS」の参加者を全力でサポートしている。

前川の
ミッション


包茎手術による一人でも多くの負傷者が、
人生の希望と、元の状態のペニスを
取り戻していくことをサポートする。

無料相談のご案内

最後のページまでこの手紙を読んでいただいても、
「SIFS」に関する疑問・不安が残っており、
参加について、決められずにいるかもしれません。

そのようなあなたのために、「メール無料相談」をご用意してしました。

■申込・利用方法

下記の「メール問い合わせフォーム」より、相談内容を記入の上、
送信をお願いします。

■無料相談の目的

・「SIFS」に関する疑問・不安などをスッキリ解消いただくこと。

「SIFS」に参加について、私はあなたが自分で納得でき、
安心して決めていただけることを望んでいます。

その理由は、「参加前のイメージと違う」といったことで、
参加後に、後悔だけはしてほしくないからです。


どんなに小さなことでも構いませんので、
疑問や不安などありましたら、
まずは一度、お気軽にご連絡ください。




メールお問い合わせ 電話お問い合わせ


問い合わせ内容やプライバシーは、
厳重に守られています。
当サイトに関する質問などありましたら、
お気軽にご連絡ください。

受付担当
前川(マエカワ)







※現時点で、メンバーサイトは78ページあります。
今後のバージョンアップで、ページ数は増える予定です。

※「SIFS」の実践結果には個人差があり、
このプログラムは、全ての方に効果を保証するものではありません。

※包皮再生の実践や、器具の注文代行をご希望の参加者さま向けに、
「プレミアム・オプションサービス」をご用意しています。
このサービスは、自分の希望や目的に合わせ、
自由に選択可能な有料サービスになります。