【原因と対処法】包茎手術による癒着

この記事は5分で読めます

包茎手術により、アレとコレが癒着した場合、どうすれば修正できるのだろうか。

 

今回はこの疑問をテーマに、癒着の原因と修正手術のリスクに絞り、まとめてみました。

 

医学系ライターのヒロです。

精神医学、東洋医学、自然療法の分野を得意とし、わかりやすく説明できるのが強みです。

 

この記事を読むことで、術後の癒着に対し、より安心して対処することができるでしょう。

 


【目次】
1 “癒着”とは
2 癒着の原因
2-1 手術方法
2-2 医療ミス
3 癒着を修正する利点
4 Gさんの症例
5 癒着の修正手術
5-1 内容
5-2 リスク
6 手術以外の対処法
6-1 自然治癒
6-2 包皮再生
6-3 カウンセリング
7 今日から始められること


 

1 “癒着”とは(包茎手術を受けた後の状態) 


包茎手術による癒着とは、術後に包皮と亀頭部分や、縫合した周辺が、包皮とくっついちゃうことを意味します。

 

・傷口を押すと、痛みや違和感がある。
・しこりのようなものがある。
・手術痕(縫合部)が盛り上がっている。

 

このような場合、癒着の可能性があります。

 

例えば、カリ首や裏筋の一部が、残された包皮に引っ張られることに。

 

なかなか自由になれない”ムスコ”さんです。

そんな苦しみは、早くぶっ飛ばしてしまいましょう。

 

これからのお話は、モヤモヤや不安、痛みを解決するための内容にしています。

途中、難しい部分もありますが、そこはさらっと流してもらっても大丈夫です。

 

2 癒着の原因


医学用語としての”癒着”とは、「間違って、正しくない組織同士が張り付く現象のこと」を言います。

 

<主な原因>
・出血や感染といった炎症反応が生じる。
・欠損部分が炎症を起こし、回復の過程で、修復因子が相手を間違ってくっつける。

 

切除手術の場合、術後3日目あたりから“線維芽”細胞というが修復因子が、両方の傷に対し、組織の形成をしていきます。

同時に、新しい血管や神経も形成していきます。

 

なんと素晴らしい人体の神秘。

これを自然治癒力や、自己再生とも言います。

 

術後5日目~7日目で、“線維芽”細胞はさらに増殖し、強固な癒着が完成します。

 

その時になってハッと気づくのです。

「くっついてる!どうしよう・・・」

 

瞬間接着剤より強固にくっついているので、無理にはがすと、正常な細胞を傷つけ、出血と激痛が起きます。

この一般的な仕組みを知ったうえで、包茎手術での癒着原因を探りましょう。

 

【2-1 癒着になりやすい手術方法】

多くの美容外科では、“亀頭直下”埋没法と呼ばれる術式が行われています。

 

しかし、経験や知識が不足することで、後遺症が出ることが多く報告されています。

 

その後遺症の一つが“ペリカン変形”です。

縫合がズレることで生じ、ペリカンのくちばしのような見た目に腫れるのです。

 

この状態は、癒着が起きやすくなります。

 

本来くっついてはいけない部分がくっつく。

原因の一つが、「縫合のズレ」によるものです。

 

【2-2 医療ミス】

・“亀頭直下”埋没法→ペリカン変形→癒着

この流れが多くの癒着で見られますが、医療ミスはこの他にもあります。

 

<一例>
・縫合が不十分
・包皮の切りすぎ
・手術方法が違っていた(状態に合っていない)

 

包茎手術と言うと、以前は美容外科の”ドル箱”とも言われ、若い医者が手術経験の一つとして行うことが”流行り”でした。

 

そのため医療ミスも多く、訴訟に発展する事例が増えました。

そのことを重く見た政府、医学会からの通達(啓蒙)により、最近は徐々に改善されてきています。

 

ただ、手術そのものの秘匿性が高いので、この癒着事例に至っては、まだ公開されていないようです。

 

3 癒着を修正する利点


癒着の状態のまま放置すると、勃起不全、感度低下など、後遺症に悩まされることにも繋がります。

 

正しく癒着を修正すれば、後遺症の改善だけでなく、パートナーの満足度もアップし、男の自信にも繋がっていきます。

 

<利点のまとめ>

・痛み、ツッパリ感から解放
・後遺症からの解放(心身ともに改善)
・ペニス本来の機能がパワーアップ
・見た目に自信がつく
・感染症リスクの低下

 

次に、ある男性の症例を参考として紹介します。

 

4 Gさんの症例


Gさんは悩んだ末、“亀頭直下”埋没法で手術を受けました。

その後、ペリカン変形を発症しただけでなく、一部の裏筋部と包皮内側が癒着してしまいます。

 

Gさんの場合、原因の一つとして、縫合のズレと裏スジの処理をしていなかったことが考えられます。

 

5 癒着の修正手術


ここでは、修正手術の内容と利点について、順番にご説明します。

 

【5-1 内容】

癒着を修正するには、他の皮膚科手術と同様、癒着部分を切開し、正しく縫い合わせることになります。

 

繊細な場所だけに、高度な医療技術が必要です。

縫合のズレを修正するために、包皮が切りすぎの場合、体の他の部分から移植し貼り付けます。

包皮に余裕がある場合、調整のために切り取ることもあります。

 

診断の際に、具体的な手術内容をしっかり聞いておきましょう。

 

【5-2 リスク】

修正手術、特に癒着を改善する場合、多くの病院では実例が少ないため、ドクターの経験不足が最大のリスクです。

 

知識があっても、実際は技術不足ということがよく問題となっています。

 

もし修正手術を受けようと思われるなら、経験豊富な泌尿器科(できれば男性専科)のドクターに相談するのが良いかもしれません。

 

その際、手術費用や治療期間などはしっかり押さえ、気が進まない場合はきっぱり断りましょう。

 

6 手術以外の対処法


再手術のリスクを調べることで、やはり、「 自然なやり方で、感度低下、機能障害、後遺症の改善 目指していきたい」という自分の気持ちを再確認できました。

 

包茎手術と包皮再生(前川著)
第4章-4

 

包茎手術そのものにもリスクがありますが、修正手術はさらにリスクが高まります。

実際、修正手術を繰り返し、男の機能を失う事例が医療事故として報告されています。

 

そこで、手術しないで治す方法を探ってみました。

 

【6-1 自然治癒】

生き物には、自然に修復する機能があります。

実際、医学もこの機能を利用した学問ですが、西洋医学は基本、対症療法です。

 

下記の引用文からも、自然治癒力を高めることで、人間本来の機能を活用し、修正できることがわかります。

 

私は、ペニスに高品質の血液を潤沢に届けることで、感度低下、後遺症、機能障害が驚くほど改善していきました。

 

包茎手術と包皮再生(前川著)
第7章-3

 

【6-2 包皮再生】

“包皮再生”とは、「失われた包皮を再生すること」です。

 

<包皮再生の利点>

・女性器との摩擦を調整する。
・性交をスムーズにする。
・程よい刺激を生む。
・見た目がよくなる。
・前向きな気持ちになれる 。

 

この包皮再生を行う過程で、癒着に改善が見られる可能性もあります。

 

なぜなら、包皮に負荷が加わり、癒着部分が剥がれやすくからです。

修正手術は最終手段として、まずはこの包皮再生を考えるとよいでしょう。

 

しかし、何かと悩みがありますよね。

 

まずは、一人で解決できるか冷静に考えてみましょう。

一人では無理だけど、誰にも相談できないと思うなら、この方法があります。

 

【6-3 カウンセリング】

私も、自分が1番信頼できる人に感情を解放し、その気持ちに寄り添ってもらったことが、人生の希望を取り戻すキッカケになっています。

 

包茎手術と包皮再生(前川著)
第6章-4

 

悩み解決のスタートは、「信頼できる人に、今の気持ちを聞いてもらうこと」です。

 

このサイトの「問い合わせフォーム」より、まずは気軽に、前川さんに相談することができます。

 

7 今日から始められること


癒着について、いろいろな角度から情報をお伝えしましたが、「情報を仕入れた」だけでは何も解決しません。

 

大事なのは、改善しようという気持ちと、自分の気持ちに応える行動力です。

 

最初は徐々にアクセルを踏んで、流れをつかんだら加速しましょう。

最初のアクセルは、この本を読むことで大丈夫です。

 

<包茎手術と包皮再生(前川 著)>
コチラ

 

そして、前川さんと”癒着”してみてください。

頼もしい”先輩”ですよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。