【祝1周年】<2発目>「“Kindle本”(包茎手術と包皮再生)」改訂版のレビュー

この記事は6分で読めます

 

「“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)<売れ筋ランキング1位獲得>」が、2020年6月、さらにパワーアップしました。

 

今回は、その“おいしい”内容について、わかりやすく惜しげもなくレビューします。

 

 

この“お得情報”は、見逃し厳禁です。

 

 

この記事を読み終えた頃には、あなたのモヤモヤが一気に吹っ飛び、ワクワクしている姿が浮かんでいるでしょう。

 

ぜひ、5分だけお付き合いください。

 

 

医学系ライターのヒロです。

 

特に、精神医学、東洋医学、自然療法の分野を得意とし、論理的にわかりやすく説明できるのが強みです。

 

 

今回のレビュー内容は、次の項目になります。

 


<目次>

1 出版物の”バージョンアップ”て?
2 前川さんの“バージョンアップ”への想いとは
3 “バージョンアップ”の内容
3-1 出版から1年の振り返り
3-2 著書の評価に対する感想
3-3 「追記」の執筆を通し、考えてみたこと
3-4 海外、国内の動向<2020年度版>
3-5 ビジョン
4 “バージョン”確認と更新手順
4-1 奥付<改訂版の確認>
4-2 Amazonカスタマーサービス
5 今日から始められること


 

 

まずは、大きく深呼吸してください。

 

1回・・・2回・・・3回・・・

 

 

頭がすっきりしましたよね!

 

その状態で集中して、おいしい内容を一緒に確認していきましょう。

 

 

1 出版物の”バージョンアップ”て?


一般的にバージョンアップとは、ソフトウェアでの不具合修正や、機能の向上に使われますよね。

 

ちなみに、バージョンアップは日本的な表現で、英語圏では”upgrade”(アップグレード)が一般的です。

 

 

ところで、ソフトウエアではなぜ頻繁に、バージョンアップが行われるのでしょうか。

 

その理由は、ソフトウエア開発には下記のような要素が入っているからです。

 

 

<一例>

・実践者、利用者からの評価に対応する

・ハードウエアの機能アップに合わせる

・競合のソフトに勝つ

・利用者ニーズに応える

・サポートの効率をはかる

・トレンドに合わせる

 

 

一方、出版物の場合、「改訂版」というのが一般的ですが、Kindle本の場合、一種のソフトウエアですよね。

 

また、「“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)」にはサポートサイト(運営サイト)とリンクしており、IT分野と立体的に繋がっています。

 

 

さらには、コンサルタントというリアルなサポートとも繋がっており、システム化されているんです。

 

そのことから、“バージョンアップ”という表現がピッタリ、シックリ、スッキリします。

 

 

2 前川さんの“バージョンアップ”への想いとは


2020年7月で、出版から1周年となります。

 

この間、私自身の活動を振り返りながら、感じてきたことなどがあり、新たに「追記」を加え、お伝えすることにしました。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)<改訂9版>
11章-1

 

 

実は私(ヒロ)は長年、記事の執筆などを通して、彼との関係を深めてきました。

 

そこで、たった数行のこの文面からでも、ヒシヒシと彼の想いが伝わってくるのです。

 

 

その想いとは・・・

 

「苦しんでいる人に対し、自分が今できることすべてを実行したい。」

 

 

「“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)」は、それができる方法の一つ。

 

だから、出版したことで多くの読者からの反応をいただき、そのことで、彼自身も“バージョンアップ”できたのです。

 

 

それを著書に反映させることで、苦しんでいる人にもっと希望を与えられる。

 

そう考えた結果だと、私は思っています。

 

 

3 “バージョンアップ”の内容


少し前置きが長くなりましたが、いよいよ具体的に、その“バージョンアップ”の中身をご紹介しましょう。

 

 

【3-1 出版から1年の振り返り】

前川さんは初版をやっとの思いで出版し、落ち着く間もなく日に日に多忙になりました。

 

それは、多くの読者と真剣に向き合ってきたからです。

 

 

密度の濃い日々は、前川さんにとって新たな発見の連続だったと言えます。

 

そのことは、「出版から1年の振り返り」の項を読むと分ってきます。

 

 

この1年間、私が提供しているカウンセリング(コンサルティング)のクライアントさまなどから、術後の精神面、機能面について、リアルな声を聞いてきました。

 

   

包茎手術と包皮再生(前川 著)<改訂9版>
11章-5

 

 

人それぞれの環境、状態、理由が違っており、真剣に向き合わなければ、アドバイスもできません。

 

また、“教科書”がないため、新たな問題を発見をし、解決策を探す日々だったと想像できます。

 

 

【3-2 著書の評価に対する感想】

この書籍に関する評価を前川さんは、大きく2つに分け次のように見ています。

 

 

<高評価に対する感想>

・本書に込められたビジョンが伝わっている。

 

「本著に込めた私の想いが、しっかり伝わっている」ことも感じることができました。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)<改訂9版>
11章-6

 

 

つまり、しっかり書籍を読んでいただき、思い通りの結果が出ていると判断したわけですね。

 

 

次は「低評価」についてです。

 

<低評価に対する感想>

・考え方や捉え方の違いを発見できた。

 

 

そこで、次の3つのポイントについて補足もしています。

 

(1) サービス料金 ※個別サポート費用

(2) プログラム ※提供コンテンツ

(3) 変更点

 

 

人それぞれ違うことを理解しつつも、補足説明により、「術後、問題を抱える人が一人でも減ってほしい」という前川さんの想いだけは伝えています。

 

 

【3-3 「追記」の執筆を通し、考えてみたこと】

 

・(著書に評価がついた)そもそもの原因は何だったのか

 

・なぜ、美容整形クリニックには、再手術のメニューがあるのか

 

・なぜ人により、同じ書籍に対してでも、賛否両論の意見が生まれるのか

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)<改訂9版>
11章-7

 

 

ここでは、包茎手術と書籍の問題点など総合的に検証し、追記の理由や必要性を解説しています。

 

 

【3-4 海外、国内の動向<2020年度版>】

この追記としている部分では、国内外のサイトなどのリサーチにより、“最新情報”がわかりやすくまとめられています。

 

 

「いまだ包茎手術または割礼により、精神的なダメージまで追う人が後を絶たない」という現実が浮かび上がっています。

 

そう、あなたと同じように悩む方が、全世界にいるのです

 

 

【3-5 ビジョン】

前川さんは、はっきりとしたビジョンをイメージし、その実現に向かって行動しています。

 

(1)包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

(2)リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

包茎手術と包皮再生(前川 著)<改訂9版>
11章-10

 

 

今回のバージョンアップでは、このビジョンを共有し、ともに活動できる“仲間”を募集しているのですが、その理由も記されています。

 

 

4 “バージョン”確認と更新手順


このように、1年目のバージョンアップは追記が盛りだくさんです。

 

 

旧バージョンであっても、“無料”でこの最新バージョンに更新できます。

 

方法は次の通りです。

 

 

【4-1 奥付(改訂版の確認)】

最初に確認してください。

 

最新版は「奥付」で「改訂9版」と記載が入っています。

 

 

「記載なし」の場合、確実にできる最新版の入手方法は、「Amazonカスタマーサービスへの連絡」がおすすめです。

 

 

【4-2 Amazonカスタマーサービス】

Amazonカスタマーサービスへ連絡する手順は、次の通りです。

 

(1)

自分のアカウントで、AmazonのHOMEへ入る。

 

 ↓

 

(2)

メニューの「ヘルプ」→「デジタルサービスおよびデバイスサポート」→「お問い合わせ」→「カスタマーサービスに連絡」に進む。

 

 ↓

 

(3)

「今すぐチャットをはじめる」を押す。

 

 ↓

 

(4)

相手から返信が来たら、問い合わせメニューの「Kindle本」がある項目を選択する。

 

 

問い合わせ内容に、次の文面をコピー&ペーストで、入力してください。

 

↓↓↓↓↓ここから↓↓↓↓↓

 

改訂版を読むため、Kindle本を「再配信」しましたが、古いバージョンのままでした。

 

【著書名】包茎手術と包皮再生

【ASIN(商品識別番号)】B07T47JCFH

 

 

改訂前のデータ、ハイライトなどのデータが失われることは理解しています。

 

新版のダウンロードができるように、コンテンツ更新を希望します。

 

↑↑↑↑↑ここまで↑↑↑↑↑

 

 

その後は、チャットの指示に従って大丈夫です。

 

途中、わからなくなった場合、電話でも可能です。

 

 

5 今日から始められること


 

ここまで「前川さんの想い」を軸に、「“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)」のバージョンアップをみてきました。

 

安心と勇気が湧いてきましたか?

 

 

“Kindle”本だけに収まらない前川さんのサポートを体験して、男の自信と楽しみを取り戻しましょう!

 

 

と言っても、あなたが初めてこの本を知ったなら、いきなりグイグイいけないですよね。

 

まずは、チョロっとからで大丈夫です。

 

 

“Kindle”本の「無料サンプル」を見ることから始めてみてください。

 

<包茎手術と包皮再生(前川 著)>
コチラ

 

何よりも、“第一歩”を踏み出すことが、希望の“入口”ですから。

 

 

【追記】
引き続き、レビュー記事<第1弾>の方もお読みいただくことで、著書と作者に対する理解を深めることができます。

 

 

<【R〇〇】“Kindle”本(包茎手術と包皮再生)レビュー>
コチラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて【20.05.10更新】

・私自身の“ビジョン”実現や、「必要としている人に、必要な情報を届けたい」という想いで運営しています。

 

“ビジョン”とは、私の中にある「理想の未来像」であり、一生をかけて取り組んでいきたいことです。

 

 

<私の“ビジョン”>
・包茎手術による負傷者(仲間)が、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻している。

 

・リスクを知らないまま、包茎コンプレックスから手術を選択してしまい、後悔してしまう人が一人でも減っている。

 

 

一緒に私のビジョンを実現していける仲間(同志)も募集中です。

 

少しでもご興味ありましたら、「問い合わせフォーム」より、まずはお気軽にご連絡ください。