【後悔】亀頭増大のヒアルロン酸<6つの原因と対処法>

この記事は8分で読めます

 

亀頭増大のヒアルロン酸を注入し、後悔することはあるのでしょうか。

 

 

今回の記事では、ヒアルロン酸の注入で後悔してしまう原因や、対処法についてまとめてみました。

 

最後まで読み終えることで、後悔から解放される方法がわかり、より安心して過ごせるようになるでしょう。

 

 

“医師”兼ライターのユウヤです。

 

専門の内科だけではなく、泌尿器科や歯科分野を得意とし、読者目線でわかりやすい記事を書けることが強みです。

 

 

自費診療による美容整形クリニックや歯科医院の営業に、私は疑問を感じることがあります。

 

そのような経緯もあり、当サイトの記事制作を担当しています。

 

 


【目次】
1 “後悔”とは<どんな状態か>
2 後悔から解放されることの利点
2-1 機能面
2-2 精神面
3 Eさんの症例
4 亀頭増大の“ヒアルロン酸”注入が後悔となる“6つ”の原因
4-1 膨らみ、腫れ
4-2 亀頭のデコボコ
4-3 亀頭の壊死
4-4 射精障害
4-5 勃起障害
4-6 感度低下
5 後悔から解放される方法
5-1 “ヒアルロン酸”分解注射
5-2 手術
5-3 カウンセリング
6 今日から始められること

 

 

1 “後悔”とは<どんな状態か>


ヒアルロン酸を亀頭に注入し、後悔しているということは、結果に満足していないと考えられます。

 

 

次のような問題も、後悔の原因となる場合があります。

 

<一例>
・亀頭の腫れ
・デコボコ
・感度低下
・射精障害
・勃起障害
・壊死

 

 

「亀頭増大術を受けなければよかった・・・」

 

 

希望をもって手術を受けた分、一層、絶望感は強いのではないでしょうか。

 

また、亀頭増大のに“ヒアルロン酸”注入を決めた自分を責めているかもしれません。

 

 

デリケートな部分のことのため、誰かに相談するのも難しいですよね。

 

 

しかし、後悔しながら生きていては、精神的な病気になってしまうリスクもあります。

 

そのため、まずは後悔から解放され、前向きに生きていけるようになる必要があります。

 

 

2 後悔から解放されることの利点


後悔から解放されることには、機能面と精神面それぞれに利点があります。

 

 

【2-1 機能面】

射精障害や勃起障害などが現れている場合、亀頭増大の手術を受けたことに対する後悔の気持ちが、原因かもしれません。

 

 

勃起障害や射精障害で最も多い原因は、“現実心因性”のものという報告があります。

 

“現実心因”とは、「日常生活のストレスが原因となること」です。

 

 

亀頭増大の“ヒアルロン酸”注入による後悔から解放されることで、射精障害や勃起障害は、改善する可能性があります。

 

 

【2-2 精神面】

後悔をし続けながら生きる人生は、心から楽しむことが難しくなります。

 

充実した人生を取り戻すためにも、後悔から解放される必要があるのです。

 

 

また、後悔から解放されることで、精神的に安定することも利点といえます。

 

 

いつもどこかに、後悔の気持ちを抱え続けながら生活を送ることは、不安定な精神状態になりやすいでしょう。

 

 

3 Eさんの症例


亀頭増大術を受けたことを後悔し、前川さんに相談したEさんの症例を見てみましょう。

 

 

Eさんは長年、包茎のことで悩んでいました。

 

悩んだ末、クリニックに相談に行き、“亀頭直下埋没法”での包茎手術を勧めらます。

 

 

その時、包茎手術したあと皮が被らないように、亀頭増大術を受けることを提案されました。

 

クリニックからは、「ヒアルロン酸は吸収と定着を繰り返し、定着した部分が体の一部になる」と説明を受けました。

 

 

Eさんは「せっかく包茎手術を受けても、皮が被ってしまったら意味がない。ヒアルロン酸は安全ということだし、亀頭増大術も受けよう」と思い、亀頭増大術も受けることにしたのです。

 

 

カリ首のところにヒアルロン酸を注入されましたが、術後1ヶ月経っても腫れが引きません。

 

それどころか、マスターベーションをしても亀頭に感覚がなく、気持ちよくありませんでした。

 

 

それ以降、精神的、機能的どちらの問題かわかりませんが、マスターベーションで勃起しないようになり、射精もできない状態になってしまいました。

 

そのような状態がしばらく続くと、「亀頭に感覚がなくなった原因は、ヒアルロン酸の注入が関係しているのかもしれない」と考えるようになります。

 

 

「一生、この状態が続くのではないか」と、不安になり「ヒアルロン酸を摘出して感覚が戻るなら、摘出したい」と考えているようです。

 

 

4 亀頭増大の“ヒアルロン酸”注入が後悔となる“6つ”の原因


ここでは次の6つの原因について、順番にご説明していきます。

 

(1)膨らみ、腫れ
(2)亀頭のデコボコ
(3)亀頭の壊死
(4)射精障害
(5)勃起障害
(6)感度低下

 

 

【4-1 膨らみ、腫れ】

一般的に、ヒアルロン酸を注入したことによる腫れは、数日で引きます。

 

しかし、「亀頭が炎症して腫れが引かない」、「いびつな形に膨らんでしまった」というケースもみられます。

 

 

【4-2 亀頭のデコボコ、ブツブツ】

ヒアルロン酸の定着がまばらなため、亀頭がデコボコになってしまうことがあります。

 

 

“非吸収性”物質が混ざっていないヒアルロン酸は、時間の経過とともに、吸収していくといわれています。

 

しかし、吸収されない部位があったり、吸収速度が均一でなかったりするため、亀頭がデコボコになってしまう可能性もあるのです。

 

 

また、“非吸収性”物質が混ざっているヒアルロン酸を注入すると、異物とみなされ、石灰化や異物肉芽腫(イブツニクガシュ)が生じ、デコボコになってしまうことがあります。

 

 

<“石灰化”>
血液中のカルシウムが、組織に沈着した状態。

 

<異物肉芽腫>
体内に存在する異物が、炎症の原因となり、肉芽腫(慢性炎症反応)を生じたもの。

 

 

【4-3 亀頭の壊死】

誤って、ヒアルロン酸を亀頭の血管に注入してしまうと、血管が詰まる恐れがあります。

 

その結果、血流が失われ、亀頭が壊死してしまうリスクがあるのです。

 

 

亀頭の皮膚は非常に薄いため、豊富な経験と熟練した技術をもった医師でも、血管にヒアルロン酸を注入してしまう可能性があります。

 

技術レベルが低い医師による注入は、さらにそのリスクを高めてしまいます。

 

 

【4-4 射精障害】

次のような問題により、射精障害が生じる可能性があります。

 

<一例>
・感度の低下
・勃起障害
・注入ミスによる尿道の圧迫
・“ヒアルロン酸”注入の後悔によるストレス

 

 

【4-5 勃起障害】

次のような原因により、勃起障害が起こる可能性があります。

 

<一例>
・血流障害
・感度低下
・精神的なストレス

 

 

【4-6 感度低下】

亀頭へのヒアルロン酸注入で、感度が低下したという報告があります。

 

注入時に神経を傷つけてしまうミスにより、感度が低下してしまった可能性もあり得るでしょう。

 

 

5 後悔から解放される方法


ここでは、後悔から解放されるための方法を3つご紹介します。

 

 

【5-1 “ヒアルロン酸”摘出手術】

外科手術により、亀頭に注入したヒアルロン酸を取り除く方法です。

 

しかし、固まって癒着してしまった部分などがあると、摘出は簡単ではありません。

 

 

また、亀頭にメスを入れるリスクはゼロではないため、摘出は慎重に考えていく必要があります。

 

 

【5-2 “ヒアルロン酸”分解注射】

ヒアルロン酸を分解するヒアルロダーゼという薬剤を注入し、ヒアルロン酸を消失させる方法があります。

 

亀頭にメスを入れずに、ヒアルロン酸を消失させることができるため、体の負担は少ないです。

 

 

ヒアルロダーゼは羊由来の薬物で、アレルギーを起こす可能性があるため、事前に皮内テストをするのが一般的です。

 

<皮肉テスト>
特定の物資による過敏症の有無を調べる検査。

 

 

しかし、“非吸収性”物質が混ざっているヒアルロン酸を注入された場合、“非吸収性”物質は分解されないため、この方法で元に戻すのは難しいかもしれません。

 

 

【5-3 カウンセリング】

後悔から解放されるために、カウンセリングも有効な選択肢の一つです。

 

 

亀頭増大術を受けていない人でも、過去の精神的ダメージが原因で、射精障害や勃起障害になる方が大勢いるのです。

 

もし、ヒアルロン酸の除去に成功し、元の亀頭に戻ったとしても、1度は絶望的な気分になった場合、その精神的ダメージは簡単には回復しないでしょう。

 

 

豊富なカウンセリング経験と知識から、適切なアドバイスができるカウンセラーが望ましいです。

 

さらにいえば、同じような経験をし、そこから回復している人のカウンセリングなら、より理想的といえます。

 

 

前川さんは、これらの条件を満たしているため、カウンセリングを受ける相手として適任です。

 

彼は自著で、カウンセリングを受ける大切さを次のように書いています。

 

 

この時、私はずっと一人で抱え続けていた精神的な重荷から、少しずつ、解放されていくのを感じました。

 

同時に、私は自分の感情を解放し、誰かに寄り添ってもらうことで起こる「癒しの力」を実感することができたのです。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
6章-3

 

 

・感情を解放し、その気持ちに寄り添ってもらうことで、内側で癒しが起こり、人生の希望を取り戻しやすくなる。

 

・手術を受けたことのプラスの面に意識が向きやすくなり、自分の成長や、やり豊かな人生に変えていくことができる。

 

 

私も、自分が一番信頼できる人に感情を解放し、その気持ちに寄り添ってもらったことが、人生の希望を取り戻すキッカケになっています。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
6章-4 

 

 

デリケートな部分の話だけに、他の人に、自身の経験や考えていることを話すのに、躊躇しやすいと思います。

 

しかし、包茎手術の後遺症を体験している前川さんになら、話しやすいでしょう。

 

 

 

性のコンプレックスに関することは、できる限り、誰にも知られたくありませんよね。

 

 

27年間、私も包茎コンプレックスを必死に隠し続けていました。

 

そのため、そのようなお気持ちを理解します。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
6章-4

 

 

もし、彼のカウンセリングに少しでもご興味ありましたら、まずは当サイトの「問い合わせフォーム」から、気軽に連絡してください。

 

同じ苦しみを経験している彼なら、あなたが後悔から解放されるための助けとなってくれるはずです。

 

 

「お問い合わせ」でも、あなたが後悔から解放されるために、適切な選択肢を提案してくれるでしょう。

 

 

6 今日から始められること


もし、あなたが亀頭増大術を受ける決断をした自分を責めているなら、その責任はあなたにはありません。

 

 

あなたは自分で決断したこと、と考えているかもしれませんが、そうではないのです。

 

亀頭への“ヒアルロン酸”注入のリスクを十分に説明せず、手術をした医師に責任があります。

 

 

医療行為を行っている病院やクリニックには、インフォームド・コンセントを行う責任があります。

 

 

病院やクリニックでは「医師が患者に病状、治療、手術の内容について十分に説明し、患者がその説明内容に同意すること」といった意味で使われています。

 

この時、医師は治療、手術に伴う合併症、副作用などのリスクも、患者に説明する責任があります。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
5章-3

 

 

そもそも、「包茎は恥ずかしいこと」と、さまざまなメディアから無意識のうちに、そのような価値観を刷り込まれていた可能性があります。

 

その影響により、包茎手術を受ける決断に至ってしまったのかもしれません。

 

 

私たち人間の行動は、90%以上が無意識の支配下にあるといわれています。

 

つまり「自分で選択し、決めている」と思っていることでも、実は、無意識の影響を受けていることを意味します。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
5章-3

 

 

あなたが手術を受けてしまった本当の原因に気づいたことで、少しでも、あなたの気持ちが楽になることを心から願っています。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)
5章-4

 

 

あなたがいる絶望に、希望の光を照らしてくれる本が、こちらとなります。

 

<包茎手術と包皮再生(前川著)>
コチラ

 

 

こちらの本は、前川さんが包茎手術を受ける決断をした過程や、後遺症の体験記などが書かれています。

 

彼がこの本を執筆した理由は、同じように苦しんでいるあなたにも、「人生の希望や、元の状態のペニスを取り戻せることを知ってほしい」という気持ちからです。

 

 

亀頭増大術の“ヒアルロン酸”注入による後悔から解放されるためにも、役立つ内容となっています。

 

 

販売ページには「試し読み(無料サンプル)」の注文画面があります。

 

まずは気楽に、試し読みしてみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。