カテゴリー:包茎手術(機能障害)

  1. ペニスに自信を持つために受けるはずの包茎手術ですが、そのせいで“膣内射精障害”になってしまうことがあります。 不運にして、”膣内射精障害”を抱えてしまった時、一体何をすれば良いのでしょうか。 &nbs…

  2. 傷ついた男性の急所は、脳にもダメージを与え、勃起不全(ED)にもなることも。 包茎手術のダメージでも、勃起不全(ED)は起きます。 今回は、そんな悲惨な状態を救済しようというお話しです…

  3. 私は今、感動しています。 ある男性が、病院の魔の手にかかり、包茎手術で失敗したのですが、なんと自力で回復したのです。 医学系ライターのヒロと言います。 …

RETURN TOP

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。