“Kindle”本 包茎手術と包皮再生


■アップデート予定(20.4.4更新)

・新しい記事公開<予定:4月上旬頃>

 

・「メニュー」の「講座案内」に、動画案内(音声付き)を追加<予定:4月中〜下旬頃>

 

・講座の取材記事を公開<予定:4月下旬頃>

 

 


■新着情報(20.4.4更新)

・2月2日、「メニュー」に「講座案内」を追加しました。

 

・3月21日、最新記事「【2つの原因】“ペリカン変形”の修正法<3つ>」を公開しました。

 

・4月4日、2020年第1回目の講座を“オンライン”で開催しました。

 

 


■ご連絡

・スマートフォンからアクセスいただいた場合、画面右上のアイコンから、「メニュー」を開くことができます。

 

・「メニュー」の1番下になる「サイト内検索」に、“キーワード”を入力し、記事を検索できます。

 

・当サイトに初訪問の場合、まず最初にこの「トップページ」を最後までお読みいただけたら幸いです。

 

・質問、要望などありましたら、「メニュー」の「問い合わせフォーム」より、お気軽にご連絡ください。

 

・現在、記事の内容に対するリクエストを募集中です。リクエストは「問い合わせフォーム」よりお受けしています。

 

<一例>
「こういったテーマの記事を読んでみたい」
「〇〇について調べてみたが、本当にその情報が正しいのか気になっている」
「〇〇の情報を探してみたが、十分な情報を集められなかった」

 


 

 

 

私からあなたに、大切なメッセージがあります。
まず最初に、下記の動画からご覧ください。


 


4週間、1日30分で、
包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、同時に、感度低下、機能障害、後遺症を改善できます。


今回、私の体験談をまとめ、“Kindle”本として出版しました。

 


1年前の自分と同じように、
精神面、機能面で問題を抱えている仲間に、解決法があることを知ってほしい。

 

人生の希望や、元の状態のペニスを取り戻してほしい。

 

リスクを知らないまま、手術を受けてしまった本当の原因を知ることで、楽な気持ちになってほしい。

 

 

このような私の強い想いが、出版の動機となっています。

 

 

術後の精神的・機能的な問題には、次のようなものがあります。


一例として、主な症状を書き出してみました。

 

【精神面】
・後悔、絶望感、うつ
・不眠、食欲不振、不安
・罪悪感、喪失感、虚無感

 

【機能障害】
・勃起不全、インポテンツ(ED)
・中折れ、セックス
・射精、排尿、遅漏

 

【後遺症】
・ペリカン変形、ツートンカラー、傷跡
・癒着、感度低下、性感帯の損傷、不感症
・ペニスの屈曲、湾曲
・ペニスの痛み、変色、シコリ
・縫合部の痛み、痒み、凹凸

 

 

もし、このような自覚症状がある場合、1日でも早く、症状の改善を目指す必要があります。

 

その理由は、時間の経過とともに、改善率が低下していく可能性があるからです。

 

 

逆に、今日からでも“正しい”やり方で、改善の取り組みをスタートすると、改善率をアップさせることができます。

 

 

“Kindle”本では、「今日からはじめられる」ことも学ぶことができます。

 

 

私はリスクを知らないまま、包茎手術を受けてしまい、術後、誰にも相談できずに苦しんでいました。


今から約1年前、まさに私がそんな状況の中で、精神的、肉体的な苦しみを体験しています。

 

この手術の体験者として、私はあなたの気持ちを理解することができます。

 

 

術後、私は包茎手術を受けてしまった自分を責め続けていた時期がありました。

 

そんな中、ある“一つ”の真実に気づくことで、私にその原因がなかったことを知ります。

 

 

手術を受けてしまった“過去”は、私たちには変えることができません。

 

しかし、その体験を自分の成長や、より充実した人生の実現に、変えていくことはできます。

 

 

“Kindle”本では、「あなたが手術を受けてしまった“本当”の原因」を知ることができます。

 

その結果、「あなたが自責の念から解放され、気持ちも楽に(軽く)なってほしい」という私の願いも、“Kindle”本には込められています。

 

 

術後の精神的・機能的な問題を改善し、もう一度、あなたは人生の希望と、最大限、元の状態のペニスを取り戻せるチャンスがあります。


一度は、人生の希望を失った私でも、4週間、1日30分で、包茎手術による後悔、絶望感、うつ状態から解放され、同時に、感度低下、機能障害、後遺症を改善できました。

 

ですので、あなたも同じように、人生の希望と、元の状態のペニスを取り戻していけることを私は信じています。

 

 

今、あなたの目の前には、2つの選択肢があります。

 

 

1つ目の選択肢は、「何もせず、現状のまま過ごす」ことです。

 

 

何かしらの精神面、機能面の問題を抱えている状態は、私たちの心身に、ストレスを与えています。

 

何もしない場合、今、あなたが感じているストレスを抱え続けながら生きていくことになります。

 

 

2つ目の選択肢は、「行動し、現状をより良い状態に変えていく」ことです。

 


私はあなたの中に、「
精神面、機能面で、より良い状態を目指していきたい」という気持ちがあるように感じています。

 

なぜなら、もし、そのような気持ちがなければ、このサイトを訪問することも、ここまで文章を読み進めることもないからです。

 

 

もし、そうだとしたら、私はあなたが後者の選択肢を選び、この場で、そのための行動を起こせることを心から応援します。

 

前川

RETURN TOP
Secured By miniOrange