の記事一覧

  1. “亀頭直下埋没法”により、切除された“内板”を再生させるための方法があります。 「包茎は恥ずかしい」という印象操作により、包茎手術で内板を失うケースが後を絶ちません。 その結果、勃起障…

  2. ペニスに自信を持つために受けるはずの包茎手術ですが、そのせいで“膣内射精障害”になってしまうことがあります。 不運にして、”膣内射精障害”を抱えてしまった時、一体何をすれば良いのでしょうか。 &nbs…

  3. えっ!包茎手術は知っていても、“内板再建術”は聞いたことがない… 感度低下と関係のある”内板”ですよ。 医学系ライターのヒロです。 特に、精神医学、東洋医学、自然治療…

  4. 先日、私が“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)を読んだ時、その内容、著者自身のこと、サポートの内容などについて、興味が沸きました。 そこで直接お呼び出し、前川さんに取材してきました! …

  5. ペニスの包皮を切る手術があれば、切られた包皮を取り戻す手術もあります。 “包皮再生”手術は、日本ではあまり知られていませんが、どのような利点やリスクがあるのでしょうか。 …

  6. このタイトルが目に止った“アナタ”。 大事な部分で悩んでいませんか? 男性の「大事な部分」が機能しないと、「人生が終わった」と落ち込みますよね。 大丈…

  7. 傷ついた男性の急所は、脳にもダメージを与え、勃起不全(ED)にもなることも。 包茎手術のダメージでも、勃起不全(ED)は起きます。 今回は、そんな悲惨な状態を救済しようというお話しです…

  8. 私の愛猫が永眠してから、2019年8月28日で、1年目になります。 愛猫がいなくなって初めて、私はその存在の大きさに気づきました。 ただ、その子がそこにいてくれただけで…

  9. 誰にも恥ずかしくて言えない、包茎手術の後遺症。 その解決策を紹介します。 医学系ライターのヒロと言います。 特に、精神医学、東洋医学、自然治療を得意と…

  10. 私は今、感動しています。 ある男性が、病院の魔の手にかかり、包茎手術で失敗したのですが、なんと自力で回復したのです。 医学系ライターのヒロと言います。 …

RETURN TOP

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。