<5つの改善法>包茎手術による手術痕の痛み

この記事は6分で読めます

 

包茎手術による手術痕の痛みは、改善できるのでしょうか。

 

 

今回、その原因や改善法についてまとめてみました。

 

記事を最後まで読むことで、痛みの原因がわかり、より適切に改善を目指すことができるでしょう。

 

 

医学系ライターヒロです。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然療法の分野を得意とし、わかりやすく説明できるのが強みです。

 

 


<目次>
1 “手術痕”とは
1-1 ケロイド
1-2 ツートンカラー
1-3 ペリカン変形
2 手術痕が痛む原因
2-1 神経の損傷
2-2 癒着
2-3 精神面
3 Aさんの症例
4 改善法
4-1 再手術
4-2 投薬
4-3 再生医療
4-4 包皮再生
4-5 カウンセリング
5 今日から始められること


 

 

思い悩んで、高額な手術費用を払い、その結果が、手術痕と痛みに悩まされる。

 

それは深い闇の中にいる気分でしょう。

 

 

「どうしたらいいんだぁ!」

 

そんな苦しい悩みも、今日で解決です。

 

 

1 “手術痕”とは


皮膚を切り、再度縫合すると、どんな手術も手術痕となります。

 

 

医学の進歩により近年、縫合部は目立たなくなり、痛みも緩和されてきました。

 

しかし、医者の技術や知識不足により、手術痕のリスクは高くなります。

 

 

多くの患者に見られる事例を3つご紹介します。

 

 

【1-1 ケロイド】

何らかの原因で皮膚がダメージを受けると、傷を修復しようと体が反応を起こします。

 

これを医学的にはケロイドと言います。

 

 

包茎手術では、糸で縫うというのが一般的です。

 

 

この糸に反応する場合や、術後のケアが適切でない場合、ケロイドを起こすことがあります。

 

その結果、術後よりも大きな傷痕になったり、盛り上がってしまうこともあります。

 

 

【1-2 ツートンカラー】

ペニスは、亀頭部分はピンク色で、陰茎部分は茶色というのが一般的です。

 

包茎手術でペニスの中央で余分な包皮を切除し、そのまま縫い合わせると、ピンクの部分と茶色の部分の2色に分かれてしまいます。

 

 

【1-3 ペリカン変形】

原因は縫合のズレです。

 

包皮を切り取った後の長さと、縫いつける部分の長さが違います。

 

 

それを調整していない場合、リンパ液の流れが悪くなり、腫れる状態です。

 

 

次に、痛み原因を探っていきます。

 

 

2 手術痕が痛む原因


原因として、大きく3つに分けました。

 

あなたの今の状態と比べてみてください。

 

 

【2-1 神経の損傷】

ペニスの感度で大事なのは、亀頭直下にある内板包皮や、リッジバンドと呼ばれる部位です。

 

ここには、性感帯が集中していますので、除去しないで縫合することが重要です。

 

 

術後、私は包皮の役割について調べてみると、次のような働きがあることを知りました。

 

・陰茎包皮は、知覚神経終末と、性感組織が豊富に存在する内粘膜と外皮から構成されている。

 

(ブリティッシュコロンビア大学、医科大学院での研究結果)

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第3章-4

 

 

このように、手術部分には神経が集中しています。

 

そこを切ると、痛みが増し、長引くことは想像できますよね。

 

 

ただ、手術成功の場合、数週間で痛みは消えます。

 

それが続くようなら、失敗を意味します。

 

 

【2-2 癒着(ゆちゃく)】

一般的に、手術で縫合する際、本来はくっついてはいけないもの同士が、くっついてしまうことがあります。

 

この状態を医学では「癒着」と言います。

 

 

このような場合、癒着の可能性があります。

 

<一例>
・ペリカン変型が生じている。

 

・裏筋(陰茎小帯)と包皮の一部がくっついている。

 

・突っ張った感じが常にある。

 

 

【2-3 精神面】

手術後は何かと不安になりますが、包茎手術の場合は特別です。

 

「このままでは、私は本当にダメになるかもしれない」と感じ始め、私は人生の希望を失いかけていました。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第3章-1

 

 

術後の痛みは、患部だけではないのです

 

 

男にとって一大決心で臨んだ手術、しかも高額。

 

その結果が予想と違い、毎日手術痕と向き合い、痛みに悩まされ、精神的ダメージまで発展した苦しみ。

 

 

その精神面の痛みが、さらに患部の痛みを増幅させてしまいます。

 

 

3 Aさんの症例


ここで実際にあった症例をご紹介します。

 

 

<“亀頭直下”埋没法を受けたAさんの場合>

術後、数週間が過ぎても・・・

 

・傷痕の一部が、大きく盛りあがっている。

 

・そこに触れたり、残尿が沁みたりすると激痛が走る。

 

・何をしていても手術痕の痛みに悩まされる。

 

・頼みだった執刀医に相談したら、「手術は成功した。術後はそういうものだ。」と突っぱねられ、行き場を失うことに。

 

 

こうしてAさんは、希望を持って臨んだ手術が、一気に深い絶望へと変わっていくのでした。

 

 

失敗なのに「成功した」と言い切る病院は、それ以上関わらないことをオススメします。

 

別の病院行くという他に、全く病院に頼らないという選択肢もあります。

 

 

でも、病院に頼らず、どうやって改善すれば良いのか…

 

 

4 改善法


では、改善方法を3つに絞り、解説していきます。

 

・再手術で治す。

・投薬により痛みを改善をする。

・切りすぎた部分を再生させる。

 

 

【4-1 再手術】

医学(西洋医学)では、一般事例として手術痕を修正し、痛みを取り除く場合、多くは再手術という流れになります。

 

 

美容整形外科の包茎手術にも、「再手術」のメニューがあります。

 

それだけ、失敗例が多いということです。

 

 

もし、あなたがなんとか再手術でも…と思うなら、一つアドバイスです。

 

美容整形外科だけではなく、泌尿器科、整形外科で”傷病”として見てもらうことも、選択肢に入れておきましょう。

 

 

手術失敗は、ある意味傷害です。

 

 

【4-2 投薬】

痛みを取るだけなら、痛み止めと思いますよね。

 

しかし、術後4週間以上たって、病院でそんな診察や処方をされたら、誤診です。

 

 

包茎手術の「失敗」による痛みなので、痛み止め、つまり神経を麻痺させるだけでは、根本的な解決にはなりません。

 

血流を良くする薬なら、まだ効果は期待できますが、素人判断だけはしないでください。

 

 

【4-3 再生医療】

“PRP療法”と呼ばれるものがあります。

 

多血小板血漿(タケッショウバンケッショウ)とも呼ばれ、血小板を高濃度に含んだ血漿を指します。

 

 

“PRP療法”では、損傷した組織に注射します。

 

この時、血小板から組織の修復を促進させる物質が供給され、自己治癒力をサポートします。

 

 

スポーツ選手の腱や、靭帯損傷などの治療には、多くの改善報告があります。

 

 

下記、“PRP療法”の利点と欠点になります。

 

<利点>

・自分自身の血液を使うため、安全で感染症のリスクが低い。

・薬物用のような副作用の発生率が低い。

・組織の修復促進や、痛みの軽減が期待できる。

 

 

<欠点>

・保険適用外のため、実費となる。

・ペニスの手術痕での適用事例が見つからない。

・効果について、明らかになっていない部分がある。

 

 

【4-4 包皮再生】

再手術は嫌だけど、切りすぎた包皮を少しでも元に近づけたい。

 

多くの経験者が術後に思うことです。

 

 

しかし、包皮の再生となると、並大抵ではありません、

 

 

もちろん、皮膚移植のような外科的な再生方法も可能性としてはありますが、国内での実例は少ないようです。

 

 

今まで、あなたはいろいろと、ネットや書籍で調べていたかもしれません。

 

解決方法、改善策はないか…

 

 

毎日毎日たった一人で悩み、苦しんでいるのではないでしょうか。

 

 

もし、手術痕の痛みを改善し、さらに切りすぎた包皮まで再生できるとしたら。

 

しかも、手術も通院もしないで叶うとしたら。

 

 

試してみたいと思いますか?

 

イエス!なら続きをご覧ください。

 

 

【1週目】

・手術による損傷(亀頭の内出血、変色、傷跡など)が順調に良くなった。

 

【2週目】

・勃起時の堅さが戻ってきた。

 

【3週目】

・裏筋付近のシコリ、縫合部の凹凸、痒み、痛みが改善した。

 

【4週目】

・感度が良くなった。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第7章-3

 

 

著者が実際に行ったことを“Kindle”本として一般公開している事例です。

 

 

<手術痕の痛みに対し、包皮再生には次のような利点>

 

・元の状態(感覚)を取り戻すことで、機能面だけでなく、精神面での痛みにも改善が期待できる。

 

・弛緩時、手術痕が包皮で隠れるようになり、気にならなくなる。

 

・手術跡が包皮で保護されるため、外部からの刺激による痛みが緩和される。

 

 

【4-5 カウンセリング】

ここまでの内容に少しでも共感いただけたなら、あなたは今、少し迷いが生じているかもしれません。

 

光は見えたけれど、どうやって進めば良いのか。

 

 

実は、ラッキーな情報があります!

 

この記事で紹介しました“Kindle”本の著者、前川さんと直接コンタクトできる方法があります。

 

 

そこで、今の悩みをぶつけてみましょう。

 

私も、自分が1番信頼できる人に感情を解放し、その気持ちに寄り添ってもらったことが、人生の希望を取り戻すキッカケになっています。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
第6章-4

 

 

悩み解決のスタートは、「信頼できる人に、今の気持ちを聞いてもらうこと」です。

 

 

5 今日から始められること


あなたは手術痕を改善し、痛みから解放する入り口に立ったのですが、先に進むには、当然あなたの行動が必要です。

 

 

「直接コンタクトできる」のですが、その前川さんが本当に信頼できるかどうか。

 

それは、この本で判断できます。

 

 

<包茎手術と包皮再生(前川 著)>
コチラ

 

 

Kindle本だけに収まらない前川さんのサポートも付いています。

 

 

注文に悩むくらいなら、「無料サンプル」から始めてみてみましょう。

 

大事なのは、解決に向けて行動を起こすこと

 

 

包茎手術による手術痕の痛みを改善するため、まずは「本の詳細」をご確認ください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。