【3つの改善法】包茎手術による傷痕が慢性痛に<“2つ”の原因>

この記事は4分で読めます

包茎手術の縫合部が痛い!

 

慢性痛になるかも・・・。

 

 

あんなに期待して、手術後はルンルン♪と思っていたのに。

 

なんで、包茎手術の痛みが、日に日に強くなるんだ!

 

 

もし、あなたが今このような思いなら、ちょっと私の話を聞いてください。

 

 

医学系ライターのヒロです。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然療法の分野を得意とし、論理的に、わかりやすく説明できることが強みです。

 

***************
<目次>
1 傷痕の慢性痛とは?
2 傷痕に慢性痛が生じる原因
3 Aさんの症例
4 傷痕に生じる慢性痛の改善法
4-1 再手術、薬物療法
4-2 自然療法
4-3 包皮再生
5 今からすぐにできるんです!
***************

 

 

1 傷痕の慢性痛とは?


手術後は、誰でも傷痕が痛みます。

 

このことを“急性痛”と言い、どんな手術でも痛み止めが処方されます。

 

 

そもそも、痛みが生じるのは、神経が傷つき損傷している状態です。

 

傷口は1週間程度で体になじみ、4週間ほどで完治すれば、問題ありません。

 

 

しかし術後1ヵ月以上、痛みが続けば、慢性痛になる可能性が高くなります。

 

早めに担当医に相談しましょう。

 

 

2 傷痕に慢性痛が生じる原因


通常、手術後の痛みは3日程度で、和らいでいきます。

 

それは、体が自然に傷口を修復して、元の状態にしていくからです。

 

 

しかし、1週間しても痛みが消えない場合、大きく分けて2つの原因が考えられます。

 

 

【原因1】手術そのものが”適当”だった。

 

これは、俗にいうヘタな手術だったということ。

 

 

包茎手術の場合、生命に直接影響がないため、経験の浅い医者が行う場合が多く見られます。

 

しかし、手術する部位は、痛みに敏感な部分なので、いつまでも痛みが続くのです。

 

 

【原因2】精神的な影響により痛みを感じる。

 

医学的には、痛みを感じる脳の感受性や、心理的な要因が関係していると考えています。

 

 

正常な包皮を切り取るのですから、いわゆる整形手術になりますね。

 

一般的に部位がどこでも、整形手術は精神的なダメージを伴います。

 

 

特に動かす部分だと、違和感があり、痛みも無意識に記憶として残ります。

 

 

体は正常な状態になっても、精神的には完治していないと思い込み、痛みが残ることに。

 

 

3 Aさんの症例


あなたは今、痛みと不安で、ブルーな気分ではないでしょうか。

 


実際にあった症例をご紹介します。

 

 

【亀頭直下埋没法を受けたAさんの場合】

 

・傷跡が一部大きく盛りあがっており、そこに触れたり、残尿が沁みたりすると激痛が走る。

 

・何をしていても手術痕が痛む。

 

・「手術は成功。そういうもの。」と執刀医に吐き捨てられ、深い絶望感を味わう。

 

 

彼の場合、原因は皮の切りすぎだったのです。

 

これははっきり言って、手術失敗ですよ。

 

 

毎朝、朝勃ちでものすごい痛みが、未だに続いているそうです。

 

その痛みが精神的に影響を及ぼし、EDも併発して、絶望の危機にありました。

 

 

そんなAさんに、希望の光が差したのは、ある”情報”との出会いでした。

 

 

4 傷痕に生じる慢性痛の改善法


Aさんは悩み、苦しみましたが、希望だけは失わず、Web検索した結果、ある”情報”が目に飛び込みました。

 

 

4週間、1日30分で、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放される・・・

 

詳しく調べると、色々わかってきました。

 

 

【4-1 再手術、薬物療法】

再手術とは、初回の包茎手術後 何らかの理由により 、2回目以降の手術を受けることです。

 

~中略~

 

【修正一例】
・傷跡
・亀頭裏側 のシコリ(腫れ)
・ツートンカラー(2色の異なる色で、境界線が目立つ)

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著) 
第4章-1

 

 

つまり、“手直し”または“やり直し”という意味合いの手術です。

 

これにより、傷痕に生じる慢性痛が改善される可能性は高くなりますが、費用は高額です。

 

 

一方、薬物療法により痛みを和らげることも可能ですが、傷口の縫合部分の根本的な改善は見込めません。

 

 

「包茎手術と包皮再生」の著者 前川さんも、このことで真剣に悩みました。

 

そして、出した結論は「自然療法」です。

 

 

【4-2 自然療法】

再手術のリスクを調べることで、やはり「 自然なやり方で、感度低下、機能障害、後遺症の改善を目指していきたい」という自分の気持ちを再確認できました。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

 

その自然療法ですが、手術で傷ついた傷痕の痛みをどうやって改善するのか・・・。

 

自然に…って、想像できますか?

 

 

キーワードは「包皮再生」です。

 

 

【4-3 包皮再生】

 

実は、あなたが切除した包皮には、大切な役割があったのです。

 

前川さんもこのことを知った時は、さすがにショックがひどく落ち込みました。

 

 

しかし、今は前向きにとらえています。

 

 

彼は、年間の実践を通して、次のような変化を実感しています。

・感度とスライド機能の回復
・機能障害、後遺症の改善
・後悔、絶望感、うつ状態からの解放

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第8章-2

 

 

傷痕に生じる慢性痛も、包皮を再生すれば改善できる可能性があります。

 

しかし、わざわざ費用をかけて切除した包皮をまた時間と費用をかけて再生させたくないという方もいます。

 

 

そのための方法として、前川さんのエクササイズは、慢性痛の改善が期待できます。

 

そのエクササイズの方法とは・・・?

 

 

5 今からすぐにできるんです!


そもそも痛みや、ツッパリ感などは、血管の収縮にも関係しています。

 

 

そこで、最初に行うことは、血管の流れをスムーズにさせること。

 

そのために必要なことは、“時間”だけです。

 

 

薬も器具も必要ありません。

 

その“時間”も、1回3分程度。

 

 

詳しい方法は、この本に書かれています。

 

【包茎手術と包皮再生(“Kindle”本)】
コチラ

 

 

あなたは、どちらを選びますか。

 

 

ブルーな気持ちのまま、自分の殻に閉じこもるか。

 

希望に向かって、行動を起こすか。

 

 

大丈夫です。

 

 

この記事にたどり着き、最後までお読みいただいたその行動力と意欲があれば、今日からエクササイズからスタートできます。

 

そして、1か月後には傷痕に生じる慢性痛からも解放されることは、間違いありません。

 

 

まずは“Kindle”本を無料で“試し読み”してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。