【8つの後遺症】包茎手術を受けた後の改善法

この記事は5分で読めます

 

誰にも恥ずかしくて言えない、包茎手術の後遺症。

 

その解決策を紹介します。

 

 

医学系ライターのヒロと言います。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然治療を得意とし、最新情報を提供しています。

 

 

今回のお話は、手術した本人しかわからない「苦しい悩み」を一瞬で希望に変えるマジックです。

 

明日から・・・いや、今すぐ楽になりましょう!

 

 

====== 目次 ======

1 包茎手術による後遺症の基礎知識

2 包茎手術の後遺症をあきらめると…

3 包茎手術の後遺症を希望に変える

4 包茎手術の後遺症と決別する

5 【感動と共感】
   『包茎手術と包皮再生』

================

 

 

1 包茎手術による後遺症の基礎知識


あなたは後遺症に気づいていますか?

 

 

最初に、チェックしましょう。

 

次のような症状はありますか。

 

 

【手術後の自覚症状】

 

・感度が低下した
・機能障害がある(勃起障害、早漏、遅漏)

 

 

これは明らか後遺症と言えます。

 

 

【手術後の後遺症(見た目)】

 

・ツートンカラー
・ペリカン変形
・縫合部の盛り上がり

 

 

通常、術後1か月を過ぎると、後遺症になるかどうかがはっきりしてきます。

 

しかし、それでは手遅れになることも。

 

 

なので、早めに見極められれば良いですよね。

 

 

その方法とは。

 

 

包茎手術の場合、後遺症は手術方法と密接に関係しています。

 

だから、自分の手術方法がわかれば、そのリスクに注目すれば良いのです。

 

 

西洋医学は基本「対処療法」です。

 

治療すべきところの改善に重点を置いているため、副作用があります。

 

 

特に手術という方法は、体を傷つけるのでリスクが伴いますよね。

 

このリスクが、手術方法によって違うので、一概に包茎手術と言っても、その「副作用」は変わってきます。

 

 

つまり、あなたが受けた手術方法のリスクを知ることで、後遺症の可能性が絞れるというわけです。

 

 

【「亀頭直下法」という手術(一例)】

 

・感度の低下

 

・傷跡がケロイドになる

 

・ツートンカラー

 

 

これらの後遺症が多くみられます。

 

 

自分の手術方法をできる限り詳しく知ることが、後遺症低減の第一歩だと思ってくださいね。

 

 

それでも、多くの人は「やっちゃったし、どうにもならないだろうな・・・」と、あきらめるのです。

 

何とかしたいと思って、高額な再手術を選択する人もいますが…。

 

 

大丈夫!

 

救いの情報を読み進めてください。

 

 

2 包茎手術の後遺症をあきらめると…


仮性包茎の場合、本当は「ナチュラルペニス」と言って、普通なのです。

 

この本にも詳しく書かれています。

 

英語では、割礼を受けていないペニスは「natural panis」、割礼を受けているペニスは、「circumcised penis」と呼ばれています。

 

 

「natural panis」は、「intact penis」とも表現されています。

 

【「intact」の意味】

 

・損傷を受けていない、傷がない。
・完全なまま、失われた部分がない。

 

 

「intactivism」という英単語もあり、次のような権利を主張した意味を持ちます。

 

・性器の完全性に関する権利
・強制的で、非治療的である性器の修正(割礼など)にさらされることがない権利

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第9章-1

 

つまり、海外では「割礼」という儀式に疑問を持ち、次のような考え方が強くなってきているのです。

 

・機能的に問題がない場合、わざわざ傷つけることはおかしい。

 

 

あなたも、割礼状態になって初めて、自然な「自分」に気付いたのではないでしょうか。

 

 

もし、後遺症をあきらめるとしたなら、本来の「自分」をあきらめることだと気づいてください。

 

 

後遺症は治せます。

 

そして、本来の「自分」を取り戻すことができます。

 

 

3 包茎手術の後遺症を希望に変える


「後遺症を希望に変える」とは、元の状態に戻すことです。

 

精神的にも、肉体的にも、元の状態、つまりナチュラルな自分に戻すことで、後遺症から決別できます。

 

 

「ナチュラルな自分に戻す」とは、まず精神状態を平穏にします。

 

 

これには、ある方法を使います。

 

誰でも簡単に行える方法で、今すぐに行えます。

 

 

そして、精神状態がナチュラルになったら、肉体、つまり傷ついた大事な部分をナチュラルな状態にしましょう。

 

そう、包皮再生を行います。

 

 

海外では、「割礼」で失った包皮を再生する人たちがおり、同時にその技術開発も進んでいます。

 

その結果、自分自身で、無理なく安全に行える方法もできました。

 

 

なぜ、包皮を再生する必要があるのか。

 

 

その答えは、もう後遺症で悩むあなたならお分かりですよね。

 

 

「気持ち良い!」と感じるには、包皮自体と、そのスライド機能の回復が必要なのです。

 

“陰茎包皮は、知覚神経終末と、性感組織が豊富に存在する内粘膜と外皮から構成されている。”

 

ブリティッシュコロンビア大学、医科大学院での研究結果

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第7章-3

 

「女性器との摩擦を調整する」、「性交をスムーズにする」、「程よい刺激を生む」など、余分な包皮には、このようなスライド機能がある。

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第3章-4

 

 

包皮があって当たり前。

 

それがナチュラルな状態だったのです。

 

 

少し、希望の光が見えませんか?

 

その光を大きくしましょう!

 

 

4 包茎手術の後遺症と決別する


後遺症と決別すると決めたら、直ぐに行動しましょう!

 

一刻も早く、以前の「快感」を呼び戻してください。

 

 

決別するには、最初に精神的なダメージを修復することから始めます。

 

【ステップ1】
自分が落ち着ける安全な場所で、椅子に座る。

 

(中略)

 

【ステップ2】
軽く目を閉じ、自分の呼吸に意識を向ける。

 

(中略)

 

【ステップ3】
そのまま3分ほど、意識的な呼吸を続ける。

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第7章-4

 

 

上記引用の本編では、詳しく書かれています。

 

ぜひ見て、実践してください。

 

 

効果は、あなたが思う以上です。

 

それは、精神的ダメージ回復だけでなく、実際の患部にも変化が出るのです。

 

 

呼吸で、傷ついた患部が回復?

 

本当です!!

 

 

どうすればナチュラルになるか。

 

無理なく、費用もかからずできる。

 

 

前川さんの“Kindle”本には、その驚きのナチュラルペニス再生の体験記も書かれています。

 

 

5【感動と実践】
『包茎手術と包皮再生』


今回も“Kindle”本から、内容を少しだけ紹介しましたが、この本は「ノンフィクション」です。

 

実体験をまとめたものです。

 

 

リアルですよ!

 

ナチュラルですよ!

 

 

文字までゆったり!(読みやすい!)

 

そして、サポートや特典まで!

 

 

それで、この価格!!

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
コチラ

 

 

・・・なんか売り込みみたい?

 

 

そんな高額なものではありません。

 

優しく、あなたをサポートしたいのです。

 

 

今から“Kindle”本を読み、人生の希望を取り戻しませんか。

 

後遺症(こういしょう)から決別し、気持ち良い「行為しよう(こういしよう)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Secured By miniOrange