【R〇〇】“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)レビュー

この記事は5分で読めます

このタイトルが目に止った“アナタ”。

 

大事な部分で悩んでいませんか?

 


男性の「大事な部分」が機能しないと、
「人生が終わった」と落ち込みますよね。

 

 

大丈夫です!

 

 

このページとの出会いは、本当にラッキーでしたよ。

 

男性の悲痛な気持ちを救おうと、一人の男が勇気と時間を振り絞り、立ち上がりました。

 

 

著書名:包茎手術と包皮再生
著者:前川

 

 

医学系ライターのヒロです。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然治療を得意とし、最新情報を提供しています。

 

 

今回は、“Kindle”書籍レビューという形で、著者の思いを伝え、悩める男性の救済活動をお手伝いします。


====== 目次 ======
1 “Kindle”書籍は進化する
 ~電子書籍について~

 

2 そもそも、包茎って?
 ~正しい理解が勇気を起こす~

 

3 包茎手術のリスクと無意識の働き
~あなたが悪いわけではない理由~

 

4 本書が他の書籍と違う点
~なぜレビューしようと思ったか~

 

5 藁より100円玉
~救いの神はお賽銭で大丈夫~
================

 

 

1 “Kindle”書籍は進化する


本屋さんが減った理由って知ってます?

 

ネットで情報が簡単に、しかも無料で入手できる時代になったからですね。

 

 

そして、モバイル機器の発達と共に、スマホ、タブレットにいつでもいくつもの本を入れて、好きな時に、好きな本を読むことができる時代。

 

 

今後は、この書籍はもっと進化し、医療の分野でも注目されるでしょう。

 

だって、医学書って重たいし・・・。

 

 

その電子書籍の代表格が“Kindle”です。

 

今や、50%以上のシェアになりました。

 

 

そういうわけで、個人的にも注目の“Kindle”書籍をピックアップしました。

 

 

この書籍は、著者自らの経験から、心身ともに回復する方法を綴っています。

 

生きる希望を失ったドン底状態から、生還するための「指南書」です。

 

 

ぜひ、経験者はもちろんのこと、思い悩むパートナーがいる女性にも読んでほしい1冊です。

 

なぜなら、正しい知識のないまま、交わったり、噂で判断してしまうと、男性に深い心の傷を負わせるから。

 

 

2 そもそも、包茎って?


「お前、その歳で剥けてないの…」

 

学生時代、何気なく交わす男性同士の温泉での会話。

 

 

男性は、生まれた時は包茎です。(赤ちゃんで剥けていたら怖い・・・)

 

思春期から身体と共にペニスも成長します。

 

 

日本人の場合、統計的には、20歳で約75%が包茎状態ですが、30歳では約40%まで減少します。

 

この40%の男性のほとんどが「仮性包茎」という状態です。

 

 

包茎は他に、「真性包茎」、「カントン包茎」があり、これは医療保険適用の手術が可能です。

 

しかし、仮性包茎は適用外です。

 

 

なぜか?

 

それは、病気ではなく、性生活にも、ペニスそのものにも支障がないから。

 

 

しかし、1980年代にある広告が、男性雑誌を中心に掲載され、ある「噂」が広まります。

 

・包茎は不衛生

 

・女性に嫌われる

 

・長く太くできない

 

・早漏が治らない

 

 

ほとんどが、商売に走った美容外科クリニックの過大広告です。

 

そして、この誤った「認識」に筆者も巻き込まれ、長年コンプレックスに悩むのです。

 

 

3 包茎手術のリスクと無意識の働き


 

著者は、思い切って手術に踏み切る際、リスクを想像することができなかった。

 

医師は治療、手術に伴う合併症、副作用などのリスクも、患者に説明する責任があります。

 

 包茎手術と包皮再生(前川 著)
第5章-3

 

 

これを「『インフォームド・コンセント』と言います。

 

 

手術前、医師からの丁寧な説明もなく、「リスクはあるか」との著者の質問に、「全くない」との不誠実な回答でした。

 

この時、著者は不誠実とは思わず、安心材料として無意識に入れ、自己判断が正しいという思い込みから、手術中止という選択肢が消えたのです。

 

 

後に、冷静に自己分析しています。

 

・過大広告によるコンプレックス。

 

・男性同士の会話で間違った知識が入る。

 

・医師による詳しい説明がない。

 

 

すべてが、「手術」という行為へ無意識が向いていたと・・・。

 

-----------------------

*追記(医学系ライター、ヒロの補足)

 

2016年6月、厚生労働省から日本医師会に対し、次の主旨の注意喚起文書が送付された。

 

 

『消費者センターに寄せられる男性の美容整形に関する苦情の約半数が、「包茎手術」に関するものである。

 

その原因のほとんどがインフォームド・コンセント及び、医療機関のホームページに問題がある。』

 

 

その点を再度検証し、改善せよというものです。

-----------------------

 

 

4 本書が他の書籍と違う点


他の医学書や健康関連本と比較して、この書籍にはある特徴があります。

 

 

それは・・・

 

●文章自体が短く、簡潔に書かれている。

 

●読者の無意識に刷り込む構成になっている。

 

●海外の状況も研究し、本質を自ら導いている。

 

 

医学書であったり、経験談の多くは、難しい文章や長々と持論が綴られています。

 

そうした著者の「自己満足」が、この書籍にはありません。

 

 

全編を通し、読者への思いを感じることができます。

 

また、精神面の改善に重点を置いていることも、他の医学書とは違う視点です。

 

 

海外で修業した”催眠療法士”ならではの切り口になっています。

 

自ら実践して、作り上げた改善方法を細かく丁寧に解説しています。

 

 

それは、誰もが無理なく、その日から即実践できる簡単で苦痛のない方法です。

 

 

これは重要なことですが、分りますか?

 

 

行動することで、気分が紛れ、さらに!

 

実感が伴うことで、希望が見え、短期間に!

 

 

心の「闇」が「光」に変わるのです。

 

 

また、西洋医学の欠点を補うために、漢方(東洋医学)を取り入れており、(書籍なのに・・・)

 

それを「特典」として用意しています。(書籍なのに・・・)

 

 

5 藁より100円玉


ここまで真剣に、このレビュー記事を読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

おそらく今、あなたの悩みは深いと思います。

 

藁にもすがる思いで、情報収集されているのでしょう。

 

 

しかし、気持ちが落ち込んでいれば、その情報に正常な判断は難しいでしょう。

 

 

藁にすがるのではなく、正しく行動し、確実な改善策を発見していきませんか。

 

 

そのために、100円だけ用意してください。

 

救いの神への「お賽銭」です。

 

 

それであなたの人生が救われます。

 

男の自信が回復できるのです。
コチラ

 

 

同じ仲間は全国に10万人以上います。

 

 

今度は、この情報をあなたが伝えてあげてください。

 

大丈夫だと・・・。

 

 

【追記】20.06.24
レビュー記事<第2弾>を公開しました。

 

 

引き続き、“第2弾”の方もお読みいただくことで、著書と作者に対する理解を深めることができます。

 

【祝1周年】<2発目>「“Kindle本”(包茎手術と包皮再生)」改訂版のレビュー
コチラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。