【術式別】長茎術による後遺症、原因、改善法

この記事は7分で読めます

 

長茎術を受けた後、何らかの後遺症を抱えていませんか?

 

 

誰にも相談できない長茎術「その後」の悩み。

 

探しても後遺症の改善方法が見つからない・・・。

 

 

でも、ついに出会えましたネ!

 

 

最後までしっかり読んでいただくと、後遺症と改善法に対する理解が深まり、より安心して、回復を目指していくことができます。

 

ぜひ5分だけお付き合いください。

 

 

医学系ライターのヒロです。

 

特に美容整形、再生医療、精神学の分野を得意とし、わかりやすく伝えられるのが強みです。

 

 

さて、今回あなたの悩みを解決する情報の中身はコチラ。

 


【目次】
1 “後遺症”とは
2 長茎術の後遺症が生じる原因
2-1 切らない長茎術の場合
2-2 切る長茎術の場合
3 Bさんの症例
4 長茎術の後遺症
4-1 傷痕
4-2 感染症
4-3 勃起障害(ED)
5 後遺症の改善法
5-1 再手術
5-2 投薬
5-3 再生医療
5-4 自然療法
6 今日から始められること


 

では早速、改善に向かってスタートしましょう。

 

 

1 “後遺症”とは


そもそも、今の状態が術後の後遺症なのかさえ、分っていないかもしれませんね。

 

まずは、基本を押さえておきましょう。

 

 

<長茎術の後遺症(一例)>

・勃起不全(ED)
・見た目、不自然な形
・性感の低下
・痛みや違和感
・出血、腸管損傷
・下腹部のボコボコ

 

 

心当たりありますか。

 

このような症状があるなら、自分自身のために、今すぐ知識・情報を吸収してください。

 

 

2 長茎術の後遺症が生じる原因


【2-1 切らない長茎術の場合】

施術方法は、主に2つです。

 

 

<方法1>

ペニスの根元にある靭帯と、その下腹部の皮膚を縛り、常に長く”見せる”方法。

 

これによる後遺症は、違和感や痛みです。

 

 

ペニスを出すというより、無理やり”糸”で縛って、お腹をへこましただけなので、違和感があります。

 

また、縛ることでの痛みも発生します。

 

 

<方法2>

脂肪吸引法と呼ばれるもので、ペニスの根元の下腹部の脂肪を吸引し、下腹部をへこませ、ペニスを長く見せる方法です。

 

 

無理やり、靭帯を縛るわけではないので、痛みや違和感は縛るより少なくなります。

 

ただ、脂肪を吸引する際に周りの血管も傷ついてしまうため、出血します。

 

 

腸を傷つけてしまうこともあります。

 

その場合、開腹手術により、腸そのものの修復が必要です。

 

 

また、脂肪の吸引は、キッチリ均一にすることが非常に難しいため、下腹部がボコボコになります。

 

 

【2-2 切る長茎術の場合】

ペニス(海綿体)は、靭帯によって骨と繋がっています。

 

医学的には深い部分の「陰茎提靭帯(インケイテイジンタイ)と、浅い部分の「陰茎ワナ靭帯」の2種あります。

 

 

長くするため、一旦この靭帯を切除し、ペニスを前方に引っ張り出します。

 

 

後遺症は「痛み、違和感」、「勃起不全」です。

 

 

常に、ペニスが思いっきり引っ張られているので、違和感や、痛みを感じるのは当然ですよね。

 

元々、ペニスを支えていた靭帯を切除すると、ペニスは支えを失うため、勃起障害の原因となります。

 

 

ここで、ある事例を紹介しますね。

 

 

3 Bさんの症例


Bさんは、長年ペニスのコンプレックスと、軽い勃起障害(ED)という悩みを抱え、苦しんでいました。

 

悩んだ末、思い切ってネット検索で見つけたあるクリニックに、相談に行きました。

 

 

クリニックでは、長茎術でペニスを大きくし引っ張り出すことで、勃起障害(ED)も改善できると説明があり、それならと手術に同意しました。

 

しかし術後、勃起障害がさらにひどくなり、挿入どころか、ダランとしたフニャフニャの状態。

 

 

ペニスの悩みは絶望感に代わり、うつ状態に陥ったのです。

 

また、感染症による“恥骨骨髄炎”も発症し、痛みで歩行困難な状態になってしまいました。

 

 

ちなみに骨髄炎は、細菌が骨組織に到達し、増殖することで発症します。

 

クリニックへ何度も消毒に通いましたが、事態は悪化の一途を辿り、思い余って、一般の泌尿器科を受診しました。

 

 

そこでは、恥骨骨髄炎に専念した治療のため、抗生物質を飲むことで、炎症はなんとか完治しました。

 

しかしその時点で、後遺症が完治したわけではありません。

 

 

ここで、長茎術の後遺症をまとめておきます。

 

 

4 長茎術の後遺症


ここでは、主な4つの後遺症をご説明します。

 

 

【4-1 傷痕】

主に靭帯を切る方法で多く発生しています。

 

切る方法では、陰茎の根元を5cm程度切開します。

 

 

下腹部(皮膚が厚い)とペニス(皮膚が薄い)を切るため、縫合技術が悪いと段差になりやすく、ケロイドになります。

 

 

<“ケロイド”とは>

怪我が治っていく際、皮膚周辺が過剰増殖する病変で、“蟹足腫”(カイソクシュ)とも呼ばれる。

 

傷痕がしばしば、カニの足のような形になることに由来。

 

 

また、注意するのは、吸収糸(溶ける糸)で縫合する場合です。

 

 

こんな事例も!

 

実際、1か月も経たないうちに、糸はボロボロ剥がれ落ち、最終的にはなくなっていきました。

 

 

術後、傷跡が気になり、吸収糸について調べたところ、次のようなデメリットを知ることになります。

 

・炎症しやすく、傷がキレイに治らないことがある。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-1

 

 

吸収糸(溶ける糸)と言いますが、溶けるというより、ボロボロ剥がれ落ちる感覚が正しいでしょう。

 

つまり、糸の吸収が不完全で、ボロボロはがれる状態になる。

 

 

すると、炎症を起こしたり、傷跡が残るのです。

 

 

【4-2 感染症】

先ほどのBさんの症例にもありましたが、感染症として主に、恥骨骨髄炎のリスクがあります。

 

恥骨につながる靭帯を切る、または縛るため、処置が不十分な場合、炎症を起こすのです。

 

 

【4-3 勃起障害(ED)】

これは、原因の項でも話しましたが、靭帯切除によるものが多く報告されています。

 

それ以外にも、勃起の際、違和感や痛みが増大し、精神的なダメージも大きくなると言えます。

 

 

5 後遺症の改善法


さて、いくつかの後遺症を見てきましたが、あなたは今、後悔していませんか?

 

 

「こんなことなら、長茎術なんてしなければ良かった」と。

 

 

しかし、冷静に考えてください。

 

治療の前に、しっかりリスクの説明があったでしょうか?

 

 

なければ、あなたに責任はありません。

 

 

大丈夫です。

 

原因がわかれば、改善方法はあります。

 

 

一つずつ具体的に見ていきましょう。

 

 

【5-1 再手術】


主にクリニックで陰茎提靭帯を切る方法により、ペニスが垂れたままの場合に有効です。

 

 

しかし、行うのは美容クリニックではなく、泌尿器科で熟練の医師による手術が原則です。

 

再手術には、高度な技術と知識が必要なんです。

 

 

そもそも、元の治療で痛みを経験したので、再手術には、かなりの抵抗があることでしょう。

 

 

今、あなたが切羽詰まった状態なら、このサイトの「問い合わせフォーム」より、前川さんに相談することもおすすめです。

 

彼ならあなたの立場に自分を置き、あなたに合った方法を一緒に考えてくれるでしょう。

 

 

【5-2 投薬】

投薬により改善できる後遺症は、痛みと感染症。

 

また、勃起障害(ED)にも一部効果があります。

 

 

勃起障害(ED)とは、神経と血管のどちらか、または両方が正常に働かず、陰茎海綿体(ペニス)に、十分な血液が流れ込まないために起こります。

 

 

血液の流れが悪い場合に、ED改善薬は有効ですが、精神的なダメージの場合、投薬での改善は期待できません。

 

 

【5-3 再生医療】

靭帯損傷の場合、近年注目されているのが“PRP療法”というものがあります。

 

“PRP療法”は、多血小板血漿(タケッショウバンケッショウ)とも呼ばれています。

 

 

血小板を高濃度に含んだ血漿のことで、損傷した組織に注射することで、人体の自然治癒の過程を活性化させ、治癒・再生速度を上げます。

 

 

クリニックの場合、切除した靭帯が自然に、ペニスに癒着するという考えのようですが、時間がかかるため、この“PRP療法”により、治癒・再生速度を早めようというものです。

 

 

スポーツ選手の腱や、靭帯損傷などの治療には、多くの改善報告があります。

 

自分自身の血液を使うため、安全で感染症もないのですが、保険適用外のため費用が高く、陰茎提靭帯での適用事例が少ないのが、欠点です。

 

 

【5-4 自然療法】

「人間本来の自然治癒力」を後遺症改善に活用しようという考え方は、医学的には古くから利用されています。

 

ただ、長茎術や包茎手術の後遺症改善に用いるということは、皆無と言って良いでしょう。

 

 

それをこの人はやってしまった・・・。

 

私は、東洋医学、血液学、泌尿器科学などの知識を蓄えながら、ペニスの構造(仕組み)への理解を深めていきました。

 

 

4週間後、私は実践結果を確認し、まるで全身が、雷に打たれたかのような強い衝撃を受けることになるのです。

 

私は、ペニスに高品質の血液を潤沢に届けることで、感度低下、後遺症、機能障害が驚くほど改善していきました。 ”

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

前川さん自身が、自分の体を使って実践したのです。

 

 

6 今日から始められること


前川さんが実践した結果・・・

 

当初、2~3年かけ、手術前のレベルまで、私は包皮再生を進めていこうと考えていました。

 

1年の実践を終え、私は自分が満足できるレベルまで、感度とスライド機能の回復、機能障害、後遺症の改善を実感しています。 

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第8章-4

 

彼は後遺症の改善だけでなく、器具を使い、包茎手術で切り取った包皮を再生しました。

 

人間本来の自然治癒力を最大限に高めることにより、”奇跡”が起きたのです。

 

 

しかし、この奇跡はあなたも起こせます。

 

なぜなら、彼が包茎手術の後遺症を徹底的に調べ上げ、体系化したからです。

 

 

さらに、一人ひとりと向き合うコンサルタントも行っています。

 

悩みを打ち明けることは、自然治癒力を高めるために重要です。

 

 

先ほどのBさんも、前川さんによって絶望から立ち直った一人です。

 

詳しいことは、こちらにあります。

 

 

<包茎手術と包皮再生(前川 著)>
コチラ

 

 

本来なら、有料版をおすすめするのですが、この書籍は、試し読み(無料サンプル)からで大丈夫です。

 

 

今日から男の自信を取り戻し、「楽しい思い」をしましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。