【後悔】長茎術で勃起障害(ED)になった2つの原因

この記事は6分で読めます

 

「長茎術」というワードでピン!ときたあなた!

 

 

後悔してますか?

 

勃起障害(ED)で悩んでます?

 

 

このページに出会えたあなたは、本当にラッキーな方ですよ。

 

なぜなら、たった今、長茎術の後悔や、勃起障害(ED)の悩みを解決する入り口に立ったからです!

 

 

医学系ライターのヒロと言います。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然治療を得意とし、最新情報を提供しています。

 

 

さて、あなたの悩みを解決する情報の中身を見ていきましょう。

 

 

==================
<目次>
1 勃起障害(ED)とは
2 長茎術で勃起障害(ED)になる原因
3 Bさんの症例
4 勃起障害(ED)の改善法
4-1 手術
4-2 薬
4-3 再生医療
4-4 自然療法
5 今日から始められること
==================

 

 

1 勃起障害(ED)とは


『インポテンス』

 

以前、そう言われていましたが、最近では「ED (“Erectile Dysfuncion”)=勃起障害」という言い方が、一般的になっています。

 

 

簡単に言えば、ペニスがピン!とならない状態です。

 

 

医学的には、「通常での性交時に、75%以上の確率で性交ができない状態」としています。

 

 

普通に考えると勃起障害だから、硬さで図るものと思うのですが、医学的には性交できるかどうかで判断します。

 

でも、まさか医者が患者のセックスを見て、診察しないですよね。

 

 

その勃起障害(ED)の原因は、大きく分けて2つ。

 

 

【機能性ED(心因性)】

 

不安、緊張過多、ストレスなど、一時的な精神障害や人間関係など、心理的な問題が原因。

 

あるいは、そううつ病、神経症など精神的疾患が原因。

 

 

つまり、ペニス自体には問題なく、精神的影響で勃起障害(ED)になります。

 

 

この場合、ペニスの治療ではなく、精神的な障害を治療します。

 

 

【器質性ED(血管性、神経性)】

 

これは、ペニス自体の問題や、糖尿病、心不全、高血圧、動脈硬化など、他の疾患が原因でなる場合を言います。

 

 

「陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)」につながる血管、神経、内分泌環境などに異常がある場合、勃起障害(ED)になるのです。

 

陰茎海綿体は、ペニスを構成している主組織です。

 

 

ちょっと難しい話をしましたが、大丈夫ですか?

 

これら一般的な基礎知識を少し頭の片隅においていただくと、これからの話がより早くわかります。

 

 

はい!深呼吸・・・。

 

 

2 長茎術で勃起障害(ED)になる原因


 

次に、長茎術で勃起障害(ED)が起こるとしたら、どんな原因があるか考えてみましょう。

 

 

その前に、そもそも長茎術とはどんな手術か、整理しておきます。

 

 

【埋没陰茎抑制術(剥離法)】

 

ペニスを構成している陰茎海綿体は、靱帯(じんたい)によって恥骨と結びついています。

 

その靱帯の一部を剥離し、体内に隠れていた海綿体を根元のほうから引き出し、伸長をはかる方法です。

 

 

主に、勃起時に長くしたい場合に行います。

 

 

【下腹部脂肪吸引長茎術(固定法)】

 

体内に埋没しているペニスの根部を引き出し、それ以上埋没しないように、補強・固定する方法です。

 

これは、主に肥満によって、普段から見た目に小さいというコンプレックスを持っている方に行う方法です。

 

 

ちなみに、どちらの手術の場合でも、軽度な包茎は改善できます。

 

 

もし勃起障害(ED)があるとしたら、「剥離法」による可能性が高いので、それを前提にお話ししますね。

 

 

一般的に、術後1週間くらいは勃起すると、若干根元が突っ張る感じで痛みもあります。

 

そのような違和感がトラウマになって、いわゆる「勃起恐怖症」を無意識に発症している場合があります。

 

 

これは大抵、時間とともに違和感が解消され治ります。

 

 

一方、手術で靱帯の一部を剥離する際、その付近の神経や血管を傷つけることで、勃起障害(ED)になることもあります。

 

また、性感帯の損傷や、縫合がうまくできていない状態も、可能性が高くなります。

 

 

ここでBさんの事例を紹介します。

 

 

3 Bさんの症例


 

当時、Bさんは軽度の勃起障害(ED)を自覚していました。

 

 

悩んだ末、思い切って広告で見つけたあるクリニックに相談に行ったのです。

 

クリニックでは、長茎術でペニスを引っ張り出すことで、ED改善もできると説明があり、それならと手術に同意します。

 

 

術後、以前より勃起障害(ED)が強くなり、フニャフニャの状態になりました。

 

Bさんは、ついに男としての自信を失い、精神的にも、うつ状態となってしまい、事態は深刻さを増していきます。

 

 

Bさんの場合、精神的にも肉体的にも、勃起障害(ED)の条件に当てはまります。

 

しかし、今はすべてが改善され、明るい毎日を送っています。

 

 

どうして改善できたのか・・・(答えはこの後、どこかに出てきますよ)

 

 

4 勃起障害(ED)の改善法


 

一般的には、大きく4つの方法があります。

 

・手術する
・薬を利用する
・再生医療に期待する
・自然療法を試す

 

 

【4-1 手術】

 

勃起時、陰茎海綿体には血液が大量に流入しています。

 

この陰茎への血液が、十分に流入できない状態が原因で勃起障害(ED)となるとき、「動脈血行再建術」という手術を行って改善させることが期待できます。

 

 

逆に、陰茎から血液が流出してしまい、勃起を維持できないという症状の場合、静脈への手術を行い、改善させることができます。

 

 

いずれも、改善(成功)率は“50%”程度に留まっており、きわめて難しい判断になります。

 

 

【4-2 薬】

 

有名なバイアグラのような短時間の効き目しか期待できないものや、サプリメントのように、体質を改善するものも多く販売されています。

 

しかし、根本的な改善ではなく、一時的なものがほとんどです。

 

 

また、長茎術や包茎手術が原因の場合、効果は期待できません。

 

むしろ、逆に状態が悪化することもありますので、慎重な判断が必要です。

 

 

【4-3 再生医療】

 

手術で靭帯を剥離したことで、勃起障害(ED)になったとしたら、剥離した部分を再生すれば、改善できると言えますよね。

 

 

身体の靱帯の再生には、“PRP療法”があります。

 

“PRP療法”は、多血小板血漿(タケッショウバンケッショウ)とも呼ばれています。

 

 

<“PRP療法”とは>
自分の血液中に含まれる血小板を利用した“再生医療です。

 

血小板の成分を抽出し、患部に注射します。

 

私たち人間が、生まれながらに持っている“自然治癒力”を利用した治療法です。

 

 

2000年を過ぎてから、“PRP療法”は整形外科の分野でも、注目されるようになりました。

 

今後、ペニスの靱帯再生にも適用が期待されます。

 

 

【4-4 自然療法】

 

そこで、残った方法が自然療法。

 

体に優しいのは、何といっても自然に治すこと。

 

 

・・・分ってるよ!!

 

そんな声が返って来そうですね。

 

 

手術の後遺症が原因の勃起障害(ED)。

 

「自然に治すなんて無理!」

 

 

普通の人ならそう言います。

 

 

そもそも剥離した靭帯は元に戻らない・・・

 

でも、その常識を覆した人がいます!!

 

 

その人は、包茎手術で切り取った包皮を自力で再生までしてしまった。

 

もちろん、勃起障害(ED)も改善しています。

 

 

うそ~~~~っ。

 

と思いますよね。

 

 

再生を可能にするものは、「自然治癒力」です。

 

これを活用して、彼は失ったものを見事に復活させたのです!

 

 

この記事の最後に、その証拠が書かれている書籍をご案内します

 

 

5 今日から始められること


「包茎手術と包皮再生」の著者 前川さんは、東洋医学、血液学、泌尿器科学を独自の視点で融合させました。

 

そして、自分自身を実験台に、自然療法を行っています。

 

4週間後、私は実践結果を確認し、まるで全身が雷に打たれたかのような強い衝撃を受けることになるのです。

 

私は、ペニスに高品質の血液を潤沢に届けることで、感度低下、後遺症、機能障害が驚くほど改善していきました。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

 

今回、この記事で、難しい医学的内容をあなたにお伝えしたのは、ペニスの仕組みを理解してもらうことで、自然な改善策に興味を持ってもらうためです。

 

 

これまで、痛い思いや、悲しい思いをし、とことん苦しみましたね。

 

その苦しみから、今すぐ解放されても良いと、私は思っています。

 

 

今日から始めることはただ一つ。

 

「治す」という気持ちを強くすることです。

 

 

しかし、ただ念じても状況は変わりません。

 

行動がその気持ちを強くさせ、気づけば前川さんと同じく、自然に「男の自信」を感じられます。

 

 

では、これから同じような経験をした前川さんの体験談を読むことから始めましょう。

 

先ほど紹介しましたBさんも、ここからスタートしたのです。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
コチラ

 

 

試し読みからで大丈夫です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。