【2つの術式】ペリカン変形の再手術<リスクあり>

この記事は6分で読めます

 

“ペリカン変形”の再手術は、どのような内容になるのでしょうか。

 

この記事を読み終えるころには、“ペリカン変形”の再手術に対する理解が深まり、自分にとって、より良い選択ができるようになるでしょう。

 

 

ライターのユキです。

 

特に美容整形、再生医療、メンタルケアの分野を得意とし、難しい概念をわかりやすく説明できることが強みです。

 

 


【目次】
1 ペリカン変形の再手術とは
2 再手術が必要になる場合
3 Dさんの症例
4 ペリカン変形の再手術
4-1 内容
4-2 料金
4-3 リスク
5 再手術より安全な選択肢
6 今日から始められること


 

1 ペリカン変形の再手術とは


“ペリカン変形”とは、“亀頭直下埋没法”による包茎手術の後遺症の一つです。

 

亀頭の裏側がブヨブヨに腫れあがり、横から見た時に、ペリカンのくちばしのように見えるため、この呼び名が付きました。

 

 

包皮の縫合時に生じるズレや、裏筋の未処理が原因となり、亀頭の裏側にリンパ液が溜まることで発症します。

 

また、もともとペニスが反り返った形をしている場合、特にペリカン変形を生じやすくなります。

 

 

ペリカン変形は、再手術によって治療することができます。

 

 

ただし、包茎手術の際に最もよく使われる“亀頭直下埋没法”は、ペリカン変形のリスクが特に高い手術でもあります。

 

そのため、包茎手術を受けた方が再手術を受ける理由として、特に多いものが、ペリカン変形となっているのが現状です。

 

 

2 再手術が必要になる場合


実のところ、“ペリカン変形”の再手術が必要かどうかは、すぐには判断できません。

 

というのも、症状が比較的軽ければ、自分で裏筋のマッサージを行うことで、解消できる場合があるからです。

 

 

腫れがそこまで酷くなく、ブヨブヨしている場合は、まずマッサージなどを行い様子を見ましょう。

 

 

ただし、腫れた部分が固くなってしまうと、自然に治る望みは薄くなります。

 

その場合は、手術などの措置が必要です。

 

 

3 Dさんの症例


包茎手術によって“ペリカン変形”を生じてしまうとどうなるのでしょうか。

 

ここでは、実際に“ペリカン変形”に悩むDさんの症例を見ていきましょう。

 

 

Dさんは、“亀頭直下埋没法”による包茎手術を受けました。

 

しかし術後、“ペリカン変形”を生じ、亀頭の裏側がブヨブヨに腫れてしまいました。

 

 

手術から3ヵ月経過しても改善せず、このまま放置しても自然に良くなるのか、再手術しなければならないのかと、不安に感じています。

 

現在、再手術を検討しているDさんですが、手術の内容や料金、リスクを気にしているそうです。

 

 

4 ペリカン変形の再手術


“ペリカン変形”は、再手術による治療が可能です。

 

 

ここでは、再手術の具体的な方法について紹介します。

 

 

【4-1 内容】

再手術の方法は、主に以下の2つです。

 

(1)腫れた部分を切除
(2)電気焼灼術(デンキショウシャクジュツ)

 

 

<(1)腫れた部分を切除>

ペリカン変形を修正する場合、最初の選択肢になるのが、腫れた部分を直接切除するという方法です。

 

 

ただし、この方法を採用する時、注意すべきポイントがあります。

 

それは、術後の包皮に十分な余裕が残るように計算し、切除しなければならないという点です。

 

 

前提として、ペニスの手術で包皮を切除する際は、勃起時にも問題がないようにしなければなりません。

 

通常時のペニスのサイズに合わせ、包皮をギリギリまで切ってしまうと、勃起時に包皮がつっぱってしまい、勃起障害の原因になってしまうからです。

 

 

しかし、包茎手術を受けた時、中には包皮にほとんど余裕が残らない状態で、切られてしまう場合があります。

 

元から包皮に余裕がない状態で、ペリカン変形になってしまった場合、この方法は使えないのです。

 

 

<(2)電気焼灼術>

“電気焼灼術”とは、「腫れた部分に高周波の電気メスをあてて焼灼する方法」です。

 

焼灼した部分には特殊な軟膏を塗り、皮膚の再生を促します。

 

 

この方法は、1の方法が使えず、包皮に十分な余裕が残せない患者に適用します。

 

 

【4-2 料金】

再手術と聞いて、どうしても気になるのが料金ではないでしょうか。

 

 

包茎手術も決して安くはありません。

 

包茎手術に十数万円も支払った後で、更に立て続けに手術を受けるとなると、生活費が不安になるのは当然です。

 

 

国内のとあるクリニックを例に出すと、他院の包茎手術による症状の修正手術は、約30万円で受けることができます。

 

ちなみにこのクリニックでは、修正手術に加え、長茎術なども同時にやる場合、料金が半額になるそうです。

 

 

ただし、再手術の料金はクリニックによって幅があり、中には70万円も請求するところも存在します。

 

 

もし、あなたがペリカン変形の再手術を受けると決意したのなら、法外な値段を請求してくるクリニックには、十分注意しましょう。

 

 

【4-3 リスク】

とはいえ、一度切ったペニスを更に切るわけですから、安易に飛びつくのは危険です。

 

再手術を受けるクリニックを探す前に、ぜひ、これらのリスクについて考えてみてください。

 

 

【再手術のリスク( 一例)】

・一般的に、修正手術は通常の手術方法よりも、難易度が高くなる。

 

・医師がペニスの構造や、縫合技術を熟知していないと、改善の可能性が低くなる。

 

・「ペニスにさらなる損傷を受ける」、「自分のイメージと異なる」、「納得のいく仕上がりにならない」などの可能性がある。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第4章4-3

 

 

本来は包茎手術も、難易度の高い手術です。

 

非常にデリケートな部位ですから、ペニスの構造を熟知した医師が執刀しなければなりません。

 

 

しかし、術後の後遺症を修正するための再手術は、もっと難しい手術となります。

 

 

例えば、“ペリカン変形“の再手術の場合だと、通常時のペニスに向き合いながら、勃起時のサイズも考慮しつつ、慎重にメスを入れていかなければなりません。

 

 

経験のある医者であっても難しいのが、ペニスの“修正手術”です。

 

少しのずれや技術不足で、痛みや凹凸などの更なる後遺症を生じてしまうことがあります。

 

 

包茎手術で辛い思いをしている分、さらに再手術を受けるということ自体、抵抗があるかもしれません。

 

せっかく勇気を出して再手術しても、「期待したような仕上がりにならないかもしれない」リスクに向き合うのは、あなたにとって、大きな心の負担になるはずです。

 

 

5 再手術より安全な選択肢


ただし、「放置しても治らない」、「再手術はリスクがある」といった状態では、どうやってペリカン変形を乗り越えれば良いのでしょうか。

 

その答えとしておすすめしたいのが、自然療法です。

 

 

私たちの体には、自分の傷や病気を自分で治す力が備わっています。

 

自然療法とは、そういった自然治癒力を最大化する治療法です。

 

 

最大限、ペニスを元の状態に改善するためには、身体に本来備わっている自然治癒力を引き出す必要があります。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第4章4

 

 

ペリカン変形の再手術について、前川さんに質問したところ、次のような回答を受けました。

 

・再手術については、リスクも十分理解した上で、慎重な判断が必要になる。

 

・術後から、最低でも3ヵ月間は様子を見るようにする。その後、改善していく事例もある。

 

・まずはマッサージや自然療法など、リスクの低い方法を試してほしい。

 

 

著者である前川さんは、かつて包茎手術により、深刻な機能障害を負ってしまいました。

 

ですが、自然療法などを駆使することで、見事に元のような機能を取り戻したのです。

 

 

もし再手術を検討しているなら、当サイトの「問い合わせフォーム」より、前川さんへの相談をおすすめします。

 

前川さんは、包茎手術の後遺症を抱えることが、どれほど苦しいかを身をもって知っています。

 

 

また、彼は自らの後遺症を克服した今、同じ負傷者が人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻していくためのサポート活動しています。

 

 

ただでさえ相談しづらいペニスの問題。

 

彼ならあなたの相談にも親身に乗ってくれ、納得のいく選択ができるように、背中を押してくれるでしょう。

 

 

再手術を検討中、または既に再手術を受けている場合のどちらでも、まずは気軽に相談してみましょう。

 

 

6 今日から始められること


ショッキングな形に腫れてしまう“ペリカン変形”。

 

包茎手術を通してペニスに自信を持つはずが、このような後遺症を抱えることになるとは、予想だにしなかったでしょう。

 

 

あなたはまだ、後悔や喪失感の中かもしれません。

 

自分のペニスを見るのも、辛いかもしれません。

 

 

こういう時こそ落ち着きを取り戻し、負の感情の束縛から自由になることから、全てが始まります。

 

 

<包茎手術と包皮再生(前川 著)>
コチラ

 

 

前川さんも、最初は後遺症のショックからうつ状態に苦しみました。

 

ですが、彼はその状態から、4週間程度で立ち直っています。

 

 

前川さんは、同じく後遺症に苦しむ方に役立てるため、そんな自身の経験を綴った自著を執筆しました。

 

この本には、包茎手術後のどん底から立ち直るための道筋が記されています。

 

 

本著の内容の実践により、少なくとも、“ペリカン変形”が治りやすい状態を作ることができます。

 

 

きっとあなたも、自分のペニスに自信を持てるようになる希望が見えるはずです。

 

 

販売ページでは「試し読み(無料サンプル)」の注文画面があります。

 

まずは気軽に、試し読みください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。