【2つの原因】“ペリカン変形”の修正法<3つ>

この記事は5分で読めます

 

“ペリカン変形”と検索し、このページに出会えたあなた、悩んでいませんか?

 

原因はあなたにありませんよ。

 

 

さぁ、正しい知識と行動力で、男の自信を取り戻しましょう!

 

 

この記事を読み終わる頃には、ペリカン変形の原因と修正法がわかり、安心と希望を感じていることでしょう。

 

 

医学系ライターのヒロです。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然療法の分野を得意とし、論理的にわかりやすく説明できるのが強みです。

 

 

では、ペリカン変形の悩みを解決する“最新情報”を紹介しますね。

 


<目次>
1 “ペリカン変形”とは
2 “ペリカン変形”の原因を知る意味
3 Dさんの症例
4 “ペリカン変形”の原因
4-1 切り口の長さ
4-2 包皮小帯(裏スジ)の処理
5 “ペリカン変形”の修正法
5-1 修正手術とその問題点
5-2 マッサージ
5-3 自然療法
6 今日から希望を現実するために


 

 

1 “ペリカン変形”とは


包茎手術の後遺症の一つとして、今では認知されてきました。

 

多くの人が遭遇しているため、“ペリカン変形”という言葉ができたのです。

 

 

解決策もいくつかありますので、安心してください。

 

 

簡単に言うと、「包茎手術で起こり得る腫れの一種」です。

 

ペリカンのクチバシに似た腫れが続くことから、このように呼ばれます。

 

 

ペリカン変形は、特に“亀頭直下埋没法”で起こり、”リスク”の一つと考える医者もいます。

 

 

しかし、患者に対して、事前説明しない事例がほとんどです。

 

なぜなら、それは手術の失敗を意味するからです。

 

 

2 “ペリカン変形”の原因を知る意味


包茎手術の結果、”ペリカン変形”と分かった時、多くは、絶望感、心神喪失、うつ状態など、精神的に追い込まれていきます。

 

そして、詳しく調べても「再手術」の文字にたどり着き、さらなる精神的ダメージを負うことに。

 

 

ペリカン変形の正しく原因を知ることで、その解決策も理解できるようになります。

 

また、自分の現実をしっかり見つめ直し、冷静さを取り戻すきっかけにもなるでしょう。

 

 

さて、詳しい原因をお伝えする前に、あなたと同じ悩みがあった、Dさんの症例を紹介しておきましょう。

 

 

3 Dさんの症例


Dさんは、手術跡が目立ちにくい“亀頭直下埋没法”で手術を受けました。

 

通常、術後1ヵ月もすれば、腫れは引きています。

 

しかし、Dさんはいつまで経っても腫れたままで、ペリカン変形を疑いました。

 

 

術後から3ヵ月経過後も、亀頭の裏側が腫れたままで、ブヨビヨしている状態です。

 

 

「このまま放置して自然に良くなるのか」、不安は日に日に増していきました。

 

 

では、“ペリカン変形”の原因について、しっかり理解しておきましょう。

 

 

4 “ペリカン変形”の原因


ペリカン変形の主な原因は、次の2つです。

 

 

【4-1 切り口の長さ】

“亀頭直下埋没法”という包茎手術は、包茎の原因の包皮を帯状に切除し、切り口どうしを縫合します。

 

 

実は、亀頭側と根元側の包皮で、切り口の長さが異なっているのです。

 

そのため、そのまま縫い合わせると、亀頭側の包皮がたるみ、そこへリンパが流れ溜まり、むくみます。

 

 

<“リンパ”とは>
リンパ管系を流れる無色あるいは、淡黄色の透明な液体。

 

 

【4-2 包皮小帯(裏スジ)の処理】

もう一つ原因、それは包皮小帯(裏スジ)の処理が不十分ということです。

 

リンパの流れ込みやすい組織が多く残っているため、ペリカン変形となってしまうのです。

 

 

ほとんどのペリカン変形は、この2つの原因が組み合わさって発生します。

 

はっきり言って、執刀医の未熟さが原因です。

 

 

包茎手術の場合、腫れは通常2~3週間で引きますが、中には3ヶ月以上かかる場合もあります。

 

そのため、医学的にペリカン変形かどうかは、手術して3ヶ月経過しないと判断できません。

 

 

しかし、一刻も早く何とかしたいですよね。

 

 

5 “ペリカン変形”の修正法


先ほども言いましたが、医学的に治療を行うのは、包茎手術後3か月経過し、ペリカン変形となってからです。

 

その治療は、「修正手術」となります。

 

 

【5-1 修正手術とその問題点】

簡単に言えば、余剰の包皮と皮下組織を切除し、リンパの溜まる場所を無くす手術です。

 

 

<陰茎のたるみに余裕がない場合>

再手術でさらに包皮を切除すると、勃起時に突っ張ってしまい、勃起障害が起きることが問題となります。

 

その場合、皮下組織(リンパの溜まる部分)だけ切除し、皮膚を伸ばす治療が必要になります。

 

 

いずれにしても、「また手術かぁ・・・」と不安になりますよね。

 

 

再手術のリスクを実際に調べた結果が、この本にもありました。

 

・一般的に、修正手術は通常の手術方法よりも難易度が高くなる。

 

・医師がペニスの構造や、縫合技術を熟知していないと、改善の可能性が低くなる。

 

・「ペニスにさらなる損傷を受ける」、「自分のイメージと異なる」、「納得のいく仕上がりにならない」などの可能性がある。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

 

う~ん、納得です。

 

著者自らの経験から、調査に真剣さが加わり、「確かに!」と思います。

 

 

【5-2 マッサージ】

原因については、先ほど大きく2つあるとお伝えしましたね。

 

その2つに共通するものが“リンパ”です。

 

 

ペリカン変形の土台そのものは、リンパの塊です。

 

 

手術で傷ついた体は修復しようと、大量のリンパをデリケートな部分に送り込みます。

 

その際、縫合が悪いと、そこに溜まっていきます。

 

 

術後の腫れが引かないと思ったら、マッサージを行ってみましょう。

 

3か月待たなくてもOKです。

 

 

ペリカン変形となる前の予防措置として、早くからマッサージして大丈夫です。(但し、抜糸していない場合はガマン)

 

 

<マッサージ方法>

(1)
指で腫れている部分をゆっくり、軽く根元部分に押し込む感じでマッサージする。

 ↓

(2)
これを2週間以上繰り返す。

 

 

温めながら行うと効果倍増ですので、オススメは入浴中です。

 

 

【5-3 自然療法】

以上の2つの修正方法ですが、何かと始めるタイミングが難しい。

 

また、手術だとリスクや費用の問題があります。

 

 

そこで、体に負担なく、いつでも始められる自然療法を”最終兵器”として紹介します。

 

体が持つ治癒力を高め、本来の状態に戻す治療方法です。

 

 

それは、心と体のバランスが大事になってきますので、患部にだけスポットを当てた治療ではありません。

 

 

この方法により得られる効果は・・・

 

【1週目】
・手術による損傷(亀頭の内出血、変色、傷跡など)が順調に良くなった。

 

【2週目】
・勃起時の堅さが戻ってきた。

 

【3週目】
・裏筋付近のシコリ、縫合部の凹凸、痒み、痛みが改善した。

 

【4週目】
感度が良くなった。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

 

自然治療により、ペリカン変形の原因であるリンパの溜まりをなくすだけでなく、手術前の状態に、より早くスムーズに戻せます。

 

 

具体的に前川さんはどのようにしたのか!

 

少し覗いてみましょう。

 

 

術後の感度低下、後遺症、機能障害の改善において、私は特に、血液にフォーカスを当てました。

 

その理由は、ペニスの血流を良くし、新鮮な栄養や酸素を十分に送り届けることで、最大限、自然治癒力が引き出せることを確信したからです。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

 

<医療系ライターヒロからの補足>

実は、リンパの溜まりをなくすことと、血流を良くすることは、西洋医学では関係ないとされています。

 

しかし、リンパ管と毛細血管は密接に関わっており、リンパは最終的に静脈へ戻されます。

 

 

血流を良くし、血液を若返らせると、リンパの働きや流れも改善できます。

 

そのため、前項のマッサージと合わせながら行うことが、より効果的です。

 

 

6 今日から希望を現実するために


さて、少しは“希望”が見えてきたことでしょう。

 

最後に、ペリカン変形をはじめ、術後の後遺症や機能障害の改善のために、あなたに役立てていただける書籍をご紹介します。

 

 

「今日からできること」として、この本の「試し読み(無料サンプル)」から、あなたの改善方法をイメージしてください。

 

そして、希望を一気にパワーアップしましょう。

 

 

包茎手術の後遺症を改善させる画期的な内容と、前川さんの実体験に、あなたが共感できる部分もあるはずです。

 

<包茎手術と包皮再生(前川 著)>
コチラ

 

 

最後に大事なのでもう一度言います

 

「試し読み(無料サンプル)」からですよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Secured By miniOrange