【2つの方法】“亀頭直下埋没法”で切除された内板再生

この記事は4分で読めます

“亀頭直下埋没法”により、切除された“内板”を再生させるための方法があります。

 

 

「包茎は恥ずかしい」という印象操作により、包茎手術で内板を失うケースが後を絶ちません。

 

その結果、勃起障害や“膣内”射精障害などを抱えている人たちがいます。

 

 

ライターのクロです。

 

特に再生医療、コンプレックス、セックスの分野を得意とし、読者さまに有益な情報を届けることを大切にしています。

 

 

本記事では、内板とその再生方法について、詳しく解説します。

 

【目次】
1 “内板再生”とは何か?
2 内板切除による機能障害(後遺症)
3 “内板再生”の利点
4 “内板再生”の方法
4-1 内板再建術
4-2 包皮再生
5 今日から始められること

 

 

1 “内板再生”とは何か?


“内板再生”とは、内板包皮を再生させることです。

 

ペニスを覆っている包皮のうち、包皮の内側(薄い色)が“内板”です。

 

 

後ほど、“亀頭直下埋没法“で失われた内板を再生するための方法をご案内します。

 

 

2 内板切除による機能障害(後遺症)


“亀頭直下埋没法”などで内板を切除してしまうと、さまざまな機能障害もとい後遺症のリスクが出てきます。

 

【主なリスク(一例)】

 

・勃起障害(ED)
・“膣内”射精障害
・感度低下
・ペリカン変形
・手術痕

 

 

内板は、性感組織(性的な快感を得るために必要)が含まれている部分です。

 

そのため、内板の切除は、感度低下、勃起、膣内射精といったセクシュアルな機能に障害が生じる場合があります。

 

 

執刀医の技術が低ければ、さらにペリカン変形などを引き起こすケースもあります。

 

また、個人の価値観やメンタリティ次第では、内板が失われたことに対して、精神的なダメージを負うことも考えられます。

 

 

絶望感、うつ感情、後悔といった悪感情を抱く人もおり、結果として、日常生活にも影響をおよぼす場合もあります。

しかし、 なかなか自分の思うようにいかず、どうしても、手術を受けたことの後悔、絶望感が強くなっていきます。

 

「食事が喉を通らない」、「寝付きが悪い」、「気分が落ち込む」 などの症状も現れ始めました。

 

 

包茎手術と包茎再生(前川 著)
第3章-1

 

 

3 “内板再生”の利点


“内板再生”には、以下のようなメリットがあります。

 

【一例】
・感度が回復し、よりよいマスターベーションやセックスを体感できる。

 

・性交時の摩擦が調整され、異性から痛がられることがなくなる。

 

・“膣内”射精障害の改善が期待できる。

 

 

特に感度を取り戻すことに関して、価値を感じている人は多いです。

 

 

“膣内”射精障害の改善により、より安心してセックスできるようになります。

 

また、内板を失ったことで精神的に落ち込んでいる場合、落ち込みから解放されるという利点もあります。

 

 

4 “内板再生”の方法


ここでは内板を再生する方法を2つご紹介します。

 

 

【4-1 内板再建術】

 

“内板再建術”という手術を受けることにより、内板の回復が期待できます。

 

費用は掛かりますが、短時間で内板を再生できます。

 

 

すでに“亀頭直下埋没法”で手術を受けている場合、さらなる金銭負担が重くのしかかるという側面があります。

 

また、“内板再建術”は難易度が高い手術であり、医師の執刀技術や知識量次第では、「望んだような結果が得られない」という懸念もあります。

 

 

4-2 包皮再生

 

包皮を再生することにより、内板の回復も見込まれます。

 

実際、包皮再生の先進国と呼ばれるアメリカでは、“包皮再生”器具が広く出回っています。

 

 

下記のようなメカニズムで、包皮の再生を促すことができます。

妊婦のお腹拡張と同じ仕組みで、ペニスの包皮も伸びると考えられます。

 

【ペニスの包皮が伸びる仕組み】

 

(1)包皮再生器具で、包皮 を伸ばす。
 ↓
(2) 高い増殖能力を持つ細胞集団が現れ、細胞が増える。
 ↓
(3) 新しい皮膚が作られる。(皮膚が拡がる)

 

 

包茎手術と包茎再生(前川 著)
第8章-3

 

 

アメリカでは、“割礼”と呼ばれる風習が強く残っています。

 

割礼は、男児が一定に達した際、内板を含む包皮の一部を切除するというものです。

 

 

しかし、一方で多くのアメリカ人が、割礼で失った包皮を取り戻そうと行動しています。

 

そのような背景もあり、“包皮再生”器具が広がりを見せるようになりました。

包皮再生の先進国アメリカでは、割礼を受けた人たちが、包皮を取り戻しています。

 


包茎手術と包茎再生(前川 著)
第8章-1

 

 

器具を使う場合は、十分な成果が得られるまでは時間がかかります。

 

しかし、男性器にメスを入れなくてもよいというのは、安全面でかなり大きなメリットです。

 

 

実際、前川さんは“包皮再生”器具を用いて、約1年間で“内板再生”に成功しています。

Before 2mm程度
After 10mm程度

 

 

5 今日から始められること


“亀頭直下埋没法”による手術の失敗などより、精神的なストレスや、外科的なリスクを背負っている人は、決して少なくありません。

 

しかし、これは努力次第で改善することが可能です。

 

 

このことに関して、記述している文献や書籍は、たいへん限られています。

 

「包茎手術と包茎再生」は、当該情報を扱っている数少ない書籍の一つです。
コチラ

 

 

もし、“亀頭直下埋没法”を受けた後、内板の再生を望んでいるなら、たいへん参考となる内容です。

 

“Kindle”本の「第2章-1」まで、無料で“試し読み”できます。

 

 

今日から著者の前川さんと一緒に、内板再生に向け、最初の一歩を踏み出してみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Secured By miniOrange