【4つの原因】包茎手術の失敗と、成功に変える秘策

この記事は5分で読めます

 

私は今、感動しています。

 

ある男性が、病院の魔の手にかかり、包茎手術で失敗したのですが、なんと自力で回復したのです。

 

 

医学系ライターのヒロと言います。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然治療を得意とし、最新情報を提供しています。

 

 

前回は、「後悔」という精神的な切り口でお話ししましたが、今回は「失敗」となる原因が、クリニック(医師)側にある場合の話です。

 

 

====== 目次 ======

1 包茎手術による失敗とは
  (想像した結果にならなかった原因)

 

2 包茎手術の失敗によるリスク

 

3 失敗は成功の源
  (包皮が重要)

 

4 手遅れになる前にできること
(今日からアナタも実践できます)

 

5 【秘策】『包茎手術と包皮再生』とは

================

 

 

1 包茎手術による失敗とは
 (想像した結果にならなかった原因)


 

まずは、具体的な事例から。

・朝立ちで、ペニスに激痛が走り、突っ走った感があった。

 

・包帯と、傷口から出た膿(うみ)がくっついてしまい、包帯をはがそうとする時、鋭い痛みが生じた。

 

・亀頭の裏側に、シコリができていた。

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第3章の1 

 

このような体験をした方も、多いのではないかと思います。

 

術後すぐには、この状態だけで、失敗と判断するのは早計です。

 

 

しかし!

 

1ヵ月経っても改善されない状況だと、包茎手術の失敗を疑ってみましょう。

 

 

具体的な対処方法としては、まず、クリニックへ確認しましょう。(あたりまえ~)

 

でも、クリニック側は、はっきり「失敗」とは言わないですよ。

 

 

あれこれ理由づけされます。

 

それで納得してはダメです。

 

 

ともかく、早急に対応しないと、事態は深刻さを増すことになります。

 

・突っ張ったような違和感

・ツートンカラー

・傷跡が目立つ

・再び亀頭部分が皮に隠れてしまう

 

 

このような状況が、術後4週間経っても改善されない場合は、失敗の可能性があります。

 

 

再手術という「メニュー」が用意されているクリニックも多く見られます。

 

 

また、最も気をつけることは、見た目では気づきにくい、下記のような症状です。

 

・感度低下

・機能障害(勃起障害、早漏、遅漏)

 

 

【明らかに失敗と言えること】

 

・縫合部の分裂、盛り上がり
・組織の壊死
・出血が止まらない

 

 

これらの失敗となる原因(一例)

 

1)手術方法の誤り
2)切除した個所が適切でない
3)執刀医の経験(知識)不足
4)術後の処置に問題があった

 

 

このうち、多いのが(1)と(2)です。

 

しっかりとした事前検査が不十分だったり、設備や器具が整っていない場合があります。

 

 

また、意外と多いのが(3)です。

 

直接、生命に関わるものでなく、1時間以内に終わる程度の手術なので、クリニック側も、新米や非常勤(アルバイト)の医師に行わせることも多いようです。

 

 

では、失敗した場合のリスクについてお話しします。

 

 

2 包茎手術の失敗によるリスク


失敗のまま放置しても、生死にまで危険がおよぶことは、ほとんどありません。

 

 

しかし!

 

精神的にダメージを受けます。

 

 

最初は、不安な気持ちが優位になり、その後、意欲・活力が低下します。

 

そうしているうちに、「うつ状態」になっていきます。

 

 

これが一番怖いことなのです。

 

なぜ、そこまで落ち込むのか?

 

 

当たり前ですが、人間の3大欲求の一つが奪われるわけで、生死に関わる大問題です。

 

また極秘なことで、相談や不満を家族、友人にぶつけられないことも原因です。

 

 

このように、重いストレスが日々襲ってくるわけですので、普通の人間であれば、耐えられないはずです。

 

 

このように考えると、クリニックや医師の誠意のない対応は、患者の破壊を意味します。

 

 

そこまで、手術する側が考えているなら、まだ救いがありますが、誠意が感じられない場合は、勇気を出して、誰かに助けを求めましょう。

 

最悪の事態を招く前に。

 

 

3 失敗は成功の源
 (包皮が重要)


さて、「失敗」について、いくつかの問題を上げてきましたが、先に結論から言いますね。

 

 

この記事を読んでいるあなたは、失敗を克服し、成功(性交)できます!

 

なぜなら、手術が失敗だったと理解し、その後のリスクもわかっているからです。

 

 

そこで失敗をバネに、成功に向けたアクションを起こしましょう。

 

 

先に話したように、クリニックを受診し、状態を確認してみるのも選択肢の一つです。

 

ただし、再手術と提案されたら、一旦、時間をかけて考えましょう。

 

 

再手術にもリスクがあります。

 

被害が拡大するかもしれません。

 

 

ちなみに著者の前川さんは、「術後の精神的に不安定な状態で、クリニックを受診することはリスクが高い」と判断しました。

 

なぜなら、仮に再手術をすすめられたとしても、冷静に判断することが難しかったからです。

 

 

彼は一方的に、術後のクリニック受診や再手術を否定しているわけではありません。

 

現に、次のような緊急性の高い状態では、受診も含めた緊急対応は必要であると、彼は考えているようです。

 

【一例】

・縫合部の分裂
・大量出血
・組織の壊死など

 

 

もし、あなたが術後のクリニック受診や、再手術を検討している場合、一度、このサイトの「問い合わせフォーム」から、気軽に相談してみるのもおすすめです。

 

彼ならきっと、あなたの気持ちを理解し、親身に相談にのってくれますよ!

 

 

一般的に、美容整形クリニックでは、失った包皮を再生する手術は行われていません。

 

仮に手術が可能であったとしても、費用がまたかかります。

 

 

しかし!

 

失った包皮を元に戻した人がいます。

 

・感度とスライド機能の回復

・機能障害、後遺症の改善

・後悔、絶望感、うつ状態からの解放

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第8章の2

「女性器との摩擦を調整する」、「性交をスムーズにする」、「程よい刺激を生む」など、余分な包皮には、このようなスライド機能がある。

 

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
第3章の4

 

 

見事、彼は包茎手術の失敗から立ち直り、成功(性交)の余韻に浸っています。(たぶん・・・)

 

 

あなたも彼のように、今日から成功の道を歩めます。

 

 

4 手遅れになる前にできること
(今日からアナタも実践できます)


まずは大きな流れを見てください。

 

1)精神的に安定する
2)エクササイズ(練習課題)に取り組む
3)包皮再生へ取り組む

 

 

まず最初に重要なこと、精神面を正常な状態に戻すことから始める。

 

次に、東洋医学(漢方)の理論を実践し、ペニスの血流を良くする。

 

 

そして、包皮再生により、元の感覚を取り戻す。

 

 

これらは、一つひとつが連携していますので、一つずつ追加し、複合的に取り組むことに意味があります。

 

 

あっ、しまった!

 

ネタを曝露してしまった・・・

 

 

補足ですが、術後、包皮再生を望むかどうかは人それぞれです。

 

 

「包茎手術と包皮再生」に書かれている彼の体験記は、次のような経緯を辿っています。

 

(1)4週間で、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態と、感度低下、機能障害、後遺症を改善。

 ↓

(2)その後、“さらなる”感度アップと、スライド機能の回復を目指し、包皮再生をスタート。

 

 

そのため、包皮再生を望まない場合でも、安心して読むことができます。

 

 

5【秘策】『包茎手術と包皮再生』とは


少し興味が湧いてきましたか?

 

もしそうなら、著者も寛大に見てくれますね。

 

 

ここまで、本の内容を断片的に紹介したのですが、この“Kindle”本には、著者の失敗談、精神的な状態、また回復する様子が、赤裸々に綴られています。

 

 

しかし!

 

それだけではなく、自ら様々な方面の情報を収集し、開発した成功方法を解説しています。

 

 

詳しい実践内容や、サポートを受けたいと思ったら、まず行動してください!

 

『包茎手術と包皮再生 前川 著』
コチラ

 

 

もう大丈夫!

 

今日からあなたも”性交者”。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Secured By miniOrange