【命日1年目】“Kindle”本(包茎手術と包皮再生) 「無料キャンペーン」のご案内<期間限定>

この記事は3分で読めます

 

私の愛猫が永眠してから、2019年8月28日で、1年目になります。

 

 

愛猫がいなくなって初めて、私はその存在の大きさに気づきました。

 

ただ、その子がそこにいてくれただけで、私は幸せであり、それで十分だったのです。

 

 

“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)の著者、前川です。

 

今回の記事は、下記の目次でお届けします。

 

 

【目次】

1 「無料キャンペーン」とは何か
2 「無料キャンペーン」の実施を決めた“2つ”の理由
3 「無料キャンペーン」の内容
4 「無料キャンペーン」の参加手順と期間
5 まずは気軽に“試し読み”

 

 

1 「無料キャンペーン」とは何か


ここでの「キャンペーン」は、次のような意味になります。

 

・“Kindle”本を入手するハードルを下げることで、必要としている一人でも多くの人に読んでもらうための宣伝活動。

 

 

2 「無料キャンペーン」の実施を決めた“2つ”の理由


「命日にキャンペーンを開始することは、愛猫に対し、不謹慎にならないだろうか。」

 

そんな思いが、少なからず、私の頭の中を過ぎりました。

 

 

そんな中、下記の“2つ”の理由により、「無料キャンペーン」の実施を決めました。

 

(1)
無料提供により、“Kindle”本を入手するハードルを下げ、
必要としている一人でも多くの人に読んでほしい。

 

(2)
愛猫の命日1年目に、何か1つでも、私の“ミッション”に基づいて行動したい。

 

 

【ミッション】
包茎手術による一人でも多くの負傷者が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻していけることをサポートする。

 

 

私は自分の商品(サービス)を有料提供する時、価格を下げることより、コンテンツの価値を高めることを意識しています。

 

そのため、今回の「無料キャンペーン」のように、有料販売の商品を無料提供することは、今まで、ほぼありませんでした。

 

 

ですので、「無料キャンペーン」を行う理由は、私の中で、「(2)」の理由の方が強いように感じています。

 

「(1)」の理由だけでは、同様のキャンペーン実施までは、踏み切っていなかったかもしれません。

 

 

3 「無料キャンペーン」の内容


「無料キャンペーン」の期間中、“Kindle”本の販売価格は、“0円”となります。

 

つまり、無料で“Kindle”本をお求めいただけます。

 

 

通常、私の“Kindle”本を“0円”で入手できるのは、“Amazon”が提供している「Kindle Unlimited」の登録者です。

 

この有料サービスに登録すると、対象の“Kindle”本が読み放題になります。

 

 

今回の「無料キャンペーン」の期間中は、「Kindle Unlimited」に未登録でも、私の“Kindle”本を“無料”で入手いただけます。

 

 

4 「無料キャンペーン」の参加手順と期間


参加手順は、次の“3ステップ”です。

 

(1)
「無料キャンペーン」の期間中、“Kindle”本の販売ページにアクセスします。

 ↓

(2)
“Kindle”本の「配信先」を選びます。

 ↓

(3)

「1-Clickで今すぐ買う」を押します。

 

 

【「無料キャンペーン」の期間】

2019年8月28日(PM17:00)~2019年9月1日(PM16:59)

 

※上記は日本時間。

 

 

5 まずは気軽に“試し読み”


「無料キャンペーン」の期間以外でも、“Kindle”本の「第2章-1」まで、“0円”で“試し読み”することができます。

 

良ければ、「無料キャンペーン」の開始前に、“無料サンプル”をお楽しみいただけたら嬉しいです。

 

 

【“試し読み”の手順】

 

(1)
“Kindle”本の販売ページにアクセスします。

 ↓

(2)
“Kindle”本の「配信先」を選びます。

 ↓

(3)
「無料サンプルを送信」を押します。

 

 

今回の「無料キャンペーン」が、必要としている人に、“Kindle”本を読んでいただける“きっかけ”となりますように。

 

【“Kindle”本の“試し読み”】
コチラ

 

 

【追伸】

2018年、リスクを知らないまま、包茎手術を受けた後、私は極めて不安定な精神状態を体験しています。

 

その時、私にとって大きな支えとなったのは、周囲、そして愛猫の存在でした。

 

 

きっとその子も、今回の「無料キャンペーン」に対する私の想いを応援してくれていると、私は信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Secured By miniOrange